4183 Movies

ジャッカルの日 The Day of the Jackal (1973)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1971年に発表された、フレデリック・フォーサイスの小説”ジャッカルの日”を基に製作された作品。
フランスの極右地下組織”OAS”からシャルル・ド・ゴール大統領暗殺を依頼された謎の殺し屋”ジャッカル”の計画遂行と、それを阻止しようとする当局の攻防を描く、監督フレッド・ジンネマン、主演エドワード・フォックスマイケル・ロンズデールデルフィーヌ・セイリグデレク・ジャコビ他共演によるサスペンスの傑作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:フレッド・ジンネマン

製作:ジョン・ウォルフ
原作:フレデリック・フォーサイスジャッカルの日
脚本:ケネス・ロス

撮影:ジャン・トゥルニエ
編集:ラルフ・ケンプレン
音楽:ジョルジュ・ドルリュー

出演
ジャッカル:エドワード・フォックス

クロード・ルベル警視:マイケル・ロンズデール
モンペリエ男爵夫人:デルフィーヌ・セイリグ
内務大臣:アラン・バデル
コルベール将軍:モーリス・デナム
ローラン大佐:ミシェル・オークレール
ドニース:オルガ・ジョルジュ=ピコ
キャロン:デレク・ジャコビ
ブライアン・トーマス警視:トニー・ブリットン
サンクレール:バリー・インガム
ベルティエ警視総監:ティモシー・ウェスト
マリンソン:ドナルド・シンデン
バリー・ロイド:テレンス・アレキサンダー
連絡員ヴァルミ:ヴァーノン・ドブチェフ
ゴッツィ”ガンスミス”:シリル・キューザック
ロダン大佐:エリック・ポーター
偽造屋:ロナルド・ピックアップ
シャルル・ド・ゴール大統領:アドリアン・カイラ=ルグラン
ヴィクター・ウォレンスキー:ジャン・マルタン
ジャン=マリー・バスチャン=チリージャン・ソレル
尋問官:ヴァーノン・ドブチェフ
警官:フィリップ・レオタール
チャールズ・ハロルド・カルスロップ:エドワード・ハードウィック

イギリス/フランス 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

1973年製作 142分
公開
イギリス:1973年6月
フランス:1973年9月14日
北米:1973年7月30日
日本:1973年9月15日
世界 $16,056,260


アカデミー賞
第46回アカデミー賞

・ノミネート
編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1962年8月、フランス
アルジェリアの独立を認めた大統領シャルル・ド・ゴールは、軍部や右翼過激派の恨みを買った。

8月26日、ペティ・クラマール郊外。
極右地下組織”OAS”(秘密軍事組織)は、閣議を終えて大統領官邸エリゼ宮殿を出たド・ゴールアドリアン・カイラ=ルグラン)と夫人を乗せた車(シトロエン・DS)を襲撃する。

武装した組織メンバーの銃撃を奇跡的に逃れたド・ゴールは、予定通り郊外の空港に到着する。

6ヵ月後。
犯人らは捕らえられ、主犯のジャン=マリー・バスチャン=チリージャン・ソレル)は死刑を宣告されて、1963年3月11日に銃殺刑となる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1963年、フランス
アルジェリアの独立を認めたシャルル・ド・ゴール大統領は、軍や極右地下組織”OAS”の恨みを買う。
ド・ゴール暗殺に失敗したOASのロダン大佐は、イギリス人の謎の殺し屋”ジャッカル”を大金で雇う。
単独で行動を始めたジャッカルは、偽造パスポート類や変装、そして、組み立て式の軽量狙撃銃の準備をする。
一方、フランス当局はOASの動きを監視し続け、コードネーム”ジャッカル”という殺し屋が雇われたことを知る。
内務大臣は最高の刑事を担当させるよう警視総監に命じ、クロード・ルベル警視が捜査の全権を任される。
ジェノヴァでの準備を終えたジャッカルは、完璧な準備を整えてフランスに入国するのだが・・・。
__________

数々の名画を手掛け、監督賞をはじめ4個のアカデミー賞受賞歴のあるフレッド・ジンネマンの作品。
フレッド・ジンネマンが得意とする社会性のある物語を、緊迫感溢れる映像で見せる超一級のサスペンスとして、非常に評価の高い作品。

オーストリア出身のフレッド・ジンネマンは、晩年、ヨーロッパイギリスを拠点にしていた。

フランス大統領シャルル・ド・ゴール暗殺計画を、ドキュメンタリーのように描くリアリズムも追及した作品。
事実を照らし合わせれば、暗殺は成功しないことは分かるのだが、殺し屋”ジャッカル”の緻密な計画の描写や、パリ市全面協力のロケなどと共に、クライマックスまでの緊迫感は、他に類を見ないほどの素晴らしい仕上がりとなっている。

緊張感溢れる場面が続く中で、イギリス人気質などを伝えるユーモアなども盛り込まれた、心憎い演出も注目したい。

少々極端だが、名優シドニー・ポワチエの好演は評価できるが、原作とはかけ離れた内容の、1997年に公開された「ジャッカル」が駄作に思えるほどだ。

第46回アカデミー賞では、編集賞にノミネートされた。

数か月前に小学校を卒業したばかりの自分だったが、公開当時、本作に魅了され、映画の世界にのめり込むきっかけになった作品でもある。

小柄ではあるが、清潔感溢れる知的な紳士、殆どの場面でアスコットタイを巻きスタイルにこだわり、そして、動きに無駄がなく全く隙のない主人公の殺し屋”ジャッカル”を華麗に演じたエドワード・フォックスは、キャリア最高の熱演を見せる。

温厚ではあるが行動力もある、執念の捜査を続ける警視マイケル・ロンズデール、その助手で、公開当時、妙に表情が印象に残り、数十年後の現在は、イギリスを代表する役者となったデレク・ジャコビ、主人公に命を奪われる男爵夫人デルフィーヌ・セイリグ、内務大臣のアラン・バデル、当局の将軍モーリス・デナム、その部下の大佐ミシェル・オークレールOASのスパイ、オルガ・ジョルジュ=ピコに情報を漏らしてしまう大統領官邸の役人バリー・インガムイギリス側での捜査を担当する警視役トニー・ブリットン、上司のドナルド・シンデン、外務部長のテレンス・アレキサンダーフランスの警視総監ティモシー・ウェストOASのリーダー、エリック・ポーター、当局に捕らえられ拷問される副官役のジャン・マルタンOASの連絡員のヴァーノン・ドブチェフガンスミスシリル・キューザックド・ゴール暗殺事件の主犯ジャン=マリー・バスチャン=チリージャン・ソレルフランス当局の尋問官ヴァーノン・ドブチェフ、偽造屋のロナルド・ピックアップ、クライマックスで主人公に殺される警官フィリップ・レオタール、そして、シャルル・ド・ゴール大統領役アドリアン・カイラ=ルグラン、犯人に間違えられるエドワード・ハードウィックなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020