4354 Movies

間諜最後の日 Secret Agent (1936)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1928年に発表された、ウィリアム・サマセット・モームの連続短編小説”アシェンデン”を基に製作された作品。
第一次大戦下、ドイツのスパイの行動を阻止する任務を受けた男女と協力者の情報活動を描く、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演ジョン・ギールグッドマデリーン・キャロルピーター・ローレロバート・ヤング他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:マイケル・バルコン
原作:ウィリアム・サマセット・モームアシェンデン
脚本
チャールズ・ベネット

アルマ・レヴィル
イアン・ヘイ
撮影:バーナード・ノールズ
編集:チャールズ・フレンド
音楽:ジョン・グリーンウッド

出演
エドガー・ブロディ大尉/リチャード・アシェンデン:ジョン・ギールグッド
エルザ・キャリントン:マデリーン・キャロル
モンテスマ将軍:ピーター・ローレ
ロバート・マーヴィン:ロバート・ヤング
ケイパー:パーシー・マーモント
ケイパー夫人:フローレンス・カーン
R:チャールズ・カーソン
リリー:リリー・パルマー
カール:ハワード・マリオン=クロフォード
アンダーソン大尉:トム・ヘルモア
大尉:マイケル・レニー
兵士:マイケル・レッドグレイヴ

イギリス 映画
配給 Gaumont British Picture Corporation

1936年製作 86分
公開
イギリス:1936年5月
北米:1936年6月15日
日本:1938年3月10日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1916年5月10日、第一次大戦下、ロンドン、カーゾン街84番地。
著名な作家でもあるイギリス陸軍のエドガー・ブロディ大尉(ジョン・ギールグッド)が亡くなり、翌日、葬儀が行われることになっていた。

しかし、棺は空だった。

実は生きていたブロディは戦地から帰国し、R(チャールズ・カーソン)という男の元に連れて行かれる。

自分の死亡記事を見せるブロディは、今回の事態をRに問い質す。

イギリスとアメリカのパスポートを渡されたブロディは、”リチャード・アシェンデン”を名乗るよう指示され、コンスタンティノーブル経由で中東に向かう、人相も分からない敵を捜す任務を命ぜられる。

スイスにいる二重スパイと接触するよう言われたアシェンデンは、敵がアラブに向かうのを阻止する命令を理解する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1916年、第一次大戦下。
著名な作家でもあるイギリス陸軍のエドガー・ブロディ大尉は、戦地から帰国するものの死亡したことになっていた。
情報部のRの元に向かったブロディは、、”アシェンデン”を名乗り、コンスタンティノーブル経由で中東に向かう、人相も分からない敵を捜す任務を命ぜられる。
メキシコ人の”将軍”を助手にすると言われたアシェンデンはスイスに向い、接触するスパイが妻役のエルザと知らされて驚く。
エルザに言い寄る男性マーヴィンの存在を気にしながら、アシェンデンは将軍と共に、寝返った男に会おうとする。
その男は殺され、犯人でありターゲットと考えられる老紳士ケイパーを殺害したアシェンデンと将軍だったが、それが人違いがったことを知らされる・・・。
__________

第一次大戦の戦いの行方を左右するスパイ戦を描いた内容は、アルフレッド・ヒッチコックらしい、様々なアイデアを駆使し工夫を凝らした演出で観客を楽しませてくれる。

スパイ活動をストレートに描きながら、主人公二人の恋愛、謎の紳士や奇妙なキャラクターなどをアクセントとして使うヒッチコックの演出は、後年の作品につながる要素も随所で見られて実に興味深い。

舞台は第一次大戦下ではあるが、ナチスの台頭によりヨーロッパで迫る戦火を感じさせる混沌とした雰囲気が、当時の社会情勢を感じさせる。

アルフレッド・ヒッチコックが出演しているという情報について。
主人公のジョン・ギールグッドスイスに到着した際、同じ船の乗客として登場すると言われているが、それは確認できず、英文の資料でも紹介されていない。

情報活動を行う者としては素人であり、スパイ戦に巻き込まれたような雰囲気ながら、任務遂行に全力を尽くすジョン・ギールグッド、同じヒッチコック作品である前年の「三十九夜」(1935)でも好演した、主人公をサポートしながら愛し合うマデリーン・キャロル、同じく主人公の助手として活躍する、特異なキャラクターであり怪演が光るピーター・ローレ、三人に関係する敵のスパイ、ロバート・ヤング、スパイに間違われて殺害される老紳士パーシー・マーモント、その妻フローレンス・カーン、作戦を指揮するチャールズ・カーソン、主人公らに情報を流す女性リリー・パルマー、その恋人ハワード・マリオン=クロフォード、Rの部下トム・ヘルモア、兵士役でマイケル・レッドグレイヴマイケル・レニーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020