4506 Movies

マギーズ・プラン Maggie’s Plan (2015)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

結婚する気はなく子供だけが欲しい女性と学者夫婦の複雑な三角関係を描く、製作、監督、脚本レベッカ・ミラー、主演グレタ・ガーウィグイーサン・ホークジュリアン・ムーアビル・ヘイダーマーヤ・ルドルフトラヴィス・フィメル他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)

ジュリアン・ムーア / Julianne Moore / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:レベッカ・ミラー
製作
レベッカ・ミラー
デイモン・カルダシス
レイチェル・ホロヴィッツ
製作総指揮
フィリップ・スティーヴンソン
テンプル・ウィリアムズ
ルーシー・バーザン・ドネリー
アレクサンドラ・ケリー
マイケル・J・メイリス
スーザン・ルーベル
原案:カレン・リナルディ
脚本:レベッカ・ミラー
撮影:サム・レヴィ
編集:サビーヌ・ホフマン
音楽:マイケル・ロハティン

出演
ジョアンナ”マギー”ハーディン:グレタ・ガーウィグ
ジョン・ハーディング:イーサン・ホーク
ジョーゼット・ヌアガード:ジュリアン・ムーア
トニー:ビル・ヘイダー
フェリシア:マーヤ・ルドルフ
ガイ・チャイルダーズ:トラヴィス・フィメル
クリーグラー:ウォーレス・ショーン
リリー・ハーディング:アイダ・ロハティン
アル・ベントワイズ:アレックス・モーフ
ポール・ハーディング:ジャクソン・フレイザー
ジャスティン・ハーディング:ミーナ・サンドウォール
ビバリー:フレディ・ウォーカー=ブラウン
マックス:モンテ・グリーン

アメリカ 映画
配給 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
2015年製作 98分
公開
北米:2016年5月20日
日本:2017年1月21日
製作費 $4,900,000
北米興行収入 $3,351,740


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
ニュースクール大学で、芸術とデザインを専攻する学生のためのビジネス開発をサポートするジョアンナ”マギー”ハーディン(グレタ・ガーウィグ)は、街で、友人である弁護士でかつての恋人トニー(ビル・ヘイダー)と出くわし、彼の息子マックス(モンテ・グリーン)に声をかけて、自分も子供を産みたいと思う。

半年以上、交際が続いたことがないと話すマギーは、自分とは2年続いたと言うトニーに、学生だったし喧嘩ばかりしていたと伝える。

誰かと出会った時のために自分の精子をバンクに預けてあると話すトニーは、マギーから、学生時代の友人だったピクルス屋になったガイ・チャイルダーズ(トラヴィス・フィメル)の精子をもらって自分で注入する考えがあると言われる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
ニュースクール大学で、芸術とデザインを専攻する学生のためのビジネス開発をサポートするジョアンナ”マギー”ハーディンは、男性との付き合いが長続きしないため、子供だけが欲しかった。
数学科卒の優秀な遺伝子だけが欲しかったマギーは、ピクルスの製造販売をする学生時代の友人ガイに、精子を提供してもらおうとする。
そんなマギーは、人類学者のジョンと出会い、小説を書いている彼の原稿を読むうちに親交を深める。
マギーは、ジョンの妻であるコロンビア大学教授のジョーゼットが鬼嫁で、彼が虐げられているという噂を聞く。
計画を実行する日、ガイから精子を受け取ったマギーは、現れたジョンから愛を告白され、ジョーゼットと別れたいと言う彼と愛し合ってしまう。
3年後、誕生した娘リリーを育てるマギーは、小説に専念するジョンの世話など、全てをしなくてはならない状況となり、彼への愛が冷めてしまう。
そんな時マギーは、ジョーゼットが魅力的な女性であることを知り、ジョンを彼女の元に戻すことを考えるのだが・・・。
__________

結婚願望はなく子供が欲しいだけの女性と学者夫婦との三角関係を描くコメディ・ドラマ。

恋愛ドラマを得意とするレベッカ・ミラーが製作、監督、脚本を担当している。
ドラマの中のセリフではないが、純粋で無邪気で損得を考えない主人公の心情を深く描く、レベッカ・ミラーの人間描写が光る作品に仕上がっている。

舞台がニューヨークということもあり、新人類的な登場人物達の人間関係が実に興味深く、その各人を演ずる役者の演技も自然でいい。

北米拡大公開された作品ではないため商業的に成功した作品ではないが、批評家からはかなりの高評価を得た。

主演のグレタ・ガーウィグは、少々、我がままっぽく思える現代的な女性を魅力的に演じている。

主人公と結婚して小説の執筆に専念するものの、そのことなどが原因で、元妻の元に戻る計画にハマってしまう人類学者を味のある演技で演ずるイーサン・ホーク、その妻である”鬼嫁”と噂されるコロンビア大学教授を、実力派らしく変幻自在の演技で演ずるジュリアン・ムーア、主人公の友人で助言者でもあるビル・ヘイダー、その妻マーヤ・ルドルフ、主人公に精子を提供する大学時代の友人トラヴィス・フィメル、学者のウォーレス・ショーン、ジョンとジョーゼット(イーサン・ホーク/ジュリアン・ムーア)の娘ミーナ・サンドウォール、息子のジャクソン・フレイザー、主人公の娘アイダ・ロハティン、ニュースクール大学の事務員フレディ・ウォーカー=ブラウンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021