4505 Movies

モールス Let Me In (2010)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

2004年に発表された、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの小説”Let the Right One In”を基に、彼自身の脚本により製作されたスウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」(2008)のリメイク。
孤独な少年とヴァンパイアの少女の親交を描く、監督、脚本マット・リーヴス、主演コディ・スミット=マクフィークロエ・グレース・モレッツリチャード・ジェンキンスイライアス・コティーズ他共演のホラー。


スリラー/ホラー

クロエ・グレース・モレッツ / Chloë Grace Moretz / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:マット・リーヴス
製作
サイモン・オークス
アレックス・ブラナー
ガイ・イースト
トビン・アーンブラスト
ドナ・ジグリオッティ
カール・モリンダー
製作総指揮
ナイジェル・シンクレア
ジョン・パーク・フィリップ
エルウェイ・フレドリック・モームバーグ
原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストLet the Right One In
脚本:マット・リーヴス
撮影:グレイグ・フレイザー
編集:スタン・サルファス
音楽:マイケル・ジアッキーノ

出演
オーウェン:コディ・スミット=マクフィー
アビー:クロエ・グレース・モレッツ
トーマス:リチャード・ジェンキンス
オーウェンの母:カーラ・ブオノ
刑事:イライアス・コティーズ
ゾリック:リッチー・コスター
ヴァージニア:サーシャ・バレス
ラリー:ディラン・ケニン
ケニー:ディラン・ミネット
ジャック:クリス・ブラウニング
マーク:ジミー・ピンチャク

アメリカ/イギリス 映画
配給
Overture Films
レラティビティ・メディア
(北米)
パラマウント・ピクチャーズ
Icon Productions
(イギリス)
2010年製作 116分
公開
イギリス:2010年11月5日
北米:2010年10月1日
日本:2011年8月5日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $12,134,400
世界 $24,145,610


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1983年3月、ニューメキシコ州、ロス・アラモス
高濃度の酸を浴びたと思われる50代の男性が、救急車で運ばれる。

男性は、有毒ガスにより気道が損傷し、血圧、心拍数は不安定だった。

犯罪に関与した可能性があるため、男性はパトカーの先導で搬送される。

事件を担当する刑事(イライアス・コティーズ)は、治療を受けて話せる状態でない男性から、何んとか身元を聞き出そうとする。

悪魔崇拝者かカルト教団の一員かを尋ねた刑事は、仲間がいるとしたら全員逮捕することを伝える。

看護師に呼ばれた刑事は電話を受けて、男性の娘が受付にいることを知らされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1983年、ニューメキシコ州、ロス・アラモス
学校でいじめられている12歳の孤独な少年オーウェンは、母親とアパートで二人暮らしをしていた。
ある夜、オーウェンは、雪が積もる中、父親らしき男性トーマスとアパートの隣に越して来た裸足の少女アビーが気になる。
実はヴァンパイアだったアビーは、人の血を求める旅を続け、トーマスがその手助けをして殺人を繰り返していた。
アビーに声をかけられた友達もいないオーウェンは、不思議な雰囲気の彼女に興味を持ち、やがて親交を深めるのだが・・・。
__________

世界の映画賞などで高く評価されたスウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」(2008)のリメイクで、「クローバーフィールド」(2008)を興行的に成功させた、マット・リーヴスの脚本を兼ねた監督作品。

孤独な少年とヴァンパイアの少女の交流と友情、そして恋が切なく描かれる、数多くあるヴァンパイア映画の中でも異色の内容となっている。

終始、陰鬱で悲しい雰囲気で進行する物語の中で、まともに母親の顔を映さないことで、少年の孤独感を強調しようとする、マット・リーヴスの細やかな演出なども注目したい。

その主人公の二人を演ずるコディ・スミット=マクフィークロエ・グレース・モレッツは、撮影当時それぞれ13歳と12歳で、厳しい現実に生きる孤独な少年と、永遠に生き続けるために”獲物”を追いながら旅を続けるヴァンパイアの少女を好演し、各映画賞などで絶賛された。

ヴァンパイアの少女の父親にしては老け過ぎている男性として登場するリチャード・ジェンキンスが、実は父親ではなく、彼女と数十年を共にする、生き血を手に入れる謎の協力者として、実力派らしい深い演技を見せてくれる。

主人公の母親カーラ・ブオノ、事件を捜査する刑事イライアス・コティーズ、主人公が通うの学校の教師リッチー・コスター、少女に襲われてヴァンパイアと化す隣人女性のサーシャ・バレス、その恋人ディラン・ケニン、主人公をいじめる少年ディラン・ミネットジミー・ピンチャク、少女に襲われる隣人クリス・ブラウニングなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021