4134 Movies

ロンゲスト・ヤード The Longest Yard (2005)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1974年に公開された監督ロバート・アルドリッチ、主演バート・レイノルズによる痛快作「ロンゲスト・ヤード」のリメイク。
刑務所に入れられた元NFLプレイヤーの、囚人チーム率いた看守チームとの戦いを描く、監督ピーター・シーガル、主演アダム・サンドラークリス・ロックバート・レイノルズジェームズ・クロムウェルウィリアム・フィクナー他共演のスポーツ・ドラマ。


ドラマ(スポーツ)


スタッフ キャスト ■
監督:ピーター・シーガル
製作:ジャック・ジャラプト
原案:アルバート・S・ラディThe Longest Yard
製作総指揮
アダム・サンドラー

アルバート・S・ラディ
ヴァン・トフラー
バリー・ベルナルディ
アレン・コヴァート

マイケル・ユーイング
デヴィッド・ゲイル
ティム・ハーリヒー

脚本:シェルドン・ターナー
撮影:ディーン・セムラー
編集:ジェフ・ゴーソン
音楽:テディ・カステルッチ

出演
ポール”レッキング”クルー:アダム・サンドラー

ジェームズ”ケアテイカー”ファーレル:クリス・ロック
ネイト・スカーボロー:バート・レイノルズ
ルドルフ・ヘイズン所長:ジェームズ・クロムウェル
ブライアン・クナウアー:ウィリアム・フィクナー
アール・メゲット:ネリー
“チーズバーガー”エディ:テリー・クルーズ
ディーコン・モス:マイケル・アーヴィン
ジョーイ”バトル”バタグリオ:ビル・ゴールドバーグ
スウィトウスキー:ボブ・サップ
ブルーシー:ニコラス・タトゥーロ
ターリー:ダリップ・シン
アンソニー”ビッグ・トニー”コビアンコ:ジョーイ・ディアズ
トーレス:ロボ・セバスチャン
パンキー:ロブ・シュナイダー

アンガー:デヴィッド・パトリック・ケリー
ミス・タッカー:トレイシー・モーガン
ドク”スキッチー”リヴァース:エドワード・バンカー
ダナム看守:スティーヴ・オースチン
ガーナー看守:ブライアン・ボズワース
エングルハート看守:ケヴィン・ナッシュ
リネット・グレイ:クロリス・リーチマン
ドゥエイン:エド・ローター
リナ:コートニー・コックス

アメリカ 映画
配給
コロンビア・ピクチャーズ(世界)
パラマウント・ピクチャーズ(北米)
2005年製作 113分
公開
北米:2005年5月27日
日本:2006年4月29日
製作費 $82,000,000
北米興行収入 $158,119,460
世界 $190,320,570


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
テキサス州。
八百長疑惑で追放された元NFLプレイヤー、ポール・クルー(アダム・サンドラー)は、恋人のリナ(コートニー・コックス)のパーティーで、部屋に閉じこもっていたため彼女に非難される。

クローゼットにリナを閉じ込めたクルーは、彼女の”ベントレー”に乗り飲酒運転のままパトカーに止められる。

盗難車だと指摘する警官をからかったクルーは、バックしてパトカーに衝突して暴走を始め、その様子はニュースで報道される。

リナからの電話を受けたクルーは、車を傷つけるなという彼女の警告を無視する。

クルーが急ブレーキで停車したため、複数のパトカーが”ベントレー”に衝突する。

逮捕されたクルーは刑務所に移送され、看守長ブライアン・クナウアー(ウィリアム・フィクナー)に迎えられたクルーは、看守のフットボール・チームがあることを知らされる。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

テキサス州。
八百長疑惑で追放された元NFLプレイヤー、ポール・クルーは、恋人リナの車でパトカーとカーチェイスを繰り広げ、逮捕されて刑務所に移送される。
フットボールの看守チームを率いる看守長クナウアーから、チーム強化のための所長ヘイズンからの協力要請に応じないようにと、クルーは忠告される。
指示に従わせようとするクナウワーに痛めつけられたクルーは、囚人達からも罵られるが、調達屋のケアテイカーと親しくなる。
このままではまともに暮らせないと考えたクルーは、クナウワーに手出しをさせない条件で、ヘイズンに協力することを伝える。
看守チームの調整試合を提案したクルーは、対戦相手の囚人チームを率いることになり、ケアテイカーの手を借りてメンバーを集め始めるのだが・・・。
__________

1974年公開の旧作「ロンゲスト・ヤード」をリアルタイムで観た者にとっては非常に興味深く、また、懐かしく思える作品。

設定などはほとんど同じで、旧作の登場人物をミックスさせているような囚人チームのキャラクターを作りに工夫が見られる。

アメリカ映画の最も得意とする分野と言ってもいい作品で、プロレスラーやフットボーラーらの、巨体同士の肉弾戦などは迫力満点だ。

しかし、旧作の盛り上がりには遠く及ばないところもあり、クライマックスの試合の場面の演出も今一だ。

本作しか観ていない方には十分に楽しめる内容ではあり、男臭さとユーモアを兼ね備えた、ロバート・アルドリッチのパンチの効いた旧作の面白さは、まずまず継承されてはいる。

旧作の主人公を演じた当時のトップスター、バート・レイノルズが、同じナンバー(22)のユニフォームで登場し、彼と共演して看守長を演じたエド・ローターの出演などもファンには嬉しい。

北米興行収入は約1億5800万ドル、全世界では約1億9000万ドルのヒットとなった。

シリアスな演技もできるアダム・サンドラーは、ユーモアを抑え、主人公をクールに演じている。

主人公と親交を深める調達屋の囚人クリス・ロック、元スター選手としてチームに協力するバート・レイノルズ、刑務所長ジェームズ・クロムウェル、看守長ウィリアム・フィクナー、囚人チームに入るネリーテリー・クルーズマイケル・アーヴィンビル・ゴールドバーグボブ・サップニコラス・タトゥーロダリップ・シンジョーイ・ディアズ、ロボ・セバスチャン、試合を観戦する囚人ロブ・シュナイダー、看守側のスパイ、デヴィッド・パトリック・ケリー、ゲイの囚人トレイシー・モーガン、終身犯の長老エドワード・バンカー、看守スティーヴ・オースチンブライアン・ボズワースケヴィン・ナッシュ、主人公に迫る所長秘書クロリス・リーチマン、所長の友人エド・ローター、主人公の恋人コートニー・コックスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020