4240 Movies

モロッコ Morocco (1930)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

ベノ・ヴィグニーの戯曲”Amy Jolly”を基に製作された作品。
不適で女たらしのフランス外人部隊の一兵卒と妖艶なクラブ歌手との恋を描く、監督ジョセフ・フォン・スタンバーグ、主演ゲイリー・クーパーマレーネ・ディートリッヒアドルフ・マンジュー共演のドラマ。


ドラマ(ロマンス)

マレーネ・ディートリッヒ / Marlene Dietrich / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ
製作:ヘクター・ターンブル
原作:ベノ・ヴィグニー/戯曲”Amy Jolly”
脚本: ジュールス・ファースマン

撮影:リー・ガームス
美術:ハンス・ドライヤー
編集:サム・ウィンストン
音楽:カール・ハヨス

出演
トム・ブラウン:ゲイリー・クーパー

アミー・ジョリー:マレーネ・ディートリッヒ
ラ・ベシエール:アドルフ・マンジュー
セザール副官:ウルリッヒ・ハウプト
セザール夫人:イヴ・サザーン
アンナ・ドロレス:ジュリエット・コンプトン
軍曹:フランシス・マクドナルド
クィンノヴィエール大佐:アルバート・コンティ

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1930年製作 92分
公開
北米:1930年11月14日
日本:1931年2月


アカデミー賞 ■
第4回アカデミー賞
・ノミネート
監督
主演女優(マレーネ・ディートリッヒ)
撮影・美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
モロッコ
フランス外人部隊の一兵卒、アメリカ人のトム・ブラウン(ゲイリー・クーパー)は、ある町に到着するなり、女達に色目を使う。

富豪のフランス人紳士ラ・ベシエール(アドルフ・マンジュー)は、モロッコに到着しようとする船上で、思いに耽る様子の女性アミー・ジョリー(マレーネ・ディートリッヒ)を見かける。

アミーに声をかけて名刺を渡したラ・ベシエールだったが、彼女はそれを破り捨ててしまう。

その夜、ナイトクラブに向かったベシエールは、外人部隊の副官で知人のセザール(ウルリッヒ・ハウプト)と、その妻(イヴ・サザーン)に挨拶する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
モロッコ入りしたフランス外人部隊の一兵卒で、アメリカ人のトム・ブラウンは、早速、女達に色目を使う。
同じく現地に着いた富豪のフランス人紳の士ラ・ベシエールは、謎めいた女性アミー・ジョリーに船上で会い心惹かれる。
そんなアミーは、クラブ歌手として男達を魅了し、トムも例外なく彼女の虜になってしまう。
トムは、アミーから密かに部屋の鍵を渡されて彼女の部屋に向かう。
しかし、トムの愛人のセザール夫人がそれに気づき怒りが収まらず、男達を雇い彼の殺害を命ずるものの、トムは難なく男達を叩きのめす。
トムと妻との関係に気づいた部隊副官セザールは、名誉のために妻の名を伏せるよう彼に頼む。
トムはそれに従うのだが、軍法会議の代わりに、セザールと共に前線に向かうことになる。
それをアミーに伝えたトムは、二人で逃亡することも考えるが、彼女がラ・ベシエールに見初められたことを知り、部隊に戻り出撃する。
その後ラ・ベシエールは、塞ぎ込むアミーに優しく語りかけ屋敷に迎えていた。
そんな時アミーは、トムの帰還の知らせを受けるのだが・・・。
__________

トーキー映画初期の名作であることは言うまでもなく、日本でも翌1931年に公開され、初めて日本語字幕が付けられた作品でもある。

1930年代初頭の、当時の時代背景を頭に入れながら観ると、その作風に驚嘆し、正に傑作に値する作品と言える。

エキゾチックな雰囲気の中で登場する、周囲の女性達とは、異質の美を感じさせるマレーネ・ディートリッヒの魅力、その彼女が、自慢の脚線美を見せて男達を悩殺する姿など、ジョセフ・フォン・スタンバーグの、”女性の美”を追求して意識させる描写が印象的だ。

映画史上に残る、余りにも有名なラストシーンで、白い砂に、ハイヒールを脱ぎ捨てる素足のアップで、ヒロインの、主人公に対する愛の深さを伝える演出なども秀逸だ。

1992年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第4回アカデミー賞では、監督、主演女優(マレーネ・ディートリッヒ)、撮影、美術賞にノミネートされた。

主演の若きゲイリー・クーパーは、ややぎこちない演技ではあるが、本作によって大スターの道を歩み始め、その後の彼の演じるヒーロー的なキャラクターと比べてみると興味深く、初々しい姿も実に新鮮だ。

そのゲイリー・クーパーがファーストクレジットではあるが、彼と同じ年には思えない、妖艶な魅力で、ドラマを支配するマレーネ・ディートリッヒの美しさは際立ち、初めてクラブのステージに立つシーンは圧巻だ。

主人公二人の関係を冷静に見守る、思慮深い富豪紳士アドルフ・マンジュー、主人公に妻を奪われる部隊副官役のウルリッヒ・ハウプト、その妻イヴ・サザーンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020