4451 Movies

ロスト・イン・スペース Lost in Space (1998)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アーウィン・アレンが製作した人気テレビ・シリーズ(CBS/1965-1968)”宇宙家族ロビンソン”を基に製作された作品。
滅亡が迫った地球から未知の宇宙空間に飛び立った科学者家族の冒険を描く、製作、監督スティーヴン・ホプキンス、主演ウィリアム・ハートミミ・ロジャースヘザー・グレアムゲイリー・オールドマンマット・ルブランクジャレッド・ハリス他共演のSFアドベンチャー・アクション。


SF

ゲイリー・オールドマン / Gary Oldman / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:スティーヴン・ホプキンス

製作
スティーヴン・ホプキンス
アキヴァ・ゴールズマン
カリア・フライ
マーク・ダブリュ・コッチ
製作総指揮
メイス・ニューフェルド
ロバート・レーメ
リチャード・サパースタイン
マイケル・デ・ルカ
原作:アーウィン・アレン宇宙家族ロビンソン
脚本:アキヴァ・ゴールズマン
撮影:ピーター・レヴィ
編集:レイ・ラヴジョイ
音楽:ブルース・ブロートン

出演
ジョン・ロビンソン教授:ウィリアム・ハート
モーリーン・ロビンソン博士:ミミ・ロジャース
ジュディ・ロビンソン博士:ヘザー・グレアム
ペニー・ロビンソン:レイシー・シャベール
ウィル・ロビンソン:ジャック・ジョンソン
Dr.ザカリー・スミス:ゲイリー・オールドマン
ダン・ウェスト少佐:マット・ルブランク
ウィル・ロビンソン(成人):ジャレッド・ハリス
将軍:マーク・ゴダード
ジェブ・ウォーカー:レニー・ジェームズ
カートライト校長:ジューン・ロックハート
ビジネスマン:エドワード・フォックス
レポーター#1:マータ・クリステン
レポーター#2:アンジェラ・カートライト
ロボット(声):ディック・トゥフェルド

アメリカ 映画
配給 ニュ ー・ライン・シネマ
1998年製作 130分
公開
北米:1998年4月3日
日本:1998年12月12日
製作費 $80,000,000
北米興行収入 $69,102,900
世界 $136,159,420


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
地球は滅亡の危機に瀕し、争いを止めた人類は、地球連邦軍を結成して移住計画を進め、居住可能な星を探索していた。

2058年9月30日。
宇宙空間を結ぶ扉”ハイパーゲート”の建設と宇宙船”ジュピター”の発射準備が進む中、反乱軍の攻撃を受ける。

連邦軍のダン・ウェスト少佐(マット・ルブランク)は敵機を撃墜して、被弾した同僚のジェブ・ウォーカー(レニー・ジェームズ)を助ける。

惑星”アルファ・プライム”に家族と共に旅立つジョン・ロビンソン教授(ウィリアム・ハート)は、10年間の冷凍睡眠で現地に向かい、ハイパーゲートを建設して地球とつなぐ計画を記者会見で話す。

ジョンの妻で生化学者のモーリーン(ミミ・ロジャース)は、地球を離れたくない反抗期の次女ペニー(レイシー・シャベール)や、天才児ではあるが問題ばかり起こしている息子ウィル(ジャック・ジョンソン)と共に、出発の準備を始めていた。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
2058年。
滅亡の危機に瀕した地球では、居住可能な惑星の探査が行われていた。
科学者ジョン・ロビンソン教授一家は、その対象となる惑星”アルファ・プライム”に向けて宇宙船”ジュピター”でに飛び立つ。
反乱軍のスパイだった家族の主治医スミスはジュピターに侵入し、ロボットを使い破壊工作企てるが、船内に取り残されてしまう。
10年間の冷凍睡眠に入ったジョンらだったが、起動したロボットに装置を破壊されて目覚め、危機を脱しようとする。
船体は太陽に接近し、ハイパードライブを使ったジョンらは、別の宇宙空間に達して迷子になってしまう・・・。
__________

1960年代に放映されたアーウィン・アレン製作の人気テレビ・シリーズ”宇宙家族ロビンソン”の映画化として大いに話題になった作品。

奇想天外な内容が非常に興味深かったテレビシリーズを、製作を兼ねたアキヴァ・ゴールズマンが脚本を担当した話題作でもある。

しかし、スティーヴン・ホプキンスの演出は単調で、アキヴァ・ゴールズマンの脚本も面白みに欠ける内容でファンの期待を裏切った。

批評家、一般の評価も低く、ラジー賞では最悪リメイク賞にノミネートされてしまった。

北米興行収入は製作費8000万ドルを回収できず約6900万ドルに終わり、全世界では1億3600万ドルのヒットとはなるものの、成功したとは言えない結果となった。

他のSF映画を圧倒する驚異のSFXと宣伝された映像も、それほど突出したものとは思えない。

テレビ・シリーズのオリジナルキャストが、様々な役柄で登場するのはファンにとっては嬉しい。

地球の未来と家族のために日夜、努力する、計画の責任者ジョン・ロビンソン教授のウィリアム・ハート、その妻で生化学者でもあるモーリーンのミミ・ロジャース、その娘で医師のジュディ、ヘザー・グレアム、その妹ペニーのレイシー・シャベール、その弟で天才少年ウィルのジャック・ジョンソン、家族を裏切る反乱軍のスパイ、Dr.スミスのゲイリー・オールドマン、ジュピター2のパイロットであるウェスト少佐のマット・ルブランク、その同僚レニー・ジェームズ、20年後のウィル、ジャレッド・ハリス、Dr.スミスに破壊工作を指示するエドワード・フォックス、テレビ・シリーズのオリジナルキャストである将軍のマーク・ゴダード(ウェスト少佐/TV)、ウィルの学校の校長ジューン・ロックハート(モーリーン/TV)、レポーターのマータ・クリステン(ジュディ/TV)、同じくレポーターのアンジェラ・カートライト(ペニー/TV)、ロボットの声(テレビシリーズも)ディック・トゥフェルドなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021