4350 Movies

緑園の天使 National Velvet (1944)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1935年に発表された、イーニッド・バグノルドの短編”National Velvet”を基に製作された作品。
放浪の旅をつづける青年が馬を愛する少女と出会い、その家族に支えられながら世界最高の障害レース”グランドナショナル”に挑む姿と二人の心の成長を描く、監督クラレンス・ブラウン、主演ミッキー・ルーニードナルド・クリスプエリザベス・テイラーアン・リヴィアアンジェラ・ランズベリー他共演による心温まる珠玉の名作。


ドラマ

エリザベス・テイラー / Elizabeth Taylor / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:クラレンス・ブラウン
製作:パンドロ・S・バーマン
原作:イーニッド・バグノルドNational Velvet
脚本
セオドア・リーヴス
ヘレン・ドイッチュ

撮影:レナード・スミス
編集:ロバート・カーン
美術:装置
セドリック・ギボンズ

ウリー・マクレアリー
エドエイン・B・ウィリス
ミルドレッド・グリフィス
音楽:ハーバート・ストサート

出演
マイ・テイラー:ミッキー・ルーニー

ハーバート・ブラウン:ドナルド・クリスプ
ヴェルヴェット・ブラウン:エリザベス・テイラー
アラミンティ・ブラウン:アン・リヴィア
エドウィナ・ブラウン:アンジェラ・ランズベリー
ドナルド・ブラウン:ジャッキー”ブッチ”ジェンキンス
マルヴォリア”マリー”ブラウン:ファニータ・クイグリー
レースの観客:アーサー・トリーチャー
イデ:レジナルド・オーウェン
シムズ:ノーマ・ヴァルデン
テッド:テリー・キルバーン
ハラム:アーサー・シールズ
アイヴァン・タスキ:ユージン・ローリング
グリーンフォード:デニス・ホーイ

アメリカ 映画
配給 MGM

1944年製作 123分
公開
北米:1944年12月14日
日本:1951年7月11日
製作費 $2,770,000
北米興行収入 $5,840,000


アカデミー賞 ■
第18回アカデミー賞
・受賞
助演女優(アン・リヴィア)
編集賞
・ノミネート
監督・撮影(カラー)・美術賞(カラー)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1920年代、イングランドサセックス、スールズ。
何よりも馬が好きな12歳の少女ヴェルヴェット・ブラウン(エリザベス・テイラー)は、夏休みを前に学校の授業を終える。

ヴェルヴェットは、姉エドウィナ(アンジェラ・ランズベリー)とマルヴォリア”マリー”(ファニータ・クイグリー)と共に、担任のシムズ(ノーマ・ヴァルデン)から良い休暇を過ごすようにと言われて家路につく。

マリーはハラム(アーサー・シールズ)の店でお菓子を買うために立ち寄り、エドウィナは、ボーイフレンドのテッド(テリー・キルバーン)に会いに行く。

乗馬していることを考えながら家に向かうヴェルヴェットは、途中、旅をする青年マイ・テイラー(ミッキー・ルーニー)に出会う。

父親ハーバート(ドナルド・クリスプ)が精肉店を経営していることなどを話したヴェルヴェットは、知人のイデ(レジナルド・オーウェン)が追っている馬を見て心ときめかせる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1920年代、イングランドサセックス、スールズ。
放浪の旅を続ける青年マイ・テイラーは、馬を愛する少女ヴェルヴェットに出会う。
マイは、亡くなった父が遺した住所録を頼りに旅をしていたのだが、その中にあったヴェルヴェットの母親を訪ねて来たのだった。
その場にいた知人イデの馬に胸ときめかすヴェルヴェットは”パイ”と名付け、マイを自宅の食事に招待する。
ヴェルヴェットの母アラミンティはマイに興味を持つが、精肉店を営む父ハーバートは余所者である彼を警戒する。
泊めてもらうことになったマイは、隙を見てブラウン家の金を盗もうとするが、馬に詳しい自分を慕う純真なヴェルヴェットを見て思い止まり、ハーバートに雇われることになる。
そんな時、イデは暴れ馬のパイを手放す決心をして、クジ引きの末にパイはブラウン家が手に入れる。
ヴェルヴェットは喜び、マイから世界最高の障害レース”グランドナショナル”の話を聞き出場を決心する。
かつてドーバー海峡を泳いで渡ったアラミンティは、そのトレーナーがマイの父親だったことをヴェルヴェットに知らせ、挑戦する尊さを伝え、娘の夢のために支援を約束する・・・。
__________

平和な時代に作られた作品であれば当然とも思える、友情や家族愛を描く内容だが、本作が公開されたのは、末期ではあるが第二次大戦中だということに驚かされる。

戦時下の状況でこれだけの内容の作品を作れるとは、日本人の考えからすると奇跡とも言えるほどだ。

悪人ではないが余所者を嫌い金に執着する商売人、世話になった家族の蓄財を盗もうとする放浪者など、善人だけが登場しないところが、混沌とする時代を表現しているとも言える。
クラレンス・ブラウンの、押しつけがましくないヒューマニティ溢れるドラマは、当時の人々の心をどれだけ癒しただろうか。

戦時下ということもあり、イングランドが舞台ではあるが撮影はカリフォルニアで行われ、イングランド南部の雰囲気を映し出す美しい映像とセットなど美術も素晴らしい。

第18回アカデミー賞では、家族を支えていると言っていい、思慮深く説得力もある考えの持ち主の母親を好演するアン・リヴィアが助演女優を受賞した。
他の受賞:編集賞
・ノミネート
監督・撮影(カラー)・美術賞(カラー)

2003年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

1978年にテイタム・オニール主演で続編「インターナショナル・ベルベット」が公開された。

当時、MGMのトップスターであるミッキー・ルーニーは、どこか陰のある放浪青年を熱演し、小柄ながら、貫録さえ感じる彼らしい力強い演技を見せてくれる。

特筆すべきは、2年前にデビューし、前年の「家路」(1943)でも好演した、12歳のエリザベス・テイラーの輝くような愛らしさで、正に”天使”であり主演とも言える活躍で画面を占領している。
彼女がスタントなしで騎乗して疾走するシーンには驚いてしまう。

その「家路」でも彼女と共演した、小言ばかり言いながら家族を愛する父親役のドナルド・クリスプ、その娘アンジェラ・ランズベリーファニータ・クイグリー、息子ジャッキー”ブッチ”ジェンキンス、レースの観客アーサー・トリーチャー、”パイ”を手放す住人レジナルド・オーウェン、学校教師ノーマ・ヴァルデン、長女のボーイフレンド、テリー・キルバーン、雑貨店店主アーサー・シールズ、騎手ユージン・ローリング、主人公を騙そうとする男デニス・ホーイなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020