4354 Movies

スティーブ・ジョブズ Jobs (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アップル”の共同設立者の一人であるスティーブ・ジョブズの半生を描く、主演アシュトン・カッチャージョシュ・ギャッドダーモット・マローニーマシュー・モディーンJ・K・シモンズルーカス・ハース他共演、監督ジョシュア・マイケル・スターンによるドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ジョシュア・マイケル・スターン
製作:マーク・ヒューム
製作総指揮
ロナルド・バラード
ビル・ジョンソン
ジェイコブ・ペチェニク
マルコス・A・ロドリゲス

ジム・セイベル
デヴィッド・C・トラウブ
脚本:マット・ホワイトレイ
撮影:ラッセル・カーペンター

編集:ロバート・コマツ
音楽:ジョン・デブニー

出演
スティーブ・ジョブズアシュトン・カッチャー

スティーブ・ウォズニアックジョシュ・ギャッド
ジュリー:アマンダ・クルー
マイク・マークラダーモット・マローニー
ジョン・スカリーマシュー・モディーン
アーサー・ロックJ・K・シモンズ
ダニエル・コトキルーカス・ハース
ビル・フェルナンデスヴィクター・ラサック
クリス・エスピノーザ:エディ・ハッセル
ロッド・ホルトロン・エルダード

アル・アルコーンデヴィッド・デンマン
クリスアン・ブレナンアーナ・オライリー
ポール・ジョブズ:ジョン・ゲッツ
クララ・ジョブズ:レスリー・アン・ウォーレン
ビル・アトキンソンネルソン・フランクリン
アンディ・ハーツフェルドエルデン・ヘンソン
バレル・スミスレニー・ジェイコブソン
ギル・アメリオケヴィン・ダン
ジェフ・ラスキンブルット・ゲルマン
ローレン・パウエル・ジョブズアビー・ブラメル
ジャック・ダッドマン:ジェームズ・ウッズ
ポール・テレルブラッド・ウィリアム・ヘンケ
ジョナサン・アイブジャイルズ・マッシー

アメリカ 映画
配給 オープン・ロード・フィルムズ

2013年製作 129分
公開
北米:2013年8月16日
日本:2013年11月1日
製作費 $12,000,000
北米興行収入 $16,131,400
世界 $35,931,400


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2001年、”アップル”、タウン・ホール、スタッフ・ミーティング。
CEOスティーブ・ジョブズアシュトン・カッチャー)は”iPod”を発表する。
__________

1974年、オレゴン州、ポートランドリード・カレッジ
親友ダニエル・コトキルーカス・ハース)と構内にいたジョブズは、ジャック・ダッドマン教授(ジェームズ・ウッズ)に声をかけられる。

親の金を使ってまで意味のない教育を受けたくないと言って中退していたジョブズは、ダッドマンの忠告を聞こうとしない。

学生のジュリー(アマンダ・クルー)と知り合ったジョブズは、コトキと恋人クリスアン・ブレナンアーナ・オライリー)の分の”LSD”をもらいハイになる。

カリグラフィーのクラスに潜り込んだジョブズは、コンピューターにも興味を持ち、”ラム・ダス”の著書”Be Here Now”に影響を受けてコトキと共にインドに向う。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1976年。
大学にまともに通う気のなかったスティーブ・ジョブズは、親友スティーブ・ウォズニアックと共に自宅のガレージを作業場にして”Apple I”を完成して売り込みに成功する。
投資家マイク・マークラから資金援助を得て”アップル”を設立したジョブズは、仲間達と共に”Apple Ⅱ”を発表して会社は躍進する。
後継機”Lisa”の開発に妥協を許さないジョブズの変貌に、ウォズニアックは疑問を感じ始める。
その後ジョブズは、取締役会からの圧力で”Lisa”から手を引き”Macintosh・プロジャクト”のリーダーとなり、マーケティングを任せるためペプシコーラからジョン・スカリーを引き抜く。
1984年、”Macintosh”は発表されるものの、需要予測を誤り赤字を計上し、その責任を取らされたジョブズは”アップル”から追放されてしまう・・・。
__________

現代そして歴史上の偉人とも言える存在となった故スティーブ・ジョブズの伝記ドラマであり、彼が亡くなって間もない時期に製作、公開されたために話題にはなった作品。

しかし、余りにも有名な人物を描くドラマの内容は、100%事実かは別として殆ど知られているため、新鮮味が感じられない平凡な作品に終わっている。

スティーブ・ジョブズの人間を超越した感性を表現する描写やセリフが興味深い。

作品自体の評価も悪く、利益はでたものの興行的にも成功したとは言えない結果となった。

製作費 $12,000,000
北米興行収入 $16,131,400
世界 $35,931,400

ファンには申し訳ないが、熱演はするものの他のスターに演じてもらいたかったという思いが全編で続くアシュトン・カッチャーの起用も今一で、もう少し深い演技のできる役者に演じさせたかったというのが正直なところだ。
彼のお決まりのポジションとも言えるラジー賞もノミネートされてしまった。

スティーブ・ウォズニアックジョシュ・ギャッドジョブズが学生時代に付き合うアマンダ・クルーマイク・マークラダーモット・マローニージョン・スカリーマシュー・モディーンアーサー・ロックJ・K・シモンズダニエル・コトキルーカス・ハースビル・フェルナンデスヴィクター・ラサッククリス・エスピノーザのエディ・ハッセル、ロッド・ホルトロン・エルダードアル・アルコーンデヴィッド・デンマンジョブズの恋人クリスアン・ブレナンアーナ・オライリージョブズの養父ジョン・ゲッツ、養母レスリー・アン・ウォーレンビル・アトキンソンネルソン・フランクリンアンディ・ハーツフェルドエルデン・ヘンソンバレル・スミスレニー・ジェイコブソンギル・アメリオケヴィン・ダンジェフ・ラスキンブルット・ゲルマンジョブズの妻ローレン・パウエル・ジョブズアビー・ブラメル、大学教授ジェームズ・ウッズポール・テレルブラッド・ウィリアム・ヘンケジョナサン・アイブジャイルズ・マッシーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020