4295 Movies

ミュリエルの結婚 Muriel’s Wedding (1994)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

何の取柄もない平凡な女性が、新たな人生を見つけるまでを描く、監督、脚本P・J・ホーガン、主演トニ・コレットレイチェル・グリフィスビル・ハンター共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:P・J・ホーガン
製作
リンダ・ハウス
ジョセリン・ムーアハウス

脚本:P・J・ホーガン
撮影:マーティン・マクグラス
編集:ジル・ビルコック

音楽:ピーター・ベスト

出演
ミュリエル・ヘスロップ:トニ・コレット

ロンダ・エピンストール:レイチェル・グリフィス
ビル・ヘスロップ:ビル・ハンター
タニア・デガノ:ソフィー・リー
ベティ・ヘスロップ:ジニー・ドリナン
ディードリ・チェンバース:ジニー・ネヴィンソン
デヴィッド・ヴァン・アークル:ダニエル・ラパイン
ブライス・ノーブス:マット・デイ
ニコル:ピッパ・グランディソン

オーストラリア/フランス 映画
配給 ミラマックス

1994年製作 106分
公開
オーストラリア:1994年9月29日
北米:1995年3月10日
日本:1996年10月12日
製作費 $3,000,000
北米興行収入 $15,185,590
世界 $57,500,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

”ブーケ”

オーストラリアクイーンズランド州、ポーポス・ピット。
ミュリエル・ヘスロップ(トニ・コレット)は、友人である花嫁タニア・デガノ(ソフィー・リー)が投げたブーケを見事にキャッチするものの、恋人もいないため、それをシェリルに譲るよう言われる。

仕方なくブーケを渡したミュリエルだったが、シェリルはそれを返し、恋人とは別れたと言って泣きながらその場を去る。

その後ミュリエルは、タニアの夫チュークが、ニコル(ピッパ・グランディソン)に誘われて愛し合っているのを目撃してしまう。

新郎が従弟だった監視員は、ミュリエルのドレスが万引きされた物と確信して警察を呼ぶ。

ミュリエルは、駆けつけた警官に連行されてしまう。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

オーストラリアクイーンズランド州、ポーポス・ピット。
肥満体で不細工、高校も中退した何の取柄もないミュリエル・ヘスロップは、市会議員でもある町の実力者の父ビルにもクズ呼ばわりされていた。
一応、友人だったタニア達から交友を断られたミュリエルは、素敵な結婚をして彼女らを見返すことを考える。
仕事のためにビルから預かった小切手で現金を引き出したミュリエルは、タニアらが休暇を過ごすリゾート地に向かう。
その場でもタニアらに相手にされないミュリエルは、高校の同級生で同じく中退したロンダに出くわして意気投合する。
家に戻り、家族の現金を使い込んだことが問題になっていることを知ったたミュリエルは、ロンダと共にシドニーに向い、”マリエル”と名前を変えて人生を変えようとするのだが・・・。
__________

ダメ家族の一員でありその代表のような長女が、新たな人生を切り開くための奮闘記を、自らの脚本により味わい深く描いた、P・J・ホーガンの人情味溢れる演出手腕が見所の作品。

純粋なコメディ・タッチで始まる物語は、友人の病や家族の崩壊で深刻なドラマ展開ともなるが、成長した主人公の希望に満ちた表情で終わる、爽やかな雰囲気で締めくくられる。

1970年代に世界を席巻した、”ABBA”の曲が随所で効果的に使われているところも注目だ。

役柄のために20キロ近く体重を増やしたというトニ・コレットは、ゴールデングローブ賞の主演女優賞にノミネートされた他、その演技は高く評価され、後に世界的スターになる才能を見せてくれる。

同じような境遇の主人公と意気投合し苦楽を共にする親友のレイチェル・グリフィス、町の実力者である主人公の父親を好演するビル・ハンター、家族愛に恵まれない主人公の母親ジニー・ドリナン、主人公を嫌う友人ソフィー・リー、同じくピッパ・グランディソン、主人公の父親の愛人ジニー・ネヴィンソン、オリンピックのために主人公と結婚する水泳選手ダニエル・ラパイン、主人公に惹かれる警官マット・デイなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020