4502 Movies

救命艇 Lifeboat (1944)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★ヒッチコック登場場面
★★★★

ジョン・スタインベックの原案を基に製作された、沈没した客船の救命艇で漂流する生存者達を描く、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演タルーラ・バンクヘッドウィリアム・ベンディックスウォルター・スレザックメアリー・アンダーソンジョン・ホディアクヒューム・クローニン他共演のサスペンス・ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:ケネス・マッゴーワン
原作:ジョン・スタインベック
脚本:ジョー・スワーリング
撮影:グレン・マックウィリアムズ
編集:ドロシー・スペンサー
音楽:ヒューゴー・フリードホーファー

出演
コンスタンス”コニー”ポーター:タルーラ・バンクヘッド

ガス・スミス:ウィリアム・ベンディックス
ウィリー:ウォルター・スレザック
アリス・マッケンジー:メアリー・アンダーソン
ジョン・コヴァック:ジョン・ホディアク
チャールズ・J”リット”リッテンハウス:ヘンリー・ハル
スタンリー”スパークス”ギャレット:ヒューム・クローニン
ヒグリー夫人:ヘザー・エンジェル
ジョー・スペンサー:カナダ・リー

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1944年製作 96分
公開
北米:1944年1月12日
日本:未公開
製作費 $1,590,000
北米興行収入 $1,000,000


アカデミー賞 ■
第17回アカデミー賞
・ノミネート
監督・原案・撮影賞(白黒)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
第二次世界大戦下、北大西洋
イギリスに向かう客船が、ドイツ軍Uボートの攻撃を受けて沈没する。

Uボートも撃沈され、船の残骸やドイツ兵乗組員の死体などが海面に浮かぶ。

一隻の救命艇には、無事だったアメリカ人コラムニストのコンスタンス”コニー”ポーター(タルーラ・バンクヘッド)が乗っていた。

そこに機関士のジョン・コヴァック(ジョン・ホディアク)が泳ぎ着き、Uボートが砲撃を受けて沈んだことをポーターから知らされる。

ポーターはそれらの様子を撮影していたことをコヴァックに語り、浮かんでいる哺乳瓶まで撮ろうとする。

憤慨したコヴァックは、拾ったテニスのラケットで哺乳瓶を割り、誰かの声が聞こえたため舵を取ろうとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

★ヒッチコック登場場面
上映から約24分、ウィリアム・ベンディックスが読む新聞記事の裏面のやせ薬の広告の写真、使用前、使用後の男性がアルフレッド・ヒッチコック
非常に分かりやすい。

*(簡略ストー リー)
第二次世界大戦下、北大西洋
イギリスに向かう客船が、ドイツ軍Uボートの攻撃を受けて沈没する。
Uボートも敵艦の攻撃で撃沈され、コラムニストのコンスタンス”コニー”ポーターら客船の生存者8名は救命艇で漂流することになる。
ところが、そこに客船を沈めたUボートの船員ウィリーが泳ぎ着く。
客船の機関士コヴァックはウィリーを殺すことを主張するが、戦時での命令だということを考慮する者や捕虜として軍に引き渡すべきだという意見が出てボート内は混迷する。
そして、コンパスもなく方角が分からないまま、生存者はバミューダを目指すことになるのだが・・・。
__________

第二次世界大戦の最中に撮影され、連合軍が北アフリカで勝利しシチリア島からイタリア本土に上陸し、東部戦線では”クルスクの戦い”でソ連軍が勝利した時期に撮影されていたことなどを考えながら鑑賞すると一層、興味深く観れる。

ワンシチュエーション映画の決定版的な作品で、様々な人種そして人生を歩む人々が集いながら、殺意に対する考えや微妙に変化していく人間心理、芽生える恋など様々なドラマが展開する見応えのある作品。

ワンショットでその状況を描写する巧みな手法など、アルフレッド・ヒッチコックの才能が遺憾なく発揮された作品として高い評価を得た。

第17回アカデミー賞では、監督、原案、撮影賞(白黒)にノミネートされた。

人を寄せ付けない堅物的雰囲気で登場するコラムニストの主人公タルーラ・バンクヘッドが、苦難の漂流を続ける間に角が取れて女性らしく変貌していく細やかな演出なども注目だ。

怪我の悪化により足を切断され空腹と渇きで正気を失う船員ウィリアム・ベンディックス、強かなドイツ兵を演ずるウォルター・スレザック、従軍看護師メアリー・アンダーソン、彼女との恋が芽生える船員のヒューム・クローニン、強硬派の機関士で反発し合いながらも主人公と心触れ合うようになるジョン・ホディアク、実業家である富豪のヘンリー・ハル、幼子を亡くし自ら命を絶つ婦人ヘザー・エンジェル。客室係のカナダ・リーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021