4217 Movies

ワルキューレ Valkyrie (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

第二次大戦下、アドルフ・ヒトラー率いるナチス・ドイツに反旗を翻した愛国者達の信念と勇気を描く、数多くのヒトラー暗殺計画の中でも最も有名な”ワルキューレ作戦”を題材にした、製作、監督ブライアン・シンガー、主演トム・クルーズケネス・ブラナーテレンス・スタンプトム・ウィルキンソンビル・ナイ他共演のサスペンス・ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

トム・クルーズ / Tom Cruise 作品一覧
トム・クルーズ / Tom Cruise / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ブライアン・シンガー
製作総指揮
トム・クルーズ
ケン・カムンズ
クリス・リー
ジョン・オットマン
製作
ブライアン・シンガー
ギルバート・アドラー
クリストファー・マッカリー
脚本
クリストファー・マッカリー
ネイサン・アレクサンダー
撮影:ニュートン・トーマス・シーゲル

編集:ジョン・オットマン
音楽:ジョン・オットマン

出演
クラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐:トム・クルーズ
ヘニング・フォン・トレスコウ少将:ケネス・ブラナー
ルートヴィヒ・ベックテレンス・スタンプ
フリードリヒ・フロム上級大将:トム・ウィルキンソン
フリードリヒ・オルブリヒト大将:ビル・ナイ
アルブレヒト・メルツ・フォン・グヴィルンハイム大佐:クリスチャン・ベルケル
ヴェルナー・フォン・ヘフテン中尉:ジェイミー・パーカー
カール・ゲルデラーケヴィン・マクナリー
エーリッヒ・フェルギーベル大将:エディ・イザード
エルヴィン・フォン・ヴィッツレーベンデヴィッド・スコフィールド
ハインツ・ブラント大佐:トム・ホランダー
ヴィルヘルム・カイテル元帥:ケネス・クラナム
オットー・エルンスト・レーマー少佐:トーマス・クレッチマン
ニーナ・フォン・シュタウフェンベルクカリス・ファン・ハウテン
エルンスト・ヨハン・フォン・フライエント少佐:ウェルナー・ディーン
ヨーゼフ・ゲッベルスハーヴェイ・フリードマン
アドルフ・ヒトラーデヴィッド・バンバー
ハインリッヒ・ヒムラーマティアス・フリーホフ
ヘルマン・ゲーリングゲルハルト・ハーセ=ヒンデンベルグ

アメリカ 映画
配給 MGM

2008年製作 120分
公開
北米:2008年12月25日
日本:2009年3月20日
製作費 $75,000,000
北米興行収入 $83,077,830
世界 $200,276,780


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1943年、第二次大戦下の北アフリカ戦線チュニジア
ドイツ国防軍、”第10機甲師団”の大佐クラウス・フォン・シュタウフェンベルク(トム・クルーズ)は、破滅の道をたどろうとする祖国の運命を予感する。

総統アドルフ・ヒトラーSS(親衛隊)が犯した、非戦闘員殺害や捕虜虐待、そしてユダヤ人の大量殺戮などの汚点に対しては、反感や嫌悪が士官の間でも広まっていた。

シュタウフェンベルクは、祖国よりも人間の命を救う考えが日増しに募るが、ヒトラーに反旗を翻して、彼に賛同する者は周囲にいなかった。

劣勢の続く部隊の兵士を救うための口実を作り、上官の許可を得たシュタウフェンベルクだったが、敵の攻撃に遭い重傷を負ってしまう。

1943年3月13日、東部戦線ロシアスモレンスク
ヘニング・フォン・トレスコウ少将(ケネス・ブラナー)は、専用機で到着したアドルフ・ヒトラー(デヴィッド・バンバー)を暗殺するため、同行したハインツ・ブラント大佐 (トム・ホランダー)に爆弾を仕掛けた酒を渡す。

