That's Movie Talk!     4071 Movies

ザ・シークレットマン Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House (2017) 3.47/5 (36)

  •  
  • 8
  • 2
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ウォーターゲート事件”のマスコミへの情報提供者”ディープ・スロート”であるFBI副長官マーク・フェルトの国家権力との戦いを描く、製作リドリー・スコット、製作、監督、脚本ピーター・ランデズマン、主演リーアム・ニーソンダイアン・レインマートン・チョーカシュトニー・ゴールドウィンアイク・バリンホルツジョシュ・ルーカストム・サイズモアブルース・グリーンウッドマイカ・モンローエディ・マーサン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ピーター・ランデズマン
製作
リドリー・スコット
ジャンニーナ・ファシオ
マーク・バタン
アンソニー・カタガス
ピーター・ランデズマン
スティーヴ・リチャーズ
ジェイ・ローチ
製作総指揮
イェール・バディック
コリン・ウィルソン
ピーター・グーバー
ジェフリー・ヴィニク
ニック・バウアー
ディーパック・ネイヤー
マイケル・シェイファー
原作
マーク・フェルト
ジョン・D・オコナー
脚本:ピーター・ランデズマン
撮影:アダム・キンメル
編集:タリク・アンウォー
音楽:ダニエル・ペンバートン

出演
マーク・フェルトリーアム・ニーソン
オードリー・フェルト:ダイアン・レイン
L・パトリック・グレイマートン・チョーカシュ
エド・ミラートニー・ゴールドウィン
アンジェロ・ラノアイク・バリンホルツ
チャーリー・ベイツ:ジョシュ・ルーカス
サンディ・スミス:ブルース・グリーンウッド
ジョン・ディーンマイケル・C・ホール
ビル・サリバントム・サイズモア
ロバート・カンケル:ブライアン・ダーシー・ジェームズ
CIA局員:エディ・マーサン
キャロル・ツシューディ:ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ
ジョーン・フェルト:マイカ・モンロー
パット・ミラー:ケイト・ウォルシュ
ボブ・ウッドワードジュリアン・モリス
スタン・ポッティンガー:ノア・ワイリー

アメリカ 映画
配給 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
2017年製作 103分
公開
北米:2017年9月29日
日本:2018年2月24日
北米興行収入 $768,950
世界 $4,372,100


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー

1972年4月11日、大統領選挙203日前

ホワイトハウス、内政担当補佐官室。
FBI副長官マーク・フェルトリーアム・ニーソン)は、ジョン・ディーン大統領法律顧問(マイケル・C・ホール)に呼ばれる。

40年間FBIに君臨し続けるフーバー長官の退任について相談を受けたフェルトは、あらゆる情報が収集してあることをディーンらに伝えて牽制する。

帰宅したフェルトは、訪ねて来ていた部下のエド・ミラー捜査官(トニー・ゴールドウィン)と妻パット(ケイト・ウォルシュ)を歓迎し、妻のオードリー(ケイト・ウォルシュ)と共に楽しい時間を過ごす。

大統領選挙178日前

部下のチャーリー・ベイツ捜査官(ジョシュ・ルーカス)からフーバー長官が亡くなったことを知らされたフェルトは、機密資料の処分を命ずる。

現れた司法次官のL・パトリック・グレイマートン・チョーカシュ)を迎えたフェルトらは、フーバーの公的資料の提供を求められるものの、存在しないことを伝える。

次期長官と噂されているフェルトは、長官室で椅子に腰かける。

フーバーの葬儀は行われ、フーバーと対立してFBIを去ったビル・サリバントム・サイズモア)から声をかけられたフェルトは、”ご主人様”はいなくなったと嫌味を言われる。

その後、クラインディースト司法長官からの電話を受けたフェルトは、長官の後任に代理としてグレイが任命されたことを知らされショックを受ける。

未経験者のグレイに率直に意見したフェルトは、協力はするが、それは組織活動と国のためであり、FBIを優先する限り自分は味方であることを伝えて長官室に案内する。

帰宅したフェルトは、30年間、共にFBIのために尽くしたものの報われなかったことで失望するオードリーから辞職を提案される。

フェルトは、正式な長官が就任したら辞めると答える。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1972年、ワシントンD.C.
ウォーターゲート事件”の捜査を開始していたFBI副長官マーク・フェルトは、長官代理のL・パトリック・グレイホワイトハウス側の圧力の中で、独自に情報収集を進めていた。
政府は事件への関与を否定し、捜査終了の声明を発表するものの、腐敗した者が国家を動かしていることに納得がいかないフェルトは、部下と共に捜査を続行する。
その後フェルトは、自らマスコミへの情報提供者となり、国家権力に立ち向かうのだが・・・。
__________

脚本家として知られるピーター・ランデズマンが、製作も兼ねて監督した意欲作であり、リドリー・スコットジャンニーナ・ファシオ夫妻も製作に参加している。

2005年5月31日、雑誌”バニティ・フェア”の掲載記事をきっかけにして、”ウォーターゲート事件”の情報提供者”ディープ・スロート”であることを明かした、当時のFBI副長官マーク・フェルトの国家権力との戦いを描くドラマ。

様々な圧力を受けながら、”ウォーターゲート事件”の取材を続けた”ワシントン・ポスト”の報道を描く、「大統領の陰謀」(1976)を参考にして鑑賞することをお勧めします。
本作は、アメリカ建国以来、最大と言っていい事件の捜査を描く物語であるため、それなりの身構えで鑑賞するものの、当時の事件報道の様子を淡々と描きつつ、その重要性を追求して克明に描写した「大統領の陰謀」に遠く及ばない内容に終わったのは残念だ。

アメリカの事件報道史上に残る大スクープと言える”ディープ・スロート”を扱った題材、豪華スター競演の注目作にも拘らず、わずか5館の上映館数から拡大公開もされず、批評家、一般共に評価も低く商業的には成功しなかった作品。

主演のリーアム・ニーソンは、身の危険を顧みず国家権力の腐敗に立ち向かった、当時のFBI副長官マーク・フェルトを深く演じている。

情緒不安定気味の主人公の妻を演ずるダイアン・レイン、主人公と対立するFBI長官代理L・パトリック・グレイマートン・チョーカシュ、主人公の部下であるFBI捜査官エド・ミラートニー・ゴールドウィンアンジェロ・ラノ捜査官のアイク・バリンホルツ、同じく捜査官のジョシュ・ルーカスブライアン・ダーシー・ジェームズ、主人公から情報を提供される”TIME”の記者ブルース・グリーンウッド、主人公の捜査を妨害する大統領法律顧問ジョン・ディーンマイケル・C・ホール、主人公と対立する元FBI捜査官ビル・サリバントム・サイズモア、主人公に情報を提供するCIA局員のエディ・マーサン、主人公の秘書ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ、主人公の娘マイカ・モンローエド・ミラーの妻ケイト・ウォルシュ、主人公から情報を提供される”ワシントン・ポスト”の記者ボブ・ウッドワードジュリアン・モリス、検事のノア・ワイリーなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up