4509 Movies

マジェスティック Mr. Majestyk (1974)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1969年に発表された、エルモア・レナード(脚本兼)の小説”The Big Bounce”の登場キャラクター”Mr. Majestyk”を基に製作された作品。
殺し屋に脅されながら、怯むことなく立ち向かう農場主の戦いを描く、監督リチャード・フライシャー、主演チャールズ・ブロンソンアル・レッティエリリンダ・クリスタルリー・パーセル他共演の犯罪アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:リチャード・フライシャー
製作:ウォルター・ミリッシュ
原作:エルモア・レナード”Mr. Majestyk”
脚本:エルモア・レナード

撮影:リチャード・H・クライン
編集:ラルフ・E・ウィンタース
音楽:チャールズ・バーンスタイン

出演
ヴィンセント”ヴィンス”マジェスティック:チャールズ・ブロンソン

フランク・レンダ:アル・レッティエリ
ナンシー・チャヴェス:リンダ・クリスタル
ワイリー:リー・パーセル
ボビー・コーパス:ポール・コスロ
ラリー・メンドーサ:アレハンドロ・レイ
ジーン・ランディ:テイラー・ラシャー
マクアレン:フランク・マクスウェル

ハロルド・リチー:ジョーダン・ローデス
フリオ・トマス:バート・サントス

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1974年製作 103分
公開
北米:1974年7月17日
日本:1974年11月9日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
コロラド州、ユマ郡、エドナ。
農場主である元アメリカ陸軍レンジャー部隊員でベトナム帰還兵のヴィンセント”ヴィンス”マジェスティック(チャールズ・ブロンソン)は、貧しいメキシコ移民を使いスイカの栽培をしていた。

ガソリンスタンドで、メキシコ移民の労働者の手助けをしている組合員ナンシー・チャヴェス(リンダ・クリスタル)と知り合ったマジェスティックは、彼女と労働者を雇う。

農場を管理させているラリー・メンドーサ(アレハンドロ・レイ)に、人員を確保させて農場に向かわせていたマジェスティックは、ボビー・コーパス(ポール・コスロ)という男が、自分の農場で低賃金労働者を働かせていることを知る。

労働者に仕事を辞めさせようとしたマジェスティックだったが、コーパスが銃を手にしたために彼を叩きのめして追い払う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
コロラド州、ユマ郡、エドナ。
農場主である元アメリカ陸軍レンジャー部隊員でベトナム帰還兵のヴィンセント”ヴィンス”マジェスティックは、貧しいメキシコ移民を使いスイカの栽培をしていた。
低賃金で労働者を押し付けてきたコーパスを追い払ったマジェスティックだったが、彼に訴えられて逮捕されてしまう。
刑務所に向かう途中マジェスティックらの乗った移送車は、組織の大物で殺し屋レンダの部下に襲われる。
レンダを拘束して逃走したマジェスティックは、彼を引き渡すことを条件に警察に釈放を求める。
マジェスティックに2万5000ドルを渡すことを提案し解放を求めたレンダは、恋人ワイリーを呼び寄せる。
釈放を条件に自分を売ったマジェスティックの考えを知ったレンダは、拘束から逃れようとしてワイリーから渡された銃を向ける。
マジェスティックはその場から逃走し、レンダは彼を追い殺そうとするのだが・・・。
__________

軍歴と少々の前科を持つ恐れを知らぬ男が、巨悪に敢然と立ち向かう姿を描く、リチャード・フライシャーのシャープな演出も光る快心作。

誰もが従う極悪人に、怯むことなく頭脳戦を仕掛けながら単独で戦う主人公の行動は痛快で、エルモア・レナード自身による捻りの効いた脚本も冴える作品。

主人公を演ずる、1970年代を代表するアクション・スターのチャールズ・ブロンソンは、正に適役という感じで主人公を演じ、魅力的で雰囲気のある逞しい男を熱演している。

悪党と言えばこの人という感じの組織の大物で殺し屋でもあるアル・レッティエリ、主人公に労働者として雇われる協力者リンダ・クリスタル、悪党の愛人リー・パーセル、小悪党ポール・コスロ、主人公の農場の管理人アレハンドロ・レイ、悪党テイラー・ラシャー、警部補フランク・マクスウェル、保安官補ジョーダン・ローデスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021