4158 Movies

007/ムーンレイカー Moonraker (1979)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

007シリーズ第11作。
1955年に発表された、イアン・フレミング原作のシリーズ第3作”Moonraker”を基に製作された作品。

宇宙で選ばれた人間だけの新たな世界を創ろうとする大富豪の地球滅亡計画を阻止しようとするMI6諜報員ジェームズ・ボンドの活躍を描く、製作アルバート・R・ブロッコリ、監督ルイス・ギルバートロジャー・ムーアマイケル・ロンズデールロイス・チャイルズ他共演のスパイ・アクション。


007
007 / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ルイス・ギルバート

製作総指揮:マイケル・G・ウィルソン
製作:アルバート・R・ブロッコリ
原作:イアン・フレミングMoonraker
脚本
クリストファー・ウッド

リチャード・メイボーム
撮影:ジャン・トゥルニエ
編集:ジョン・グレン
視覚効果:デレク・メディングス
メインタイトル・デザイン:モーリス・ビンダー
音楽
ジョン・バリー

モンティ・ノーマン:ジェームズ・ボンドのテーマ
主題歌:シャーリー・バッシー
Moonraker

出演
ジェームズ・ボンド:ロジャー・ムーア

サー・ヒューゴ・ドラックス:マイケル・ロンズデール
ホリー・グッドヘッド博士:ロイス・チャイルズ
ジョーズ:リチャード・キール
ドリー:ブランシュ・ラヴェレック
コリンヌ・ダフォー:コリンヌ・クレリー
チャン:トシロー・スガ
マニュエラ:エミリー・ボルトン
M:バーナード・リー
Q:デスモンド・リュウェリン
マネーペニー:ロイス・マクスウェル
アナトール・ゴゴール将軍:ウォルター・ゴテル
フレデリック・グレイ国防相:ジョフリー・キーン

イギリス/フランス 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1979年製作 126分
公開
イギリス:1979年6月26日
北米:1979年6月29日
日本:1979年12月8日
製作費 $34,000,000
北米興行収入 $70,308,100
世界 $210,308,100


アカデミー賞
第52回アカデミー賞

・ノミネート
視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー

イギリスへ空輸中のスペース・シャトル“ムーンレイカー”が、何者かに奪われてしまう。

イギリス諜報員ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)は、アフリカで活動中に航空機から突き落とされてしまう。

何とか敵からパラシュートを奪ったボンドだったが、殺し屋ジョーズが襲い掛かってくる。

ボンドは、パラシュートを開いてジョーズから逃れ、ジョーズは、サーカスのテントに落下してしまう。

ロンドンMI6本部。
ボンドは、M(バーナード・リー)、Q(デスモンド・リュウェリン)そしてフレデリック・グレイ国防大臣(ジョフリー・キーン)の元に向かう。

ボンドは、ムーンレイカーが消息を絶ったことを知らされ、アメリカに自ら宇宙基地を建設し、NASAと共同でムーンレイカーを開発した人物、サー・ヒューゴ・ドラックス(マイケル・ロンズデール)の身辺を探る命令を受ける。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
イギリスへ空輸中の、スペース・シャトル“ムーンレイカー”が、何者かに奪われてしまう。
諜報員ジェームズ・ボンドは、上司Mとグレイ国防相からそれを知らされる。
アメリカに自ら宇宙基地を建設して、NASAと共同でムーンレイカーを開発した人物ドラックスの身辺を探る命令を受けたボンドは、Qから装備兵器を渡されて、カリフォルニアへ向かう。
現地に到着し、ヘリコプター・パイロットのコリンヌの出迎えを受けたボンドは、ドラックスの大邸宅に向かう。
ドラックスと対面したボンドは、基地内の施設を視察し、NASAから派遣されている科学者兼宇宙飛行士ホリー・グッドヘッドと出会う。
その後ボンドは、ドラックスの書斎に侵入して資料の情報を入手し、彼に命を狙われるもののそれを逃れ、手がかりを掴みベニスにむかうのだが・・・。
__________

前作の「私を愛したスパイ」(1977)のエンドロールには、「ユア・アイズ・オンリー」(1981)と、次回作が予告されたのだが、「スターウォーズ」(1977)ブームが沸き起こり、スペースシャトルの初飛行(1981年4月12日)も迫ったために、急遽、本作が製作され。

そして、前作の2倍以上の製作費3400万ドルをかけた超大作となった本作は、シリーズ初となる、世界興行で2億ドルを超す大ヒットとなった。

北米興行収入 $70,308,100

第52回アカデミー賞では、視覚効果賞にノミネートされた。

ボンドがついに宇宙に飛び立つストーリーが話題になったが、宇宙飛行をあまりにも単純に描き過ぎたのには批判も出た。
しかし、上記のようにシャトル打ち上げも迫り、宇宙旅行を身近に感じさせる意味では、多くの支持も受けた。

前作に続くルイス・ギルバート監督作品で、相変わらず、彼らしい”荒唐無稽”な大スペクタクル作品でもある。

また、ヒットすれば何でもありというエスカレートし過ぎた内容にも批判が集まり、次回作「ユア・アイズ・オンリー」(1981)では一転、本来のスパイ劇が復活し、それでも本作に迫る興行収入を上げたのだから皮肉な話だ。

主題歌”Moonraker”は、「ゴールドフィンガー」(1964)、「ダイヤモンドは永遠に」(1971)に続き3度目となるシャーリー・バッシーが歌っている。

主演のロジャー・ムーアは50歳を過ぎ、体を張ったアクションは減ってきたものの、表情や仕草に円熟味が増してきたように感じる。

どうも「ジャッカルの日」(1973)の犯人を追い詰める警官役が印象に残り、悪者に思えないマイケル・ロンズデールは、凄みに欠けるものの無難に役をこなしている。

美しい、NASAの科学者兼CIAの情報員ロイス・チャイルズ、裏切り者とみなされ呆気なく殺されてしまうコリンヌ・クレリー、次回作前に亡くなり、本作が遺作となった、シリーズの顔Mのバーナード・リー、秘密兵器調達の他、薬物分析も任されるQのデスモンド・リュウェリン、本作でも前作同様にロングショットでしか登場しない、マネーペニー役ロイス・マクスウェルKGB長官、お馴染みゴゴール将軍のウォルター・ゴテル、国防相ジョフリー・キーン、そして、シリーズ初となる、同人物の殺し屋として2作連続出演のリチャード・キールと、その恋人ブランシュ・ラヴェレック、また、剣道着姿でボンドに襲い掛かったりする”意味不明”な殺し屋トシロー・スガも登場する。

ジョーズと恋人の物語は”フランケンシュタイン”のパロディだ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020