4545 Movies

ブロンド・ライフ Life or Something Like It (2002)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

予言者に死を宣告された人気リポーターの運命と恋の行方を描く、監督スティーヴン・ヘレク、主演アンジェリーナ・ジョリーエドワード・バーンズトニー・シャルーブクリスチャン・ケインジェームズ・ギャモンストッカード・チャニング他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ

アンジェリーナ・ジョリー / Angelina Jolie 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:スティーヴン・ヘレク

製作
ジョン・デイヴィス
トビー・ジャフェ
アーノン・ミルチャン
チリ・ウォン
製作総指揮
ケネス・アチティ
リック・キドニー
テディ・ジー
原案:ジョン・スコット・シェパード
脚本
ジョン・スコット・シェパード
ダナ・スティーヴンス
撮影:スティーブン・H・ブラム
編集:トルーディ・シップ
音楽:デヴィッド・ニューマン

出演
レイニー・ケリガン:アンジェリーナ・ジョリー
ピート・スキャンロン:エドワード・バーンズ
予言者ジャック:トニー・シャルーブ
カル・クーパー:クリスチャン・ケイン
パット・ケリガン:ジェームズ・ギャモン
アンドレア:メリッサ・エリコ
デボラ・コナーズ:ストッカード・チャニング
デニス:グレゴリー・イッツェン
キャリー・マドックス:アマンダ・タッピング
グウェン:リサ・ソーンヒル
マーク・ラフリン:クリストファー・シャイアー

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
2002年製作 103分
公開
北米:2002年4月26日
日本:2003年7月26日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $14,448,590
世界 $16,872,670


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
シアトル
ローカル・テレビ局の花形リポーター、レイニー・ケリガン(アンジェリーナ・ジョリー)は、婚約者である”シアトル・マリナーズ”の選手カル・クーパー(クリスチャン・ケイン)と暮らしていた。

ディレクターのデニス(グレゴリー・イッツェン)から、全米ネット出演のチャンスがあることを知らされたレイニーは、その条件としてカメラマンのピート・スキャンロン(エドワード・バーンズ)と組むようにと言われる。

元恋人のピートとの仕事を拒んだレイニーだったが、それは許されなかった。

アシスタントのヴィンと共に仕方なくピートと組んだレイニーは、現場で言い合いになりイタズラまでされたためにデニスに抗議する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
シアトル
ローカル・テレビ局の花形リポーター、レイニー・ケリガンは、婚約者である”シアトル・マリナーズ”の選手カルと暮らしていた。
全国ネットの番組に出演するチャンスを掴む条件として、元恋人のカメラマン、ピートと組むことを指示されたレイニーは、それを拒む。
夢を実現させるために仕方なくピートと組んだレイニーは、当然のように彼と衝突してしまう。
ホームレスの予言者ジャックをピートから紹介され、取材することになったレイニーは、彼から来週の木曜日に死ぬと言われる。
それをピートが仕組んだジョークだと思ったレイニーだったが、ジャックが予言したスポーツや天気予報は的中し、地震まで起きてしまう。
流石に動揺したレイニーは、ピートに相談しながら運命の日を待つのだが・・・。
__________

夢を実現させるためにキャリアを積む人気リポーターが、予言者に死の宣告をされたことから始める騒動と、元恋人であるカメラマンとの恋の行方を描くロマンチック・コメディ。

三銃士」(1993)、「陽のあたる教室」(1995)、「101」(1996)など話題作を手掛けていたスティーヴン・ヘレクの演出、若手期待のスターとして「17歳のカルテ」(1999)でアカデミー助演賞を受賞し、大スターの道を歩み始めたアンジェリーナ・ジョリーエドワード・バーンズの共演も話題になった作品。

そのため商業的にも期待された作品ではあるが、興行成績は全世界でも約1700万ドルに留まり、製作費の4000万ドルを回収することはできなかった。

バービー人形のようなアンジェリーナ・ジョリーの容姿は、”何かおかしい・・・”としか表現でいない、生身の人間に思えないような雰囲気がある。
ブロンドも似合わないし、セリフでは”美人、美しい・・・”と言われるものの、全く魅力を感じない。
そのようなわけで、当然のごとく彼女はラジー賞にノミネートされてしまった。

話の内容も単純でり、スティーヴン・ヘレクの平凡でパンチに欠ける演出も気になる。

主人公の元恋人であり衝突するものの、死を宣告された彼女の心の支えになろうとするエドワード・バーンズ、主人公に死の宣告をする予言者のトニー・シャルーブ、主人公の婚約者である”シアトル・マリナーズ”の選手クリスチャン・ケイン、主人公の父親ジェームズ・ギャモン、主人公の同僚である友人のメリッサ・エリコ、著名なメディア・パーソナリティー、ストッカード・チャニング、主人公の上司であるディレクターのグレゴリー・イッツェン、全国ネット番組のキャスター、アマンダ・タッピングクリストファー・シャイアー、主人公と不仲の姉リサ・ソーンヒルなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021