4236 Movies

パリで一緒に Paris When It Sizzles (1964)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ジュリアン・デュヴィヴィエ監督による、1952年のフランス映画”La Fete a Henriette”のリメイク。
人気脚本家と彼に雇われたタイピストが、苦労しながら脚本を書き上げるうちに芽生える恋を描く、製作、監督リチャード・クワイン、主演ウィリアム・ホールデンオードリー・ヘプバーンノエル・カワードトニー・カーティスマレーネ・ディートリッヒメル・ファーラー他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ

オードリー・ヘプバーン / Audrey Hepburn 作品一覧
オードリー・ヘプバーン / Audrey Hepburn / Pinterest
マレーネ・ディートリッヒ / Marlene Dietrich / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:リチャード・クワイン
製作
リチャード・クワイン

ジョージ・アクセルロッド
原作
ジュリアン・デュヴィヴィエ

アンリ・ジャンソン
脚本:ジョージ・アクセルロッド
撮影:チャールズ・B・ラング
編集:アーチー・マーシェク
音楽:ネルソン・リドル

出演
リチャード・ベンソン/リック:ウィリアム・ホールデン

ガブリエル・シンプソン/ギャビー:オードリー・ヘプバーン
アレキサンダー・マイヤハイム:ノエル・カワード
モーリス/フィリップ:トニー・カーティス
ジレー警視:グレワール・アスラン
本人:マレーネ・ディートリッヒ
ジキルとハイド:メル・ファーラー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1964年製作 108分
公開
北米:1964年4月8日
日本:1964年5月30日
製作費 $4,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
パリ
脚本家リチャード・ベンソン(ウィリアム・ホールデン)の元に、タイピストのガブリエル・シンプソン(オードリー・ヘプバーン)が現れる。

映画プロデューサーのアレキサンダー・マイヤハイム(ノエル・カワード)から依頼された脚本の締め切りが、彼がカンヌから帰る2日後に迫っていた。

ガブリエルは、今の時点でベンソンに構想が殆どないのを知り驚いてしまう。

そしてベンソンは、いつものことだと言ってストーリーを語り始め、ガブリエルにタイプを打たせる。

しかし、良いアイデアが浮かばないベンソンは、ガブリエルの”パリ祭”のデートの予定をヒントに、フランク・シナトラの歌をバックにした、作品のオープニング・シーンを思い浮かべる。
__________

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
パリ
人気脚本家チャード・ベンソンは、プロデューサーのマイヤハイムから依頼された、新作の脚本の締め切りが迫っていた。
そんなベンソンに雇われたタイピストのガブリエル・シンプソンは、彼にアイデアを与え、二人は共同で脚本を書き始める。
単純な恋物語から始まったストーリーは、泥棒やスパイが登場するサスペンスに発展していく。
その間ガブリエルは、ストーリーの主人公に自分達を投影し、次第にベンソンに惹かれていく・・・。
__________

人気、実力共に当時のハリウッドを代表している二人ウィリアム・ホールデンオードリー・ヘプバーンの共演が話題になった作品。

一ひねりも二ひねりもされている奇抜なアイデア、パリを舞台にした洒落たムードの作品だが、主演の二人の魅力以外はリチャード・クワインの演出も単調で、物語自体にあまり面白味もない。

とは言え、ジバンシィの衣装を思う存分に着こなす撮影当時33歳のオードリー・ヘプバーンの美しさと、飾り気のないウィリアム・ホールデンの変幻自在の演技はまずまず楽しむことが出来る作品。

また、脇役ながら印象に残るトニー・カーティス、作品のバックで流れるフランク・シナトラフレッド・アステアの歌、そしてわずかな出演のマレーネ・ディートリッヒ、更には、当時のヘプバーンの夫メル・ファーラーが、仮装パーティーでジキルとハイドに扮し登場するという豪華な作品でもある。

主人公に新作脚本を依頼する映画プロデューサーのノエル・カワード、脚本の中で主人公を追うことになるインターポールの警視役グレワール・アスランなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020