4234 Movies

NEXT -ネクスト- Next (2007)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1980年に発表された、フィリップ・K・ディックのSF短編小説「ゴールデン・マン」を基に製作された作品。
予知能力を持つ男性がFBIと協力してテロを阻止しようとする姿を描く、製作、主演ニコラス・ケイジジュリアン・ムーアジェシカ・ビールトーマス・クレッチマンピーター・フォーク共演、監督リー・タマホリによるサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage 作品一覧
ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage / Pinterest
ジュリアン・ムーア / Julianne Moore / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:リー・タマホリ
製作
ニコラス・ケイジ
トッド・ガーナー
ノーム・ゴライトリー
アーン・L・シュミット
グレアム・キング
製作総指揮
ゲイリー・ゴールドマン
ベン・ウェイスブレン
ジェイソン・クーアニック
原作:フィリップ・K・ディックゴールデン・マン
原案:ゲイリー・ゴールドマン
脚本
ゲイリー・ゴールドマン
ジョナサン・ヘンズリー
ポール・バーンバウム
撮影:デヴィッド・タッターサル
編集:クリスチャン・ワグナー
音楽:マーク・アイシャム

出演
ニコラス・ケイジ:クリス・ジョンソン
ジュリアン・ムーア:カリー・フェリス
ジェシカ・ビール:リズ
トーマス・クレッチマン:スミス
トリー・キトルズ:キャバノー
ピーター・フォーク:アーヴ
エンゾ・シレンティ:ジョーンズ
ホセ・ズニーガ:ロイバル
ジム・ビーヴァー:ウィズダム

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2007年製作 95分
公開
北米:2007年4月27日
日本:2008年4月26日
製作費 $70,000,000
北米興行収入 $18,211,010
世界 $76,066,840


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
クリス・ジョンソン(ニコラス・ケイジ)は、自分に関係することに限定されるが、未来が見えてしまうという能力を持っていた。

クリスは、その才能を隠しながら、自分に打って付けの職業、ラスベガスのマジシャンとして、二流のショーマン人生を送っていた。

クリスは金が必要になると、その才能を生かし、カジノで稼げばいいと単純に考えていたが、カジノ側は彼に目を付けて調べようとする。

それを察知したクリスは、早々に換金所に向かうのだが、 そこから現金を奪い発砲して逃げる男を予知してしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
マジシャンのクリス・ジョンソンは、自分に関係することに限定されるが、未来が見えてしまうという能力を持っていた。
FBI捜査官フェリスは、クリスの高度な予知能力を、ロシアから盗まれ、ロサンゼルスを核爆破しようとするテロの阻止に利用しようとする。
そんなクリスは、脳裏に過ぎる女性の姿が浮かび、どうしても彼女に会いたい思いでいた。
そんな時クリスの前に、ついに追い求めていた女性リズが現れる。
予知能力を生かし、リズに近づいたクリスだったが、フェリスが彼の後を追う。
一方、テロリストのスミスは、黒幕ジョーンズと、アメリカ本土に搬送された核爆弾を確認し、クリスの存在を知り殺害命令を受ける。
その後、クリスとリズは惹かれ合うようになるのだが、フェリスが彼女に接触する。
フェリスはリズに接触し、クリスが危険人物だと伝え、彼を睡眠薬で眠らせるよう指示するのだが・・・。
__________

評論家からも酷評された本作は、面白そうな雰囲気で始まるものの、 2分後が見えて、また現実に戻り・・・ が繰り返され始めると、話の辻褄が合わない混乱状態に陥ってしまう。

しかし、あまり堅苦しいことを考えずに観る分には、アクションもあり、それ程退屈する作品でもない。

間近に見えるグランドキャニオンのロケなども実に美しい。

残念ながら、アメリカ国内はもとより世界的にも、製作費7000万ドルを回収するのがやっとという、ニコラス・ケイジの出演作にしては、寂しい結果に終わてしまった作品でもある。

北米興行収入 $18,211,010
世界 $76,066,840

アメリカ公開から丸1年経ってからの日本公開は、この辺の事情があったのかもしれない。

詐欺師のようなマジシャン、ニコラス・ケイジが捜し求めていた女性ジェシカ・ビールにようやく会えて、どのように近づこうかと思案して予知能力を使い苦労するシーンや、二人でモーテルに泊ることになっても、紳士的に振舞うところなどは、主人公及び彼らしい優しさなどがにじみ出ている。

ハンニバル」(2001)でもFBI捜査官を演じたジュリアン・ムーアは、小柄ながら男勝りの熱演を見せ、彼女の出演で、作品が引き締まっているのは確かだ。

ワイルドな雰囲気の主人公に追い求められる女性のジェシカ・ビール、「ワルキューレ」(2008)などの注目作にも出演しているテロリストのトーマス・クレッチマンなどが共演している。
楽しみにしていたピーター・フォークは、短い出演だが80歳とは思えない元気な姿を見せてくれる。

ピーター・フォークは、翌年アルツハイマー症と公表された。

ニコラス・ケイジの二流マジシャンのショーで、実際の妻(アリス)を出演させてしまっているとは、お遊びが過ぎるという感じもする。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020