4240 Movies

デンジャラス・ビューティー2 Miss Congeniality 2: Armed and Fabulous (2005)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2000年に公開されてヒットした「デンジャラス・ビューティー」の続編。
FBIでありながらミス・コンテストに参加したため有名人になってしまった捜査官が、友人であるミスと大会ホストの誘拐事件を知り、いがみ合う同僚と共に事件解決に挑む姿を描く、監督ジョン・パスキン、製作、主演サンドラ・ブロックレジーナ・キングウィリアム・シャトナーアーニー・ハドソン他共演のコメディ。


コメディ

サンドラ・ブロック / Sandra Bullock 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・パスキン
製作
サンドラ・ブロック

マーク・ローレンス
製作総指揮
ブルース・バーマン

メアリー・マクラグレン
脚本:マーク・ローレンス

撮影:ピーター・メンジースJr.
編集:ガース・クレーヴン
音楽:ジョン・ヴァン・トンジェレン

出演
グレイシー・ハート:サンドラ・ブロック

サム・フラー:レジーナ・キング
スタン・フィールズ:ウィリアム・シャトナー
シェリル・フレイジャー:ヘザー・バーンズ
ハリー・マクドナルド:アーニー・ハドソン
ジョエル・マイヤーズ:ディードリック・ベーダー
ジェフ・フォアマン:エンリケ・ムルシアーノ
ウォルター・コリンズ:トリート・ウィリアムズ
ルー・スティール:アブラハム・ベンルービ
カール・スティール:ニック・オファーマン
キャロル・フィールズ:アイリーン・ブレナン
トム・アバナシー:スティーヴン・トボロウスキー
ジャネット・マッカーラン:エリザベス・ローム
サイン会のオクタヴィア:オクタヴィア・スペンサー
本人:ドリー・パートン
本人:レジス・フィルビン
本人:ジョイ・フィルビン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2005年製作 115分
公開
北米:2005年3月24日
日本:2005年5月21日
製作費 $45,000,000
北米興行収入 $48,478,010
世界 $101,393,570


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
FBI捜査官グレイシー・ハート(サンドラ・ブロック)は、上司ハリー・マクドナルド(アーニー・ハドソン)の指揮で銀行襲撃に備え現場に向かう。

ところが、銀行内の客が有名人になってしまっていたハートに気づき、彼女がFBIだということがその場にいた者達に知られ、犯人は銃を構える。

隙を見たハートは犯人に襲いかかって銃を奪い、同僚達の援護を受けてその場を鎮める。

ファンから手紙やプレゼントまで届くようになったハートは、長官から”FBIの顔”となる任務が言い渡されたため、考慮するようマクドナルドから言われる。

その後ハートは、同僚でもある恋人のエリックから、別れ話を切り出されてショックを受ける。

気落ちして贈られたチョコレートを自棄食いしようとしたハートは、幼い子供からのファン・レターに励まされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
FBI捜査官グレイシー・ハートは、ミス・コンテストに参加してしまったために有名人となり、まともに捜査ができなくなってしまう。
上司マクドナルドから、”FBIの顔”として広報活動を命ぜられたハートは、スタイリストのジョエルの協力で女を磨くことになる。
10か月後、洗練された女性となり著書も発表されたハートだったが、友人の”ミス・ユナイテッド・ステイツ”シェリルと大会ホストのフィールズが誘拐されたことを知る。
マクドナルドは、ハートをラスベガスに派遣して事件を任せるのだが、彼女は自分を敵視する同僚フラーを護衛につけることを命ぜられてしまう・・・。
__________

前作「デンジャラス・ビューティー」(2000)のヒットにより期待されて製作された続編だが、興行的には半減してしまった。北米興行収入 $48,478,006
世界 $101,393,569

主人公はもちろん、前作の登場人物も何人か顔を揃え、新たなキャラクターを加えた内容はまずまず楽しめるが、ジョン・パスキンの演出に今一、切れがない。

主人公と同僚との相容れない関係、激しい対立が中盤まで続くのだが、敵視し合う二人の駆け引きが、実力派同士の演技にしてはどうもギクシャクして見える。
対立する二人の演技は、格闘場面の指導不足か、それを徹底させるはずのハリウッド作品にしては、役者として息が合っていないようにも見える。

40歳を過ぎたとはいえ、結構若々しいサンドラ・ブロックは魅力的であり、セレブの顔と身近な存在を使い分ける独特の表情も実にいい。

対する小柄ながらパワー全開の捜査官レジーナ・キング、誘拐されるミス・コンテストのホスト、ウィリアム・シャトナー、ミスのヘザー・バーンズ、主人公の上司アーニー・ハドソン、主主人公のスタイリスト、ディードリック・ベーダー、主人公達に協力する捜査官エンリケ・ムルシアーノ、その上司トリート・ウィリアムズ、誘拐犯人の兄弟アブラハム・ベンルービニック・オファーマン、実際はウィリアム・シャトナーより年下である彼の母親役アイリーン・ブレナン、リムジン・ドライバーのスティーヴン・トボロウスキー、捜査官エリザベス・ローム、サイン会場の女性オクタヴィア・スペンサー、そして本人役でドリー・パートンレジス・フィルビンジョイ・フィルビンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020