4545 Movies

ファミリー・アゲイン A.C.O.D. (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

離婚家庭で育ったアダルトチルドレンである主人公が、弟の結婚式を機に寄りを戻した両親の気まぐれに翻弄される姿を描く、製作総指揮、主演アダム・スコットリチャード・ジェンキンスキャサリン・オハラエイミー・ポーラーメアリー・エリザベス・ウィンステッドジェシカ・アルバ他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:スチュ・ジッカーマン

製作
テディ・シュウォーツマン
ベン・カーリン
ティム・ペレル
製作総指揮
アダム・スコット
ジョージ・A・パースウェル
脚本
ベン・カーリン
スチュ・ジッカーマン
撮影:ジョン・ベイリー
編集:ジェフリー・ウルフ
音楽:ニック・ウラタ

出演
カーター:アダム・スコット
ヒュー:リチャード・ジェンキンス
メリッサ:キャサリン・オハラ
ソンドラ:エイミー・ポーラー
ローレン:メアリー・エリザベス・ウィンステッド
Dr.ロレイン・ジュディス:ジェーン・リンチ
ミシェル:ジェシカ・アルバ
トレイ:クラーク・デューク
ギャリー:ケン・ハワード
マーク:アダム・パーリー
キエコ・コバヤシ:ヴァレリー・ティアン

アメリカ 映画
配給
The Film Arcade
Paramount Home Media Distribution
2013年製作 90分
公開
北米:2013年10月4日
日本:未公開
北米興行収入 $172,340


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
喧嘩ばかりしながら離婚した両親の間を行き来しながら成長したカーター(アダム・スコット)は、レストラン”ホワイトグラス”を経営していた。

弟のトレイ(クラーク・デューク)からの電話を受けたカーターは、日系三世のキエコ・コバヤシ(ヴァレリー・ティアン)との結婚を決めたことを知らされる。

トレイに会ったカーターは、自分の家のガレージに住み金もない現状で結婚する弟のことを心配する。

問題ないと言うトレイから、結婚式に両親を呼んでほしいと言われたカーターは、不可能だと伝えて式を止めるよう説得する。

トレイの気持ちが変わらないため、仕方なく両親に話すことを約束したカーターは、父ヒュー(リチャード・ジェンキンス)にその件を伝える。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
不仲の両親の間で育ったカーターは成人し、レストランを経営していた。
ある日カーターは、弟のトレイが結婚することを知らされ、両親を式に出席させてほしいと頼まれる。
どうすれば両親を出席させられるか悩むカーターは、様々な方法を考える。
ところが、何を思ったか、寄りを戻した両親の身勝手な行動により、カーターの人生の歯車は狂ってしまう・・・。
__________

離婚率50%と言われる、アメリカの社会問題でもある”離婚”の犠牲者とも言える子供達、その成長したアダルトチルドレンの苦悩をコミカルに描いた作品。

様々な出来事に苦悩する主人公は追い込まれるのだが、そんな彼の苦労を尻目に、身勝手な両親が問題を起こしていく展開が実に愉快に描かれている。

エンドロールで”A.C.O.D./離婚家庭で育ったアダルトチルドレン”他についてが紹介される。
当たり前のようにそれを受け入れる人々の現状に、驚きもしなくなっていることに気づくということは、こんなところでも、日本がアメリカ社会に影響を受け、それを追っているのかとも考えてしまう。

アダルトチルドレン”として、その原因となった両親の問題に対処する悩める主人公を演ずるアダム・スコット、息子の苦悩を考えずに寄りを戻してしまう両親を愉快に演ずるリチャード・ジェンキンスキャサリン・オハラ、ヒュー(リチャード・ジェンキンス)の三番目の妻で、主人公のレストランが入るビルのオーナー、エイミー・ポーラー、主人公の恋人メアリー・エリザベス・ウィンステッド、主人公らを題材にして研究するジェーン・リンチ、その研究の対象者でもある女性ジェシカ・アルバ、主人公の弟クラーク・デューク、その婚約者ヴァレリー・ティアン、メリッサ(キャサリン・オハラ)の夫ケン・ハワード、本の研究対象の青年アダム・パーリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021