4239 Movies

ミート・ザ・ペアレンツ3 Little Fockers (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大ヒット、コメディシリーズ第3作。
浮気を疑われる看護師と、それを追求しようとする元CIAの義父との”闘い”を描く、ロバート・デ・ニーロベン・スティラーテリー・ポロブライス・ダナージェシカ・アルバダスティン・ホフマンバーブラ・ストライサンドオーウェン・ウィルソンローラ・ダーンハーヴェイ・カイテル共演、監督ポール・ワイツによる爆笑コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ポール・ワイツ
製作
ジェイ・ローチ

ロバート・デ・ニーロ
ジョン・ハンブルグ
ジェーン・ローゼンタール
脚本
ラリー・スタッキー

ジョン・ハンブルグ
撮影:レミ・アデファラシン
編集
グレッグ・ヘイデン

レスリー・ジョーンズ
音楽:スティーヴン・トラスク

出演
ジャック・バーンズ:ロバート・デ・ニーロ

ゲイロード“グレッグ”フォッカー:ベン・スティラー
ケヴィン・ロウリー:オーウェン・ウィルソン
パメラ“パム”フォッカー:テリー・ポロ
ディナ・バーンズ:ブライス・ダナー
アンディ・ガルシア:ジェシカ・アルバ
バーナード“バーニー”フォッカー:ダスティン・ホフマン
ロザリンド“ロズ”フォッカー:バーブラ・ストライサンド
サマンサ・フォッカー:デイジー・ターハン
ヘンリー・フォッカー:コリン・バイオッキ
プルーデンス・シモンズ:ローラ・ダーン
ランディ・ウィアー:ハーヴェイ・カイテル

アメリカ 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ(北米)
パラマウント・ピクチャーズ(世界)
2010年製作 97分
公開
北米:2010年12月22日
日本:未公開
製作費 $100,000,000
北米興行収入 $148,383,800
世界 $310,650,590


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
シカゴ
記念病院の外科主任で看護師のゲイロード“グレッグ”フォッカー(ベン・スティラー)は、妻パメラ“パム”(テリー・ポロ)、5歳になる双子のサマンサ(デイジー・ターハン)とヘンリー(コリン・バイオッキ)と共に、平穏な暮らしをしていた。

ある朝グレッグは、病院のオフィスに、製薬会社の社員アンディ・ガルシア(ジェシカ・アルバ)が来ていることを知らされる。

魅力的な女性のアンディは、勃起不全の新薬をグレッグに売り込もうとする。

グレッグの義父で元CIAのジャック・バーンズ(ロバート・デ・ニーロ)は、ようやく娘婿を認める気になっていた。

パムの元フィアンセのケヴィン・ロウリー(オーウェン・ウィルソン)は、グレッグに結婚することを伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「
ミート・ザ・ペアレンツ」(2000)
・「
ミート・ザ・ペアレンツ2」(2004)
・「
ミート・ザ・ペアレンツ3」(2010)

*(簡略ストー リー)
シカゴ
記念病院の看護師グレッグ・フォッカーは、製薬会社のアンディから、勃起不全の新薬を売り込まれる。
グレッグは、魅力的なアンディにやや気を取られるが、彼を厳しい目で監視する義父ジャック・バーンズから、自分を家系の後を継ぐ家長に決めたと言われて少々戸惑う。
それを断れるはずのないグレッグは、まずそれに相応しい教育を、双子の子供達に受けさせようとする。
妻パムとの関係も順調だったグレッグだったが、アンディと仕事をするうちに、それをジャックに知られて浮気だと疑われてしまう。
CIAのジャックは、アンディについて調べ始め、彼女とグレッグが親しげにしている写真など、疑わしい証拠を見つける。
そしてジャックは、未だにパムを想う、彼女の元フィアンセで、子供達も懐く富豪のケヴィンと娘を、結びつけることまで考えてしまうのだが・・・。
__________

前2作の監督であるジェイ・ローチが製作に回り、「ダレン・シャン/若きバンパイアと奇怪なサーカス」(2009)他のポール・ワイツが、くどさのない、あっさりとした演出を見せてくれる。

これだけのキャストで、失敗は許されなかったのだろうが、期待以上の大ヒットとなった2作目で、なんと5億ドルを超す興行収入を記録した。

本作は、それよりも2億ドル減という結果に終わったものの、3億ドル以上の成績は残した。

北米興行収入 $148,383,800
世界 $310,650,590

製作費はついに1億ドルを突破し、コメディにしては破格ではあるが、キャストの豪華さからすると納得というところだろうか。
特に、ラストの両家のホーム・パーティーの顔ぶれは、多作でもなかなかお目にかかれないほどの大物揃いだ。

さらに、はしゃぎ過ぎではあるが、話しをこじらせる原因を作るジェシカ・アルバや、やる気のない工事業者でハーヴェイ・カイテルまで出演し、ファンには嬉しいばかりだ。

ベン・スティラーの演技だけでも十分に楽しめる作品で、本来は、アクの強すぎる役者は合いそうもない彼だが、ロバート・デ・ニーロとのコンビネーションもなかなかいい。

能天気なオーウェン・ウィルソンのキャラクターもアクセントとなり、目立ち過ぎない主人公の妻テリー・ポロや、その母親ブライス・ダナーの絡みもバランスが取れている。

浮いている雰囲気の、ダスティン・ホフマンバーブラ・ストライサンドのビッグ・カップルの存在も実に可笑しい。

他、大人達に負けずに、可愛らしい演技を見せる子供達デイジー・ターハンコリン・バイオッキ、エリート・スクール校長役でローラ・ダーンも共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020