4508 Movies

透明人間 Memoirs of an Invisible Man (1992)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

透明人間になってしまった男性がCIAに追われながら巻き起こす騒動と恋の行方を描く、監督ジョン・カーペンター、主演チェビー・チェイスダリル・ハンナサム・ニールマイケル・マッキーンスティーヴン・トボロウスキー他共演のSFコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ジョン・カーペンター

製作
ブルース・ボドナー
ダン・コルスルッド
製作総指揮:アーノン・ミルチャン
原作:H・F・セイント”Memoirs of an Invisible Man
脚本
ロバート・コレクター
ダナ・オルセン
ウィリアム・ゴールドマン
撮影:ウィリアム・A・フレイカー
編集:マリオン・ロスマン
音楽:シャーリー・ウォーカー

出演
ニック・ハロウェイ:チェビー・チェイス
アリス・モンロー:ダリル・ハンナ
デヴィッド・ジェンキンス:サム・ニール
ジョージ・タルボット:マイケル・マッキーン
ウォーレン・シングルトン:スティーヴン・トボロウスキー
バーナード・ワックス博士:ジム・ノートン
モリッシー:パット・スキッパー
ゴメス:ポール・ペリ
タイラー:リチャード・エプカー
クレラン:スティーヴン・バー
エレン・タルボット:パトリシア・ヒートン
リチャード:グレゴリー・ポール・マーティン
キャシー・ディトーラ:ロザリンド・チャオ
委員会議長:サム・アンダーソン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1992年製作 99分
公開
北米:1992年2月28日
日本:1992年7月4日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $14,358,030


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
サンフランシスコ
透明人間になってしまったニック・ハロウェイ(チェビー・チェイス)は、その件について語る。
__________

証券アナリストのニックは、秘書のキャシー・ディトーラ(ロザリンド・チャオ)に仕事を任せ、社交の場であるアカデミー・クラブに向かう。

一人でバーで飲んでいたニックは、友人のジョージ・タルボット(マイケル・マッキーン)から声をかけられて誘われるものの、気が進まない。

ところが、テーブルにいた美しいアリス・モンロー(ダリル・ハンナ)に惹かれたニックは仲間に加わり、紹介された彼女がテレビ・ドキュメンタリーのプロデューサーだということを知る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
1987年に発表された、H・F・セイントの小説”Memoirs of an Invisible Man”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
サンフランシスコ
証券アナリストのニック・ハロウェイは、ワックス教授のプレゼンテーションを聞くために、ハイテク企業マグナスコーピクスの研究所に向かう。
二日酔いだったニックはトイレで眠ってしまい、事故が起きたことに気づかない。
目覚めたニックは、自分の姿が消えて透明人間になってしまったことに気づく。
マグナスコーピクスの特殊な事故を上司のシングルトンから知らされたCIAのジェンキンスは、現場に向かうよう指示される。
現場に着いたジェンキンスは、ニックを捕えてスパイとして利用しようと考える。
その場から逃れたニックは、子供の頃は夢見ていた透明人間が不便なことに悩みながら、知り合ったアリスの協力を得て今後の対策を考えるのだが・・・。
__________

映画としてはお馴染みの”透明人間”を題材にした、ジョン・カーペンター演出によるSFコメディで、人気スターのチェビー・チェイスダリル・ハンナサム・ニールらが共演した話題作。

透明人間になった主人公が戸惑う様子がコミカルに描かれ、それをスパイとして利用しようとするCIAの謀略を絡めたサスペンス・タッチの内容も面白い。

主人公のチェビー・チェイスがナレーションを務める展開は”フィルム・ノワール”風でもあり、ジョン・カーペンターのこだわりが窺える興味深い作品。

特殊効果もなかなか凝っていて、ビジュアル的にも楽しめる。

主演のチェビー・チェイスは、透明人間になったことで戸惑い苦悩しながら、美女の協力を得て恋も芽生える男性を、彼らしい演技で熱演している。

主人公に協力して愛し合うようになる美女ダリル・ハンナ、主人公をスパイとして利用しようとするCIAサム・ニール、その上司スティーヴン・トボロウスキー、主人公の友人マイケル・マッキーン、その妻パトリシア・ヒートン、研究所の博士ジム・ノートンCIAパット・スキッパーポール・ペリリチャード・エプカースティーヴン・バー、主人公の友人グレゴリー・ポール・マーティン、主人公の秘書ロザリンド・チャオ、委員会議長のサム・アンダーソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021