That's Movie Talk!     4034 Movies

ブルーに生まれついて Born to Be Blue (2015) 3.56/5 (32)

  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ウエストコースト・ジャズを代表するミュージシャンとして一世を風靡したチェット・ベイカーの転落と再起を描く、製作、監督、脚本ロバート・バドロー、主演イーサン・ホークカルメン・イジョゴカラム・キース・レニー他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ロバート・バドロー
製作
ロバート・バドロー
ジェニファー・ジョナス
レナード・ファーリンジャー
ジェイク・シール
脚本:ロバート・バドロー
撮影:スティーヴ・コーセンス
編集:デヴィッド・フリーマン
音楽
ディビッド・ブレイド
トドール・カバコフ
スティーヴ・ロンドン

出演
チェット・ベイカーイーサン・ホーク
ジェーン・アズカ/エレイン:カルメン・イジョゴ
リチャード”ディック”ボックカラム・キース・レニー
リード保護観察官:トニー・ナッポ
チェズニー・ベイカーSr.:スティーヴン・マクハティ
ヴェラ・ベイカー:ジャネット=レイン・グリーン
ダニー・フリードマン:ダン・レット
マイルス・デイヴィス:ケダー・ブラウン
ディジー・ガレスピーケヴィン・ハンチャード
サラ:ケイティ・ボーランド
ヘンリー・アズカ:ユージン・クラーク
エルシー・アズカ:バーバラ・エヴァ・ハリス
ニコラス:トニー・ナルディ
ジャネッレ:バーバラ・ママボロ

アメリカ/カナダ/イギリス 映画
配給 Entertainment One
2015年製作 97分
公開
イギリス:2016年7月25日
北米:2016年3月25日
日本:2016年11月26日
製作費 $6,500,000
北米興行収入 $830,130
世界 $2,003,340


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1966年、イタリアルッカ
逮捕拘留中のジャズ・ミュージシャン、チェット・ベイカーイーサン・ホーク)を、ハリウッドの映画監督ニコラス(トニー・ナルディ)が釈放させる。
__________

1954年、ニューヨーク、”バードランド”。
人気絶頂のチェットは、マイルス・デイヴィス(ケダー・ブラウン)とディジー・ガレスピーケヴィン・ハンチャード)の前で演奏する。

マイルスディジーの演奏が始まり、その場にいたジャネッレ(バーバラ・ママボロ)を部屋に連れて行き、妻エレイン(カルメン・イジョゴ)がいないことを確認したチェットは、ヘロインを打ってハイになる。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1966年。
ドラッグに溺れイタリアで逮捕拘留されていたジャズ・ミュージシャンのチェット・ベイカーは釈放さる。
自伝映画の製作を提案されたチェットハリウッドに向かい、妻役を演ずるジェーンと親交を深める。
そんなチェットは、ドラッグ・ディーラーに袋叩きにされてしまい、前歯の全てと顎を砕かれ二度と演奏ができない状態になる。
自分を育ててくれたレコード・プロデューサーのディックにも見放されたチェットは、ジェーンと共に故郷のオクラホマに戻りガソリンスタンドで働く。
音楽と演奏することを諦めきれないチェットはドラッグを断ち、ジェーンの協力を得ながら再起を目指すのだが・・・。
__________

ウエストコースト・ジャズを代表するミュージシャンとして一世を風靡しながら、ドラッグに溺れてどん底を経験して再起したチェット・ベイカーの苦悩を描く、カナダ人監督ロバート・バドローが製作と脚本も担当した実録ドラマ。

才能だけでは人を魅了することができないと判断し、それを心でカバーできずにドラッグに頼ってしまう、人間の弱さが切実に描かれた物語で、主人公以外のアーティストも同じ道を歩む現実なども含め、多くを考えさせられる内容に心が痛む。

拡大公開もされず、一か月で打ち切りとなった作品ではあるが、批評家からは高く評価された作品。

主演のイーサン・ホークは、再起不能と言われるものの音楽を諦めきれず、苦悩しながら人生を見つめ直す主人公のチェット・ベイカーを深い演技で好演している。

共演女優から恋人となり主人公を支え続けるカルメン・イジョゴ、同じく、一旦は突き放すものの主人公を見捨てないレコード・プロデューサーのリチャード”ディック”ボックを演ずるカラム・キース・レニー、主人公の保護観察官トニー・ナッポ、主人公の両親スティーヴン・マクハティジャネット=レイン・グリーンマイルス・デイヴィスのケダー・ブラウン、ディジー・ガレスピーケヴィン・ハンチャード、そのプロモーター、ダン・レット、主人公を誘惑するファンのケイティ・ボーランド、ジェーン(カルメン・イジョゴ)の両親ユージン・クラークバーバラ・エヴァ・ハリス、映画監督のトニー・ナルディ、女優のバーバラ・ママボロなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up