4134 Movies

ムーラン・ルージュ Moulin Rouge (2001)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

パリモンマルトルにあるキャバレー”ムーラン・ルージュ”を舞台に、貧しい作家と娼婦の恋の物語を描く、製作、監督バズ・ラーマン、主演ニコール・キッドマンユアン・マクレガージョン・レグイザモデビッド・ウェナム共演による絢爛豪華なミュージカル・ ドラマ。


ドラマ(ミュージカル)

ニコール・キッドマン / Nicole Kidman 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:バズ・ラーマン
製作
フレッド・バロン

マーティン・ブラウン
バズ・ラーマン

脚本
クレイグ・ピアース

バズ・ラーマン
撮影:ドナルド・M・マカルパイン
編集:ジル・ビルコック
美術・装置
キャサリン・マーティン

ブリジッテ・ブロック
衣装デザイン
キャサリン・マーティン

アンガス・ストラティー
音楽
クレイグ・アームストロング

マリウス・デ・ヴリーズ

出演
サティーン:ニコール・キッドマン

クリスチャン:ユアン・マクレガー
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックジョン・レグイザモ
ハロルド・ジドラー:ジム・ブロードベント
ウースター公爵:リチャード・ロクスバーグ
ニニ:キャロライン・オコナー
オードリー:デビッド・ウェナム
ショコラ:デオビア・オペアレイ
緑の妖精:カイリー・ミノーグ

オーストラリア/アメリカ/イギリス 映画
配給 20世紀FOX

2001年製作 128分
公開
オーストラリア:2001年5月24日
北米:2001年6月1日
イギリス:2001年9月7日
日本:2001年11月23日
製作費 $52,500,000
北米興行収入 $57,386,370
世界 $179,213,430


アカデミー賞 ■
第74回アカデミー賞
・受賞
美術・衣装デザイン賞
・ノミネート
作品
主演女優(ニコール・キッドマン)
撮影・編集・録音・メイクアップ賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1900年、パリ
モンマルトルに住む、作家クリスチャン(ユアン・マクレガー)は、酒に溺れながら、自分が愛し、そして死んだサティーン(ニコール・キッドマン)のことを想いタイプを打つ。
__________

1899年、夏。
ロンドンからモンマルトルの丘に着いたクリスチャンは、愛の物語を書くため、その地に移り住む。

クリスチャンは、ひょんなことから画家でもある音楽劇団員のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(ジョン・レグイザモ)やオードリー(デビッド・ウェナム)に誘われて、ショーの台本を書くことになる。

しかし、舞台作家オードリーは、クリスチャンとの共同執筆を拒否し劇団を去ってしまう。

ある夜、クリスチャンはキャバレー”ムーラン・ルージュ”で、舞台女優を目指す高級娼婦サティーンと運命の出会いをする。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロンドンからモンマルトルにやって来た青年作家クリスチャンは、愛の物語を書こうとして意欲を燃やす。
画家でもあるロートレックらの劇団員と知り合ったクリスチャンは、キャバレー”ムーラン・ルージュ”の花形、絶世の美女でもある娼婦サティーンと出会う。
サティーンに心奪われたクリスチャンは、パトロンを探していた娼婦に、公爵と間違えられて恋を語られる。
しかしサティーンは、クリスチャンが貧しい作家だと知り、彼を見捨てようとする。
クリスチャンが、新しいショーの台本を書くことになり、再び接近した二人の間に、サティーンを狙うウースター公爵が割って入る。
ムーラン・ルージュ”買収を含めた、恋の泥仕合が始まるのだが、サティーンは自らの死期を知る。
そして、クリスチャンと”ムーラン・ルージュ”のためにサティーンは犠牲になり、公爵に身を寄せるのだが・・・。
__________

北米の興行収入は、前評判ほどの記録を残せなかったものの、全世界では約1億8000万ドルに迫る、まずまずのヒットとなった。

第74回アカデミー賞では、作品賞以下8部門にノミネートされ、美術、衣装デザイン賞を受賞した。
・ノミネート
作品
主演女優(ニコール・キッドマン)
撮影・編集・録音・メイクアップ賞

目まぐるしい場面展開、ファンタジックで鮮やかな色彩感覚、ハイセンスでありモダン、さらにはレトロな雰囲気が絶妙にマッチしたセットや衣装、そして、1世紀前の舞台で歌い踊られる、聞き覚えのある現代のポップ・ナンバーの数々など・・・、バズ・ラーマンの斬新な発想と演出が画面で躍動する。

主人公”サティーン”に襲い掛かる短過ぎる人生と愛の二重の悲劇が、外見的に非の打ち所のない絶世の美女故に、その愛の重さを一層感じさせる。

主人公を演ずるニコール・キッドマンは、華やかな世界に見事に映える完璧な美しさと、吹き替えなしの歌声で熱演する。
そして、この年にトム・クルーズと離婚した彼女は、いよいよハリウッドNo.1女優の地位を築くステップアップを加速させ、本作ではノミネートに終わるものの、翌年の「めぐりあう時間たち」(2002)で、アカデミー主演賞を受賞することになる。

同じく吹き替えなしで、美しく甘い歌声を披露するユアン・マクレガーも、貧しい作家の悲哀を見事に演じ、彼の派手過ぎないキャラクターも、役柄に合っている。

実際に”ムーラン・ルージュ”に入り浸っていたという、画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックを、背が低く見える特殊効果などで愉快に演ずるジョン・レグイザモ、出色の怪演を見せて存在感抜群の”ムーラン・ルージュ”のオーナー、ジム・ブロードベント、公爵リチャード・ロクスバーグ、ステージ出演者のキャロライン・オコナーデオビア・オペアレイ、舞台作家デビッド・ウェナム、緑(アブサン)の妖精カイリー・ミノーグなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020