4505 Movies

夜に生きる Live by Night (2016)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2012年に発表された、デニス・ルヘインの小説”Live by Night”を基に製作された作品。
犯罪組織でのし上がっていく男の野望を描く、製作レオナルド・ディカプリオ、製作、監督、脚本、主演ベン・アフレックエル・ファニングレモ・ジローネブレンダン・グリーソンクリス・メッシーナシエナ・ミラーゾーイ・サルダナクリス・クーパー他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

レオナルド・ディカプリオ / Leonardo DiCaprio 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ベン・アフレック

製作
レオナルド・ディカプリオ
ジェニファー・デイヴィソン
ベン・アフレック
ジェニファー・トッド
製作総指揮
クリス・ブリガム
デニス・ルヘイン
シェイ・カーター
原作:デニス・ルヘインLive by Night
脚本:ベン・アフレック
撮影:ロバート・リチャードソン
編集:ウィリアム・ゴールデンバーグ
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

出演
ジョー・コフリン:ベン・アフレック
ロレッタ・フィギス:エル・ファニング
アーヴィング・フィギス:クリス・クーパー
マソ・ペスカトーレ:レモ・ジローネ
トーマス・コフリン:ブレンダン・グリーソン
アルバート・ホワイト:ロバート・グレニスター
RD・プルイット:マシュー・マー
ディオン・バルトロ:クリス・メッシーナ
エマ・グールド:シエナ・ミラー
グラシエラ・スアレス:ゾーイ・サルダナ
エステバン・スアレス:ミゲル・J・ピメンテル
アドモ・バロッコ:ザック・リー・グアナッチャ
ディガー・ペスカトーレ:マックス・カセラ
リッツの投資家:クリスチャン・クレメンソン
ヴァージル・ボーリガード:J・D・エヴァーモア
カルヴィン・ボンデュラント:クラーク・グレッグ
ブレンダン・ルーミス:クリス・サリヴァン
ゲイリー・L・スミス:アンソニー・マイケル・ホール
ドニー・ギシュラー:デレク・ミアーズ
アンソニー・セルヴィドーネ:マッシ・フルラン
カーマイン・パローネ:ジャンフランコ・テリン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2016年製作 129分
公開
北米:2016年12月25日
日本:2017年5月20日
製作費 $108,000,000
北米興行収入 $10,378,560
世界 $22,678,560


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1926年、ボストン
第一次世界大戦の退役軍人でアイルランド系のジョー・コフリン(ベン・アフレック)は、善人が多く死ぬ姿を見て、世の中のルールに従わないことを誓った。

ジョーは、父トーマス(ブレンダン・グリーソン)がボストン市警の警部でありながら悪党となった。

ある事件で痛めつけられたジョーは、病院のベッドでそのことを思い出す。
__________

ジョーと仲間は、アイルランド系マフィアのボス、アルバート・ホワイト(ロバート・グレニスター)を強盗のターゲットにしていた。

ホワイトの愛人エマ・グールド(シエナ・ミラー)が、内通者としてジョーらに協力した。

賭博場で襲われたブレンダン・ルーミス(クリス・サリヴァン)と共にジョーに会ったホワイトは、彼を手下にしようとする。

ホワイトに対抗するイタリア系マフィアのボス、マソ・ペスカトーレ(レモ・ジローネ)との抗争は激化していた。

エマを愛したジョーは、彼女との交際をトーマスに反対され、いつかは必ず報いを受けると忠告される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1926年、ボストン
第一次世界大戦の退役軍人でアイルランド系のジョー・コフリンは、父トーマスが警官であるにも拘わらず悪党になる。
アイルランド系ギャングのボス、ホワイトの縄張りを荒らしていたジョーは、彼の情婦エマと手を組んでいた。
エマと愛し合うジョーだったが、彼女に裏切られ、ホワイトに殺されそうになる。
トーマスに救われたジョーは、エマが殺されたことを知り、銀行を襲い警官殺した罪で服役する。
出所したジョーは、ホワイトと敵対するイタリア系マフィアのボス、ペスカトーレの部下となる。
ジョーは、フロリダに逃げたホワイトがラム酒の縄張りを荒らしていることを知り、ペスカトーレの指示で彼の抹殺を指示されて現地に向かうのだが・・・。
_______

ミスティック・リバー”などで知られる人気作家デニス・ルヘインの小説”Live by Night”を基に製作された作品。

レオナルド・ディカプリオが製作に参加し、ベン・アフレックが、製作、監督、脚本、主演を兼ねた意欲作。

デニス・ルヘインの原作、豪華スター競演など話題になった作品ではあるが、犯罪組織の中で成り上がっていく男の野望を描く内容に新鮮味はなく、批評家の評価も低かった。

製作費に約1億ドルをかけただけあり、1920年代末から1930年代初頭を再現したセットや衣装などは素晴らしいのだが、北米で約1000万ドル、全世界でも約2300万ドルに終り、興行的には大失敗作となった。

主演のベン・アフレックは、悪党ではあるものの、道義をわきまえて生きる一面も見せる主人公を熱演している。

女優になれずに堕落し、敬虔なキリスト教徒なり神の教えを説くエル・ファニング、その父親で主人公の活動を認める連邦保安官クリス・クーパー、主人公に指示を与えるイタリア系マフィアのボス、レモ・ジローネ、主人公の父親である警部ブレンダン・グリーソンイタリア系と対立するアイルランド系マフィアのボス、ロバート・グレニスターKKKのメンバーで主人公のビジネスを妨害するマシュー・マー、主人公の友人である右腕のクリス・メッシーナ、主人公と愛し合うギャングの情婦シエナ・ミラー、主人公と結婚するキューバ人のゾーイ・サルダナ、その弟でラム酒の密輸を仕切るミゲル・J・ピメンテル、ペスカトーレ(レモ・ジローネ)の息子マックス・カセラ、カジノホテルの投資家クリスチャン・クレメンソンKKKの幹部J・D・エヴァーモアボストン警察の主任警部クラーク・グレッグアイルランド系のギャング、クリス・サリヴァンデレク・ミアーズ、密輸業者のアンソニー・マイケル・ホールイタリア系のギャング、マッシ・フルランジャンフランコ・テリンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021