That's Movie Talk!     4075 Movies

ナニー・マクフィーの魔法のステッキ Nanny McPhee (2005) 4/5 (1)

  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1964年に発表された、クリスティアナ・ブランドの児童文学小説”Nurse Matilda”を基に製作された作品。
ナニー(乳母)を追い出す、いたずら好きの子供達に手を焼く父親のために現れた、魔法を使う”ナニー・マクフィー”の活躍を描、脚本、主演エマ・トンプソンコリン・ファースケリー・マクドナルドトーマス・サングスターアンジェラ・ランズベリー他共演のファンタジー・コメディ。


ファンタジー


スタッフ キャスト ■
監督:カーク・ジョーンズ
製作
ティム・ビーヴァン

リンゼイ・ドーラン
エリック・フェルナー
デブラ・ヘイワード
製作総指揮:ライザ・チェイシン
原作:クリスティアナ・ブランドNurse Matilda
脚本:エマ・トンプソン

撮影:ヘンリー・ブラハム
編集
ジャスティン・クリシュ
ニック・ムーア

音楽:パトリック・ドイル

出演
ナニー・マクフィー:エマ・トンプソン

セドリック・ブラウン:コリン・ファース
エヴァンジェリン:ケリー・マクドナルド
サイモン・ブラウン:トーマス・サングスター
トーラ・ブラウン:イライザ・ベネット
リリー・ブラウン:ジェニファー・レイ・デイキン
エリック・ブラウン:ラファエル・コールマン
セバスチャン・ブラウン:サミュエル・ハニーウッド
クリスティアナ”クリッシー”ブラウン:ホリー・ギブス
アデレイド・スティッシュ:アンジェラ・ランズベリー

セルマ・クイックリー:セリア・イムリー
ブレザーウィック夫人:イメルダ・スタウントン
ウィーン:デレク・ジャコビ
ジャウル:パトリック・バーロウ
教区牧師:アダム・ゴドリー

イギリス/アメリカ/フランス 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

2005年製作 97分
公開
イギリス:2005年10月21日
フランス:2006年2月8日
北米:2006年1月27日
日本:2006年4月15日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $47,144,100
世界 $122,489,820


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
イギリス
1年前に妻を亡くした葬儀屋のセドリック・ブラウン(コリン・ファース)は、いたずら好きの7人の子供達に手を焼いていた。

子供達が17人目のナニー(乳母)を追い出してしまったため、セドリックは次のナニーを探す。

メイドのエヴァンジェリン(ケリー・マクドナルド)にそれを伝えたセドリックは、紹介所に向かうものの断られてしまう。

しかしセドリックは、開いた郵便受けから”あなたにはマクフィーが必要”と言われる。

エヴァンジェリンは、ナニーが辞めたことを料理人のブレザーウィック夫人(イメルダ・スタウントン)に知らせ、次を探さなくても自分達が面倒を見ればいいと考える。

ブレザーウィックは、子供の面倒を見るなどごめんだと言って、かかわらないことを条件にした念書があることをエヴァンジェリンに伝える。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想 ■

参考:
・「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」(2005)
・「ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ」(2010)

*(簡略ストー リー)
イギリス
1年前に妻を亡くした葬儀屋のセドリック・ブラウンは、いたずら好きの7人の子供達が17人目のナニー(乳母)を追い出したことを知り、次のナニーを探そうとする。
1か月以内に結婚しない場合は援助を打ち切ると、大伯母アデレイドに言われていたセドリックはそのことでも悩んでいた。
メイドのエヴァンジェリンは献身的に尽くしてくれるのだが、子供達のいたずらは激しくなるばかりだった。
そんな時、異様な表情のナニー・マクフィーがブラウン家に現れ、セドリックに招き入れられた彼女は、騒ぎを起こしている子供達と対面する。
マクフィーは魔法の杖を使い、人生や家族にとって大切なことは何かを子供達に教えていくのだが・・・。
__________

クリスティアナ・ブランドの原作に感銘を受けたエマ・トンプソンが、脚本と主演を兼ねた意欲作。

いたずら好きの子供達のために雇われるナニー(乳母)を描くという内容は、ディズニー映画「メリー・ポピンズ」(1964)に酷似しているものの、一つの見せ場と言える、目的を果たし子供達の成長を確認する度に変化していく、不思議な主人公のキャラクターが実に興味深い。

家族や愛の大切さを、多くを語らず、自分達の考えや努力により学ばせようとする主人公の、厳しくも温かく見守る姿が心を打つ感動作に仕上がっている。

北米興行収入は約4700万ドル、全世界では約1億2200万ドルのヒットとなった。

ここまでしなくてもよいのでないかというほどのメイクで登場するエマ・トンプソンは、甘やかすことなく子供達を躾ける主人公を怪演する。

子供達や結婚のことで苦悩する父親コリン・ファース、彼と子供達を温かく見守るメイドのケリー・マクドナルド、長男であるいたずらっ子のリーダー、トーマス・サングスター、子供達イライザ・ベネットジェニファー・レイ・デイキンラファエル・コールマンサミュエル・ハニーウッド、ホリー・ギブス、大伯母アンジェラ・ランズベリー、父親の結婚相手の夫人セリア・イムリー、料理人イメルダ・スタウントン、葬儀社の従業員デレク・ジャコビパトリック・バーロウ、教区牧師のアダム・ゴドリーなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up