4315 Movies

マイ・ボディガード My Bodyguard (1980)

 

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

不良グループに目をつけられた転校生と彼のボディガードとなる心に傷を持つ少年の友情を描く、監督トニー・ビル、主演クリス・メイクピースアダム・ボールドウィンマット・ディロンマーティン・マルルース・ゴードンジョン・ハウスマン、た共演の青春ドラマ。


ドラマ(青春)


スタッフ キャスト
監督:トニー・ビル

製作
メルヴィン・サイモン
ドン・デヴリン
脚本:アラン・オームズビー
撮影:マイケル・D・マーグリーズ
編集:スチュー・リンダー
音楽:デイヴ・グルーシン

出演
クリフォード・ピーチ:クリス・メイクピース
リッキー・リンダーマン:アダム・ボールドウィン
メルヴィン・ムーディ:マット・ディロン
ラリー・ピーチ:マーティン・マル
クリフォードの祖母:ルース・ゴードン
ドブス:ジョン・ハウスマン
グリフィス:クレイグ・リチャード・ネルソン
カーソン:ポール・クァント
シェリー:ジョーン・キューザック
マイク:ハンク・サラス
ジャンプ先生:キャサリン・グロディ
ロス校長:ディック・キューザック
ダブロー:リチャード・ブラッドリー
クーンツ:ティム・レイナ
ハイタワー:ディーン・R・ミラー
エンジニア:ジョージ・ウェント
クリフォードのクラスメイト:ジェニファー・ビールス

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1980年製作 96分
公開
北米:1980年7月11日
日本:1981年2月7日
製作費 $3,000,000
北米興行収入 $22,482,950


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
シカゴ
高校生のクリフォード・ピーチ(クリス・メイクピース)は、高級ホテル”ザ・アンバサダー・イースト/ザ・パンプ・ルーム”の支配人である父ラリー(マーティン・マル)と祖母(ルース・ゴードン)とで何不自由ない生活を送っていた。

ホテル内に住むラリーは、客とトラブルを起こす母に手古摺り、クリフォードは、新学期を迎えて新しい学校に通うようになる。

レイク・ヴュー・ハイスクール
初登校して教室に向かったクリフォードは席に着き、隣のレラニーとシェリー(ジョーン・キューザック)から声をかけられ、新入生だと伝える。

現れたメルヴィン・ムーディ(マット・ディロン)から自分の席だと言われたクリフォードは、先に座ったためにどこうとしない。

担任のジャンプ(キャサリン・グロディ)は、リッキー・リンダーマン(アダム・ボールドウィン)の姿が見えないことを気にする。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
シカゴ
高校生のクリフォード・ピーチは、高級ホテル”ザ・アンバサダー・イースト/ザ・パンプ・ルーム”の支配人である父ラリーと祖母とで何不自由ない生活を送っていた。
レイク・ヴュー・ハイスクール”に転向したクリフォードは、不良少年のメルヴィンに目を付けられ、人を殺したクラスメイトのリッキーから身を守るための保護料を要求される。
それに応じようとしないクリフォードは、メルヴィンらの嫌がらせに遭う。
そんな時クリフォードは、長身で異様な雰囲気のリッキーをメルヴィンが恐れていることを知り、リッキーをボディガードにしようとするのだが・・・。
__________

不良少年の嫌がらせに対抗するため、殺人を犯したと言われるクラスメイトの手を借りて対抗しようとする高校生と、彼のボディガードとなった少年の友情を描く作品。

若くしてテレビ俳優として活躍し、映画プロデューサーとしても「スティング」(1973)でアカデミー作品賞を受賞したトニー・ビルの初監督作品。

物語としてはよくある話だが、暴力とは無縁な裕福な少年が、正義を貫くために、”アウトロー”的な頑強なクラスメイトをボディガードにして抵抗するという展開は斬新で、いかにもアメリカ的な内容であり、爽やかな感動で締めくくられるラストもいい。

ひ弱な少年と心に傷を持つクラスメイトとの友情、そして、様々な苦難を子供なりに乗り越えて成長していく姿も清々しく描かれた快作に仕上がっている。

デイヴ・グルーシンの軽快な音楽も印象に残る。

主人公の二人、嫌がらせに屈しない転校生のクリス・メイクピースと、彼と親交を深める問題児であり、弟を殺したことで心に傷を負う少年を演じたアダム・ボールドウィンの好演が光る。

不良少年を演じたマット・ディロンの出世作とも言える作品で、他にジョーン・キューザックジェニファー・ビールスがクラスメイトで出演している。

また、大ベテランの二人、ホテル内で問題ばかり起こす主人公の祖母役をルース・ゴードンが怪演し、彼女に翻弄されるホテルの総支配人役のジョン・ハウスマンの出演も映画ファンには嬉しい。

ホテルの支配人である主人公の父親マーティン・マル、彼に解雇される副支配人のクレイグ・リチャード・ネルソン、主人公のクラスメイトのポール・クァント、メルヴィン(マット・ディロン)に雇われる頑強な男ハンク・サラス、主人公の担任教師キャサリン・グロディ、校長のディック・キューザックジョーン・キューザックの実父)、メルヴィンの仲間リチャード・ブラッドリー、ティム・レイナ、ディーン・R・ミラー、ホテルのエンジニアのジョージ・ウェントなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020