4312 Movies

帰ってきたMr.ダマー Dumb and Dumber To (2014)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ジム・キャリーはMr.ダマー」(1994)の20年ぶりの続編。
間抜けなダメ男コンビ、ロイドとハリーが、ハリーの娘を捜す旅の先々で巻き起こす騒動を描く、製作、監督、脚本ピーター・ファレリーボビー・ファレリー兄弟、主演ジム・キャリージェフ・ダニエルズキャスリーン・ターナーローリー・ホールデンロブ・リグル他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督

ピーター・ファレリー
ボビー・ファレリー
製作
ピーター・ファレリー
ボビー・ファレリー
チャールズ・B・ウェスラー
ブラッドリー・トーマス
リザ・アジズ
ジョーイ・マクファーランド
製作総指揮
ブラッド・クレヴォイ
スティーヴン・ステイブラー
マーク・S・フィッシャー
デヴィッド・コプラン
ダニー・ディムボート
クリスチャン・マーキュリー
脚本
ピーター・ファレリー
ボビー・ファレリー
ショーン・アンダース
ジョン・モリス
ベネット・イェーリン
マイク・チェローネ
撮影:マシュー・F・レオネッティ
編集:スティーヴン・ラッシュ
音楽:エンパイア・オブ・ザ・サン

出演
ロイド・クリスマス:ジム・キャリー
ハリー・ダン:ジェフ・ダニエルズ
フリーダ・フェルチャー:キャスリーン・ターナー
アデル・ピンチロー/ファニー・フェルチャー:ローリー・ホールデン
トラヴィス・リッピンコット/リッピンコット大尉:ロブ・リグル
ペニー・ピンチロー:レイチェル・メルヴィン
バーナード・ピンチロー博士:スティーヴ・トム
ロイ・ベイカー博士:ドン・レイク
アイス・ピック:ビル・マーレイ
ウォルコット博士:テンビ・ロック
医師:ポール・ブラックソーン
ハリー・ダン(少年期):ダルトン・E・グレイ
フリーダ・フェルチャー(少女期):カーリー・クレイグ

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2014年製作 109分
公開
北米:2014年11月14日
日本:2015年11月20日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $86,208,000
世界 $169,837,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロードアイランド州。
20年もの間、精神病院に入院しているロイド・クリスマス(ジム・キャリー)の見舞い続けるハリー・ダン(ジェフ・ダニエルズ)は、未だにメアリーが忘れられないロイドを励ますものの無駄だった。

何も答えないロイドに自分も病気だと伝えたハリーは、別れを告げて去ろうとする。

ロイドが何か話しかけたために驚いたハリーは、20年間、騙されていたことを知る。

退院したロイドはハリーのアパートに向かい、キャンディを作る同居人のアイス・ピック(ビル・マーレイ)を紹介される。

ハリーの病気のことを尋ねたロイドは、腎臓移植が必要でドナーが見つからなければ死ぬと言われる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
20年間、精神患者の振りをしていたロイド・クリスマスは、病気になったと言う親友のハリー・ダンから腎臓移植が必要だと知らされる。
かつての恋人フリーダの子供が自分の娘だと知ったハリーは、腎臓を提供してもらうために彼女を捜そうとする。
フリーダから、娘ペニーが有名な博士の養子になったことを知らされたロイドとハリーは、メリーランド州のオックスフォードに向かう。
ペニーの養父ピンチロー博士は、病気の自分の代役で、ペニーをエルパソで行われる国際シンポジウム”KEN”に出席させる。
人類最大の発明を持参してもらいたかったピンチロー博士は、それをペニーが忘れたため、彼女の実父だと言って現れたハリーとロイドに、その発明である箱を届けてもらおうとする。
夫であるピンチロー博士の財産を狙う妻アデルは、発明が数十億ドルの価値があることを知り、使用人のトラヴィスと組んで、間抜けなロイドとハリーから箱を奪おうとするのだが・・・。
__________

大ヒットした「ジム・キャリーはMr.ダマー」(1994)の20年ぶりの続編。

間抜けなダメ男コンビが、腎臓移植のドナーを捜す旅を続けながら、行く先々で巻き起こす騒動を描く爆笑コメディ。

前作と見比べないとそれほど老けは感じない主人公の二人だが、年をとったことを意識させるセリフが度々、登場する。

二人が互いに関係した女性役に、その変貌が話題になっているキャスリーン・ターナーを配役したのは正解で、1980年代を代表する美人女優だった彼女の現在の姿を強調し、時代の移り変わりを感じさせる演出が面白い。

前作には及ばなかったものの、北米興行収入は約8600万ドル、全世界では約1億7000万ドルのヒットとなった。
*前作
北米興行収入 $127,175,350
世界 $247,275,370

主演のジム・キャリージェフ・ダニエルズは、本作でも、息の合った間抜け具合を見せて大いに笑わせてくれる。

かつて主人公の二人と関係した葬儀社のオーナー、キャスリーン・ターナー、彼女の娘の養父である著名な科学者(スティーヴ・トム)の財産を狙う妻ローリー・ホールデン、彼女と組む使用人と兄の二役を演ずるロブ・リグル、フリーダ(キャスリーン・ターナー)の娘で科学者の養女であるレイチェル・メルヴィン、科学者のドン・レイクテンビ・ロック、医師ポール・ブラックソーン、ハリーの少年期ダルトン・E・グレイ、フリーダの少女期カーリー・クレイグ、そして、ハリーの同居人でビル・マーレイが出演しているが、防護服を着ているので顔は見えない。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020