4238 Movies

レ・ミゼラブル Les Misérables (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1862年に発表された、ヴィクトル・ユーゴーの小説”レ・ミゼラブル”を基にした、1985年(初演1980年)から改訂上演され続けるミュージカル”レ・ミゼラブル”の映画化。
監督トム・フーパー、主演ヒュー・ジャックマンラッセル・クロウアン・ハサウェイアマンダ・サイフリッドエディ・レッドメインサシャ・バロン・コーエンヘレナ・ボナム=カーター共演。


ドラマ(ミュージカル)

ラッセル・クロウ / Russell Crowe 作品一覧
ラッセル・クロウ / Russell Crowe / Pinterest
エディ・レッドメイン / Eddie Redmayne / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:トム・フーパー
製作総指揮
ライザ・チェイシン

アンジェラ・モリソン
ニコラス・アロット
F・リチャード・パパス
製作
ティム・ビーヴァン

エリック・フェルナー
デブラ・ヘイワード
キャメロン・マッキントッシュ
脚本
ウィリアム・ニコルソン

アラン・ブーブリル
クロード・ミシェル・シェーンベルク
ハーバート・クレッツマー
原作:ヴィクトル・ユーゴーレ・ミゼラブル
ミュージカル”レ・ミゼラブル
アラン・ブーブリル

クロード・ミシェル・シェーンベルク
撮影:ダニー・コーエン
編集
クリス・ディケンズ

メラニー・オリヴァー
美術装置
イヴ・スチュアート

アナ・リンチ=ロビンソン
メイクアップ&ヘアスタイリング
リサ・ウェスコット

ジュリア・ダートネル
衣装デザイン:パコ・デルガド
音楽:クロード・ミシェル・シェーンベルク

出演
ジャン・ヴァルジャン:ヒュー・ジャックマン

ジャベール:ラッセル・クロウ
ファンティーヌ:アン・ハサウェイ
コゼット:アマンダ・サイフリッド
コゼット(幼少期):イザベル・アレン
マリウス・ポンメルシー:エディ・レッドメイン
アンジョルラス:アーロン・トヴェイト
テナルディエ:サシャ・バロン・コーエン
テナルディエ夫人:ヘレナ・ボナム=カーター
シャルル・フランソワ・ビヤンヴニュ・ミリエル司教:コルム・ウィルキンソン
エポニーヌ:サマンサ・バークス
エポニーヌ(幼少期):ナタリア・エンジェル・ウォレス
ガブローシュ:ダニエル・ハトルストーン

イギリス 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

2012年製作 157分
公開

イギリス:2013年1月11日
北米:2012年12月25日
日本:2012年12月21日
製作費 $61,000,000
北米興行収入 $148,809,800
世界 $441,809,800


アカデミー賞 ■
第85回アカデミー賞
・受賞
助演女優(アン・ハサウェイ)
メイクアップ&ヘアスタイリング・録音賞
・ノミネート
作品
主演男優(ヒュー・ジャックマン)
美術・衣装デザイン・歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1815年、フランス
パンを盗み服役し、脱獄の罪で19年の刑を受けていたジャン・ヴァルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、”24601”という囚人番号で自分を呼ぶ警部ジャベール(ラッセル・クロウ)から仮釈放を言い渡される。

危険人物の警告付き許可証を渡されたヴァルジャンは、自由の身とはなるものの、彼を見る世間の目は冷たかった。

ディーニュ=レ=バン
飢えと寒さに苦しんでいたヴァルジャンは、司教シャルル・フランソワ・ビヤンヴニュ・ミリエル(コルム・ウィルキンソン)から声をかけられ教会に招かれる。

食事と暖を与えられたヴァルジャンは、司教が寝静まった後、銀食器を盗み逃亡する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1815年、フランス
パンを盗んだ罪で19年服役した囚人のジャン・ヴァルジャンは、ジャベール警部から仮釈放を言い渡される。
自由の身とはなったものの、ヴァルジャンに対する世間の目は厳しく、彼は飢えと寒さに苦しむ。
ある日ヴァルジャンは、ミリエル司教に教会に招かれ、食事と寝床を与えられるものの、その夜、銀食器を盗み逃亡する。
逮捕されたヴァルジャンは、銀食器を自分に与えたと言う司教の慈悲の言葉に心打たれ、正しい生き方をすることを心に誓う。
8年後、ヴァルジャンは、工場を経営し市長にまでなっていた。
女工ファンティーヌがクビになったことを救えず、彼女が娘コゼットのために娼婦になったことを自分の責任と考えたヴァルジャンは、彼女のために尽くすことが使命だと考える。
しかし、病気のファンティーヌは息を引き取り、自分の正体に気づいたジャベールに追われる身となったヴァルジャンは、コゼットを引き取り親となり逃亡生活を始めるのだが・・・。
__________

世界中で絶賛され続ける同名ミュージカルの待望の映画化ということで話題となった作品。

英国王のスピーチ」(2010)でアカデミー監督賞を受賞したトム・フーパーは、パワフル且つ感動を盛り上げる演出で全編を描きり、重厚な作品に仕上げている。

主演のヒュー・ジャックマン他、ミュージカルが本職でないスター達の熱演、熱唱は圧巻で、全編に漂う陰湿なムードとは対照的に、力感溢れる彼らの歌唱力で物語は感動の渦に包まれる。

第85回アカデミー賞では、作品賞以下8部門にノミネートされ、助演女優(アン・ハサウェイ)、メイクアップ&ヘアスタイリング、録音賞を受賞した。
・ノミネート
作品
主演男優(ヒュー・ジャックマン)
美術・衣装デザイン・歌曲賞

授賞式で、主な出演者がステージに登場するパフォーマンスの素晴らしさが印象に残る。

これだけのスターの出演、セットを含めた映像的な素晴らしさにも拘わらず製作費は6100万ドルに抑えられた。
北米興行収入は約1億4900万ドル、全世界では約4億4200万ドルの大ヒットとなった。

やつれ果てた姿も痛々しいほどのシェイプアップをして役に挑んだヒュー・ジャックマン、上映開始から45分で命を落としてしまうものの、同じく迫真の演技で観る者に感動を与えるアン・ハサウェイ、二人の演技は各方面で高く評価された。

主人公を執拗に追う警部ジャベールを、存在感を発揮して演ずるラッセル・クロウ、主人公らに支えられて、愛に満ちた人生を送ることになるコゼットのアマンダ・サイフリッドと、運命の恋人役エディ・レッドメイン、共和派の同志アーロン・トヴェイト、コゼットを預かる宿の主人サシャ・バロン・コーエンとその妻ヘレナ・ボナム=カーター、娘のサマンサ・バークスと少女期ナタリア・エンジェル・ウォレス、主人公を改悛させる司教コルム・ウィルキンソン、コゼットの少女期イザベル・アレン、共和派に加わる少年ダニエル・ハトルストーン等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020