4214 Movies

マッケンナの黄金 MacKenna’s Gold (1969)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

伝説の”黄金の谷”を探すことになった連邦保安官と無法者達の冒険と争いを描く、監督J・リー・トンプソン、主演グレゴリー・ペックオマー・シャリフテリー・サヴァラスエドワード・G・ロビンソンバージェス・メレディスイーライ・ウォーラックリー・J・コッブ他豪華スター競演によるアクション・アドベンチャー。


アクション/アドベンチャー

グレゴリー・ペック / Gregory Peck / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:J・リー・トンプソン
製作
カール・フォアマン

ディミトリ・ティオムキン
原作:ヘンリー・ウィルソン・アレン
脚本:カール・フォアマン
撮影:ジョゼフ・マクドナルド
編集:ビル・レニー
音楽:クインシー・ジョーンズ
主題歌:ホセ・フェリシアーノ”Old Turkey Buzzard”

出演
マッケンナ連邦保安官:グレゴリー・ペック
コロラド:オマー・シャリフ
ティッブス軍曹:テリー・サヴァラス
インガ・バーグマン:カミラ・スパーヴ
サンチェス:キーナン・ウィン
アダムス:エドワード・G・ロビンソン
雑貨店主:バージェス・メレディス
ベン・ベイカー:イーライ・ウォーラック
サム・フラー:リー・J・コッブ
宣教師:レイモンド・マッセイ
イギリス人:アンソニー・クエイル
プレイリー・ドッグ:エドゥアルド・チアネッリ
ヘシュケ:ジュリー・ニューマー
モンキー:ロバート・フィリップス
ハチタ:テッド・キャシディ

ピマ・スコウ:シェリー・モリソン
ベッシュ:ルディ・ディアス

アヴィラ:ディック・ピーボディー
ナレーター:ヴィクター・ジョリー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1969年製作 128分
公開
北米:1969年5月10日
日本:1969年4月5日
製作費 $7,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1000年前からアパッチに受け継がれる伝説で、深い渓谷に神が守る黄金があると伝えられていた。

渓谷の秘密を守り黄金に触れなければ、アパッチの勢力は守られるというものだった。

多くの人々がこの黄金を奪おうとするが果たせず、1874年の現在、それは”マッケンナの黄金”と呼ばれた。

メキシコ人の無法者コロラド(オマー・シャリフ)を追う、連邦保安官マッケンナ(グレゴリー・ペック)は、先住民の老人(エドゥアルド・チアネッリ)に襲われる。

老人を銃撃した後に、彼を介抱したマッケンナは、渓谷に隠された黄金の在り処を知らせる地図を見せられる。

マッケンナは、3年捜したが黄金がなかったことを老人に伝えた後、彼は息絶え、地図をマッケンナは燃やしてしまう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

1963年に発表された、ヘンリー・ウィルソン・アレンの同名小説の映画化。

*(簡略ストー リー)
無法者コロラド追う連邦保安官マッケンナは、アパッチの族長から”黄金の谷”の伝説の地図を見せられる。
マッケンナは、その黄金を捜していたコロラド一味に、それを知られ、彼らを谷に案内することになる。
コロラドに捕らえられていた判事の娘インガ、彼と旧知のベイカー、その他、何人もの男達が行動を共にすることになる。
その後、騎兵隊とアパッチの追撃をかわしながら、マッケンナらは、ついに黄金の谷に到着する。
しかし、言い伝えられる、アパッチの恐ろしい呪いに、彼らは遭遇することになる・・・。
__________

当時の最先端の特撮技術を駆使した、西部劇タッチの大スペクタクル・アドベンチャー。

ナバロンの要塞」(1961)でも組んだJ・リー・トンプソングレゴリー・ペック、製作カール・フォアマンの作品で、共同製作者として、作曲家のディミトリ・ティオムキンが名を連ねているところが注目だ。

様々な理由で黄金を追う人々を演ずる、豪華スターの競演も話題になった作品ではあるが、主人公ら数人を除き、その名だたる名優達が、ほんのゲスト程度の出演なのがやや残念だ。

舞台となるロケ地”Canyon de Chelly National Monument”と、スタジオセットを見事に合成させた、”Super Panavision70”の映像は迫力満点で、J・リー・トンプソンらしい、スケールの大きな娯楽作として、見応えある作品には仕上がっている。

やはり、この辺りが純然たる西部劇ではない、新鮮な雰囲気を感じさせる、クインシー・ジョーンズの音楽と、ホセ・フェリシアーノの主題歌”Old Turkey Buzzard”が、効果的に作品を盛り上げている。

正義感のある、欲のない連邦保安官グレゴリー・ペックは、これだけの共演者の中で、さすがに圧倒的存在感を示している。
正直者が、知らずに恵みを得るという、ファンならば思わず顔がほころんでしまう、好感度の高いキャラクターや、さり気ないラストも実にいい。

1960年代に演技派として活躍したオマー・シャリフも、体を張った汚れ役をユーモアをまじえて怪演している。

強かな騎兵隊軍曹テリー・サヴァラス、主人公を頼る判事の娘カミラ・スパーヴ、無法者一味のキーナン・ウィン、黄金の唯一の目撃者エドワード・G・ロビンソン、雑貨店主バージェス・メレディス、無法者と旧知のイーライ・ウォーラック、新聞社の編集者役リー・J・コッブ、宣教師レイモンド・マッセイイギリスアンソニー・クエイル、伝説の伝達者エドゥアルド・チアネッリ、抜群のプロポーションを披露してくれる先住民女性ジュリー・ニューマー、先住民のロバート・フィリップス、テッド・キャシディ、TVドラマ「コンバット!」の”リトル・ジョン”役が有名なディック・ピーボディー、そして、ナレーターはヴィクター・ジョリーが担当している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020