しかし爆破は失敗し、トレスコウベルリン陸軍総司令部に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1943年、第二次大戦下のチュニジア
総統アドルフ・ヒトラーの命令の下、非戦闘員殺害や捕虜虐待、そしてユダヤ人の大量殺戮などに対する反感や嫌悪が、士官の間でも広まりっていた。
ドイツ国防軍、”第10機甲師団”大佐クラウス・フォン・シュタウフェンベルクは、破滅の道をたどろうとする祖国の運命を予感する。
敵の攻撃に遭ったシュタウフェンベルクは、右手首から先と左目を失う重傷を負い帰国する。
1943年3月13日、トレスコウ少将は、専用機に搭乗するヒトラー総統を、爆弾で暗殺する計画を実行するものの失敗に終わる。
その後、シュタウフェンベルクの、祖国を救おうとする気持ちは変わらず、オルブリヒト大将の誘いを受け、同志達の集会に参加する。
元陸軍参謀本部総長ベック、政治家ゲルデラー、陸軍元帥ヴィッツレーベンらは、侵攻してくる連合軍を待たずに、ヒトラーナチを自分達の手で倒そうとしていた。
しかし、軍人や民衆が、自分達に敬意を抱いていると思い込んでいる、計画立案幹部らの傲慢さに、シュタウフェンベルクは失望してしまう。
シュタウフェンベルクは、トレスコウとの話し合いの結果、反乱組織に身を投じることを決断する。
そして、シュタウフェンベルクは、ドイツ国内の捕虜や奴隷が、クーデターや反乱を起こした際の国家非常事態に、国内予備軍を配備して鎮圧するという、既存の”ワルキューレ”作戦を利用した計画を立案するのだが・・・。
__________

サスペンス映画の傑作、「ユージュアル・サスペクツ」(1995)や「X-メン」(2000)シリーズの監督ブライアン・シンガートム・クルーズが組んだことで話題となり、派手なアクション作品になるかとの噂もあった作品だったが、愛国心に燃える同志と、独裁者を信じ行動する側との駆け引きを描く、一級の心理サスペンス作品になっている。

歴史的事実や結果を知り過ぎていると、緊迫感などがやや薄れるところもあり、あまりにも有名である、暗殺計画の詳細な解説映画にしか思えない場面も多いので、逆にもう少し大胆な脚色があっても面白かったとも思える。

殆ど、ドイツ国防軍及びナチス・ドイツの軍人しか登場しないドラマの中で、その階級や戦場ごとの、兵士達の着る軍服のデザインやバリエーションが非常に印象に残る。

第二次大戦後、ナチへの抵抗運動によりドイツの英雄となり、敬虔なカトリック信者でもあったシュタウフェンベルクを、新宗教サイエントロジーの信者トム・クルーズが演じたことで、ドイツ国内では物議を呼んだ。

同じ題材の「砂漠の鬼将軍」(1951)や、「将軍たちの夜」(1967)も参考にしたい作品だ。

北米興行収入は、トム・クルーズ作品にしては、やや物足りない約8300万ドルに終わるものの、全世界では2億ドルを超すヒットとなった。

小柄ではあるが、シュタウフェンベルクに風貌もよく似せたトム・クルーズは、ドイツ国防軍の中枢の将軍達をも圧倒する迫力で、作戦を実行する指導者を熱演している。

ヒトラー暗殺に執念を燃やすが失敗を続け、作戦失敗後に自決するトレスコウ少将のケネス・ブラナー、作戦の中心人物である元陸軍参謀本部総長ベックテレンス・スタンプ、どちら側につくか決断を渋るフロム上級大将トム・ウィルキンソン国内予備軍局長のオルブリヒト大将ビル・ナイ、彼の部下クウィルンハイム大佐のクリスチャン・ベルケルシュタウフェンベルクの副官で、上官の銃殺を阻止しようとするヘフテン中尉ジェイミー・パーカー、反ナチス活動の政治家ゲルデラーケヴィン・マクナリー、”狼の巣”の通信責任者フェルギーベル大将エディ・イザードシュタウフェンベルクの行動を疑うブラント大佐のトム・ホランダーカイテル元帥ケネス・グラナム予備軍大隊長レーマー少佐のトーマス・クレッチマンシュタウフェンベルク夫人ニーナカリス・ファン・ハウテンアドルフ・ヒトラーデヴィッド・バンバーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020