4292 Movies

スミス夫妻 Mr. & Mrs. Smith (1941)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★ヒッチコック登場場面
★★★☆☆

喧嘩が絶えないにも拘わらず愛し合う夫婦が、結婚が無効であったことが分かったことから巻き起こる騒動を描く、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演キャロル・ロンバードロバート・モンゴメリージーン・レイモンド他共演のスクリューボール・コメディ


コメディ

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作総指揮:ハリー・E・エディントン
脚本:ノーマン・クラスナー
撮影:ハリー・ストラドリング
編集:ウィリアム・ハミルトン
音楽:ロイ・ウェッブ

出演
アン・クラウスハイマー・スミス:キャロル・ロンバード

デヴィッド・スミス:ロバート・モンゴメリー
ジェファーソン”ジェフ”カスター:ジーン・レイモンド
チャック・ベンソン:ジャック・カーソン
アシュレイ・カスター:フィリップ・メリヴェイル
カスター夫人:ルシル・ワトソン
ガーティー:ベティ・カンプソン
グロリア:パトリシア・ファー
ハリー・ディーヴァー:チャールズ・ホルトン
クラウスハイマー夫人:エセル・デイル

アメリカ 映画
配給 RKO

1941年製作 94分
公開
北米:1941年1月31日
日本:1989年2月18日
製作費 $743,000
北米興行収入 $1,400,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
結婚3年目のデヴィッド・スミス(ロバート・モンゴメリー)とアン(キャロル・ロンバード)夫妻は、喧嘩ばかりするものの二人の愛は変わらなかった。

ある朝アンは仲直りしたデヴィッドに、もう一度結婚するとしたら自分とはしないと言われてショックを受ける。

仮の話だと言って愛を伝えた弁護士のデヴィッドは、仕事場の事務所に向かう。

同級生であり同僚のジェファーソン”ジェフ”カスター(ジーン・レイモンド)にアンとの喧嘩のことでからかわれそうになったデヴィッドは、ハリー・ディーヴァー(チャールズ・ホルトン)の訪問を受ける。

アイダホ州の郡の役人であるディーヴァーは、デヴィッドとアンの結婚が無効であることを伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

★ヒッチコック登場場面
上映から約42分アパートのビルから出てきたロバート・モンゴメリーと友人で同僚役のジーン・レイモンドが去った後、入り口前を通り過ぎる男性がアルフレッド・ヒッチコック
うっかりしていると見逃してしまう。

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
結婚3年目のデヴィッド・スミスとアン夫妻は、喧嘩ばかりするものの二人の愛は変わらなかった。
ある日、弁護士のデヴィッドは老役人ディーヴァーの訪問を受け、自分とアンの結婚が手続き上のミスで無効だと知らされる。
再び新婚気分を味わう良いチャンスだと考えたデヴィッドは、アンにそれを伝えないまま、結婚前の思い出の店で彼女と食事をすることを考える。
デヴィッドから言われる前にそれを知ってしまったアンは、もう一度プロポーズされるかと思い期待する。
ところが、デヴィッドが食事をしても何も話さないため、アンは憤慨してその件を追及し、彼をアパートから追い出してしまう。
困惑するデヴィッドを尻目に、”独身”となったアンは、彼の親友で同僚でもあるジェフとの親密な関係を夫に見せつける・・・。
_________

アルフレッド・ヒッチコックの渡米後初期の作品で、純然たるコメディ作品。

恐怖やサスペンス色は皆無の作品なのだが、主人公夫妻の凄まじい”戦い”が繰り広げられる。

映像的な斬新さや独特のヒッチコック・タッチは見られないが、典型的なスクリューボール・コメディとしての面白さは凝縮された内容で、当時の雰囲気を感じさせる楽しい作品に仕上がっている。

日本では北米公開からなんと48年後の1989年だった。

本作公開の翌年の1942年、戦時国債キャンペーンのため移動中に33歳の若さで飛行機事故死したキャロル・ロンバードは、ビッグ・スター、クラーク・ゲイブル夫人として貴婦人的な印象しかない方が多いかもしれないが、本作のようなスクリューボール・コメディの代表的な女優として大活躍した。
アメリカ人としては非常に小柄な彼女だが、その美貌と共に男性を寄せ付けないような威圧感もあり、女性を超越した雰囲気のある女優だった。

日本では娘のエリザベス・モンゴメリー(奥さまは魔女/サマンサ役)の方が有名だと言うのがやや悲しい、ヒロインの夫をコミカルに演ずる名優ロバート・モンゴメリー、彼の同級生でもあり同僚役ジーン・レイモンド、その両親フィリップ・メリヴェイルルシル・ワトソン、夫が会員制クラブで知り合う男性ジャック・カーソン、彼が誘う女性ベティ・カンプソンパトリシア・ファー、主人公に結婚の無効を知らせる役人チャールズ・ホルトン、主人公の母エセル・デイルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020