4295 Movies

ラヴレース Lovelace (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

伝説のポルノ映画”ディープ・スロート”の主演女優リンダ・ラヴレースの苦難の日々を描く、主演アマンダ・セイフライドピーター・サースガードシャロン・ストーンロバート・パトリック他共演の実録ドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督
ロブ・エプスタイン

ジェフリー・フリードマン
製作
ハイディ・ジョー・マーケル
ローラ・リスター
ジェイソン・ワインバーグ
ジム・ヤング
製作総指揮
アヴィ・ラーナー

ダニー・ディムボート
トレヴァー・ショート
ボアズ・デヴィッドソン

ジョン・トンプソン
マーク・ギル

メリット・ジョンソン
脚本:アンディ・ベリン

撮影:エリック・エドワーズ
編集
ロバート・ダルヴァ

マシュー・ランドン
音楽:スティーヴン・トラスク

出演
リンダ・ラヴレースアマンダ・セイフライド

チャック・トレイナーピーター・サースガード
ドロシー・ボアマン:シャロン・ストーン
ジョン・ボアマン:ロバート・パトリック
パッツィ:ジュノー・テンプル
ハリー・リームスアダム・ブロディ
トーマス:ウェス・ベントリー
ナット・ローレンディ:エリック・ロバーツ
ヒュー・ヘフナージェームズ・フランコ
アンソニー・ロマーノ:クリス・ノース
ブッチー・ペライーノ:ボビー・カナヴェイル
ジェラルド・ダミアーノハンク・アザリア
ドリー・シャープ:デビ・メイザー
レベッカ:クロエ・セヴィニー

アメリカ 映画
配給
Millennium Films
ワインスタイン・カンパニー

2013年製作 93分
公開
北米:2013年8月9日
日本:2014年3月1日
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $356,60
世界 $1,585,600


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1970年、フロリダ州、デイヴィー
20歳のリンダ・ボアマンアマンダ・セイフライド)は、親友のパッツィ(ジュノー・テンプル)と日光浴をしていた。

敬虔なカトリックである母ドロシー(シャロン・ストーン)が帰って来たことに気づき焦るリンダは、水着姿だったことを注意される。

その夜、パッツィとローラースケート場で楽しんだリンダは、チャック・トレイナーピーター・サースガード)に声をかけられる。

パッツィはチャックが勧めるマリファナを吸うが、リンダはそれを遠慮する。

数日後、パッツィ達と浜辺に向かおうとしたリンダは、ドロシーと父ジョン(ロバート・パトリック)に門限までには帰ることを約束して出かける。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1970年、フロリダ州、デイヴィー
20歳のリンダ・ボアマンは、敬虔なカトリックである両親に育てられていた。
バーの経営者チャック・トレイナーと出会ったリンダは、彼に誘われて恋に落ち、やがて結婚してセックスの手ほどきを受ける。
しかし、当初は優しかったチャックだったが、次第に暴力的になり、資金難に陥った彼はリンダに売春を強要する。
その後チャックは、リンダをポルノ映画に出演させようとして、業界のブッチーとジェラルドに彼女の”秘技”を見せて納得させる。
そして、”リンダ・ラヴレース”の芸名で撮影は始り、無事完成したポルノ映画”ディープ・スロート”は、大ヒットして社会現象にまでなるのだが・・・
__________

ポルノ映画の枠を超えて、アメリカの一般劇場で公開され記録的な大ヒットとなった伝説の映画”ディープ・スロート”を題材にした作品は、主演したリンダ・ラヴレースの苦悩をヒューマンドラマとして描いている。

ポルノ業界の内幕を描いているためやや構えてしまうのだが、性描写などは控えめで、フィルム映像などは画面には映さないなど、あくまで主人公の苦難の日々を切実に描く内容となっている。

当初、主人公リンダ・ラヴレースの役はケイト・ハドソンだったのだが、妊娠と出産により彼女は降板し、チャック・トレイナー役はジェームズ・フランコを配役すると発表された。
ジェームズ・フランコヒュー・ヘフナー役で出演。

主人公と夫の関係を中心に描く展開から、終盤は親子の関係が重点となり、あくまで娘を守る立場でいる父親と、最終的には受け入れるものの、微妙な立場でいる母親との関係が深く描かれていることに注目したい。

1970年代のポップカルチャーに大きな影響を与えた”ディープ・スロート”なのだが、その時代を理解し意識して観ないと、今一、雰囲気が伝わってこないような内容で、豪華スター競演にも拘らず興行的には全く振るわなかった作品。

体を張った演技でリンダ・ラヴレースを熱演するアマンダ・セイフライド、その夫チャック・トレイナーピーター・サースガード、彼女と言わなければ分からないほど別人のようにも見える、主人公の母親を好演するシャロン・ストーン、その夫ロバート・パトリック、主人公の親友ジュノー・テンプル、ポルノ男優ハリー・リームスアダム・ブロディ、写真家のウェス・ベントリー、主人公のポリグラフ・チェックを行うエリック・ロバーツヒュー・ヘフナージェームズ・フランコ、映画の出資者クリス・ノース、プロデューサーのボビー・カナヴェイル、監督のジェラルド・ダミアーノハンク・アザリア、ポルノ女優のデビ・メイザー、フェミニストの記者クロエ・セヴィニーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020