4311 Movies

マチェーテ・キルズ Machete Kills (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ロバート・ロドリゲス作品「グラインドハウス」(2007)の偽の予告編を長編化した「マチェーテ」(2010)の続編。
不死身の連邦捜査官マチューテのアメリカの危機を回避するための戦いを描く、製作、監督、原案、撮影、編集ロバート・ロドリゲス、主演ダニー・トレホメル・ギブソンジェシカ・アルバミシェル・ロドリゲスデミアン・ビチルアンバー・ハードソフィア・ベルガラキューバ・グッディングJr.レディー・ガガアントニオ・バンデラス他共演のバイオレンス・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:ロバート・ロドリゲス
製作
セルゲイ・ベスパロフ
アーロン・カウフマン
アレクサンデル・ロジニャンスキー
ロバート・ロドリゲス
リック・シュウォーツ
イリアナ・ニコリック
製作総指揮
テリー・ダガス
サム・イングルバート
ウィリアム・D・ジョンソン
パリス・ラティス
原案
ロバート・ロドリゲス
マルセル・ロドリゲス
脚本:カイル・ウォード
撮影:ロバート・ロドリゲス
編集
ロバート・ロドリゲス
レベッカ・ロドリゲス
音楽:カール・ティール

出演
マチェーテ・コルテス:ダニー・トレホ
ルーサー・ヴォズ:メル・ギブソン
サルタナ・リベラ:ジェシカ・アルバ
ルース:ミシェル・ロドリゲス
マルコス・メンデス:デミアン・ビチル
ブランカ・ヴァスケス/ミス・サン・アントニオ:アンバー・ハード
アダム・デズデモーナ:ソフィア・ベルガラ
ラスコック大統領:チャーリー・シーン/カルロス・エステベス
エル・カメレオン1:ウォルトン・ゴギンズ
エル・カメレオン2:キューバ・グッディングJr.
ラ・カメレオン:レディー・ガガ
エル・カメレオン4:アントニオ・バンデラス
セレーサ:ヴァネッサ・ハジェンズ
キル・ジョイ:アレクサ・ヴェガ
サロール:マルコ・サロール
オサイリス・アマンプール:トム・サヴィーニ
ドークス保安官:ウィリアム・サドラー
チェポ:ジュリオ・オスカー・メチョソ
ビリー・ブレア:ビリー・ブレア
クレバーン:サミュエル・デイヴィス
カブリート・コック:ヴィンセント・フエンテス
ドールフェイス:エル・ラモント
ドク・フェリックス:フェリックス・サバテス
ナース・リサ&モナ:エレクトラ&エリース・アヴェラン
ナース・ファイン:マーシー・マディソン
本人:イーロン・マスク

アメリカ 映画
配給 オープン・ロード・フィルムズ
2013年製作 108分
公開
北米:2013年10月11日
日本:2014年3月1日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $8,008,160
世界 $15,008,160


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
アリゾナ州、メキシコとの国境。
ICE/入国税関管理局の捜査官マチェーテ・コルテス(ダニー・トレホ)とサルタナ・リベラ(ジェシカ・アルバ)は、武器をメキシコの麻薬カルテルに売ろうとする兵士を逮捕しようとする。

そこにカルテルの者達が到着してミサイルのことを確認し、兵士達を殺してマチューテとサルタナに銃を向ける。

その時、ヘリコプターで現れた一団の襲撃を受け、逃げようとするマチューテにミサイルを確認すると伝えたサルタナは、何者かに射殺されてしまう。

サルタナの死を知ったマチューテは悲しみ、現れた警官に連行される。

ドークス保安官(ウィリアム・サドラー)に尋問されたマチューテは、カルテル”ロス・クエルポス”の者達を殺して無事でいられるわけがないと言われる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「マチェーテ」(2010)
・「マチェーテ・キルズ」(2013)

*(簡略ストー リー)
ICE/入国税関管理局の捜査官マチェーテ・コルテスは、任務中に恋人である同僚のサルタナを殺される。
アメリカ大統領ラスコックに呼ばれたマチューテは、ミサイルでワシントンD.C.を狙っているメキシコの革命家メンデスから、麻薬と暴力を一掃しなければ、それを発射すると脅されていることを知らされる。
真相を確認し殺害する命令を受けたマチューテは、ミス・サンアントニオのブランカや娼婦のセレーサの協力を得てメンデスと対面する。
祖国を愛する革命家と異常者”マッドマン”の二重人格者だったメンデスは、自分の心臓と繋がっている発射装置をマチューテに見せる。
メンデスが死ねばミサイルが発射されることを知ったマチューテは、起動装置を作動させてしまったメンデスを連れてその場から脱出するのだが・・・。
__________

ロバート・ロドリゲス作品「グラインドハウス」(2007)の偽の予告編を長編化した「マチェーテ」(2010)の続編で、冒頭でも怪しい予告編が登場し、エンディングでは、主人公のマチューテが宇宙で再び戦う予告が流れるため、本作のラストに続く次回作の製作が期待される。

その予告編は「スターウォーズ」(1977)タッチであり、本編の中でも、そのパロディ・シーンが何度か登場する。

あえて低俗な内容でB級作品風に仕上げ、主人公他の異常な登場人物の破天荒は行動などが受けた前作に比べると、演出に切れがなくややモタモタした展開が気になり、評価も低く興行的にも失敗した作品。

主演のダニー・トレホは、ぎこちない演技ながら、極悪人以外には全く見えない主人公を熱演している。

前作と同じく豪華キャストは必見で、陰謀の黒幕である軍需企業のオーナー、メル・ギブソン、主人公の恋人である同僚捜査官のジェシカ・アルバ、主人公に協力する組織のリーダー、ミシェル・ロドリゲス、異常者の性格を併せ持つメキシコの革命家デミアン・ビチル、黒幕の部下だったミスコンの女王アンバー・ハード、娼館のマダム、ソフィア・ベルガラ、その娘ヴァネッサ・ハジェンズ、部下のアレクサ・ヴェガ、アメリカ大統領のチャーリー・シーン/カルロス・エステベス(本名)、主人公の命を狙う殺し屋のウォルトン・ゴギンズキューバ・グッディングJr.レディー・ガガアントニオ・バンデラス、黒幕の部下でクローンのマルコ・サロール、主人公の敵ではあったが協力するトム・サヴィーニ、保安官のウィリアム・サドラー、捜査官ジュリオ・オスカー・メチョソ、医師のフェリックス・サバテス、ナースのエレクトラ&エリース・アヴェラン、本人役でイーロン・マスクなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020