4297 Movies

アラン Man of Aran (1934)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

厳しい自然の中で生きる、アイルランド自由国アラン諸島の人々の日常生活を描く、監督、脚本、撮影ロバート・J・フラハティによるフィクショナル・ドキュメンタリー。


ドキュメンタリー


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・J・フラハティ
製作:マイケル・バルコン
脚本:ロバート・J・フラハティ
撮影:ロバート・J・フラハティ
編集:ジョン・ゴールドマン
音楽:ジョン・D・H・グリーンウッド

出演
アランの男:コールマン”タイガー”キング
妻:マギー・ディーレン
息子:マイケル・ディーレン

アイルランド自由国 映画
配給 ゴーモン・ブリティッシュ
1934年製作 78分
公開
アイルランド自由国:1934年5月6日
北米:1934年10月18日
日本:1935年3月


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アイルランド自由国アラン諸島
土壌がない岩だけの島で、人々は逞しく生きていた。

アランの男(コールマン”タイガー”キング)の息子(マイケル・ディーレン)は、岩場でカニを獲る。

家に帰る途中で母(マギー・ディーレン)に出くわした息子は、荒れる海から戻る父ら三人が乗るボートが岩場に着く場所に向い手伝う。

男達は、船底に穴の開いたボートを運ぶ。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
アイルランド自由国アラン諸島
土壌がない岩だけの島で、人々は逞しく生きていた。
人々は、生命を支えるジャガイモを栽培するため、砕いた岩と海草を用意し、その上に岩の割れ目の底に溜まった土を敷き詰める。
やがて、ウバザメの大群が現れ、人々は、長い冬の夜を過ごすランプを灯す油を採取するため、大群で現れたウバザメを捕獲しようとする。
ウバザメと海で格闘する男達は、ようやく捕えた獲物の肝臓を煮て油を採るのだった・・・。
__________

”ドキュメンタリー”の生みの親と言われるロバート・J・フラハティが監督、脚本、撮影を担当する作品で、過酷な条件下で暮らす人々の日常生活を描く作品。

出演者はアラン諸島の住人であり、その生活を映し出す紛れもないドキュメンタリーなのだが、ある家族の日常にスポットを当てた、ドラマ・タッチの作品に仕上げられている。

文明とはかけ離れた生活を送る人々の生活を、半ば同情するような気持で観始めたのだが、日々を生きるために、決められたことをこなしていく人々には、苦しみの表情などは見られない。

生きるための知恵、人間の本質、その逞しい姿がストレートに伝わってくる、力強い内容は感動的である。

また、荒れ狂う海と岸壁に打ち寄せる波の凄まじさなどは、現在のコンピューター技術を駆使したアクション映画などとは比べものにならない。
それを遥かに上回る本物の迫力映像は必見だ。

主人公になる一家は、夫コールマン”タイガー”キング、その妻マギー・ディーレン、息子マイケル・ディーレンが演じている。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020