4234 Movies

レ・ミゼラブル Les Miserables (1998)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

何度も映画化された、ヴィクトル・ユーゴーが1862年に発表した同名小説を基に、デンマークの名匠のビレ・アウグストが再映画化した作品。
ささいな罪で刑務所に入れられ長年の重労働の末に出獄し、ある司教の教えで改心した男の運命を描く、主演リーアム・ニーソンジェフリー・ラッシュユマ・サーマンクレア・デインズ共演によるドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ビレ・アウグスト
製作
サラ・ラドクリフ

ジェームズ・ゴーマン
原作:ヴィクトル・ユーゴー

脚本:ラファエル・イグレシアス
撮影:ヨルゲン・ペルソン
編集:ヤヌス・ビレスコフ・ヤンセン
音楽:ベイジル・ポールドゥリス

出演
ジャン・ヴァルジャン:リーアム・ニーソン

ジャヴェール警部:ジェフリー・ラッシュ
ファンティーヌ:ユマ・サーマン
コゼット:クレア・デインズ
コゼット(少女期):ミミ・ニューマン
マリウス・ポンメルシー:ハンス・マシソン
テナルディエ:ジョン・ケニー
テナルディエ夫人:ジリアン・ハンナ
エポニーヌ:シルヴィ・コヴィルィズコヴァ
ガヴローシュ:シェイン・ハーヴィ
アンジョルラス:レニー・ジェームズ
カルノー:ジョン・マッグリン
ボーヴェ:リーネ・ブリュノルフソン
ミリエル司教:ピーター・ヴォーン

イギリス/アメリカ/ドイツ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ

1998年製作 134分
公開
イギリス:1998年11月20日
北米:1998年5月1日
日本:1999年2月6日
ドイツ:1998年12月24日
北米興行収入 $14,096,320


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
19年間の刑務所生活の末、仮釈放になった男ジャン・ヴァルジャン(リーアム・ニーソン)は、行く場所もなくさ迷いヴィゴーの町にたどり着く。

飢えを凌ぎ宿を得るため、ヴァルジャンはミリエル司教(ピーター・ヴォーン)の元に迎え入れられる。

食事を与えられたヴァルジャンは、盗みで投獄されたことを司教に伝え、科せられていた重労働を思いながらベッドに横たわる。

夜中に目が覚めたヴァルジャンは、銀食器を盗み、それに気づいた司教を殴り倒して、その場から逃げ去る。

翌日、ヴァルジャンは取れえられ、司教の元に連れて行かれる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
19年の刑期の末、仮釈放となったジャン・ヴァルジャンは、自分を迎え入れてくれた司教を裏切り、銀食器を盗み彼を殴り倒して逃亡する。
翌日、捕らえられたヴァルジャンは、司教の元に連れて行かれる。
しかし司教は、銀食器は譲ったものだと言ってヴァルジャンを釈放させて改心させる。
9年後、ヴァルジャンは町の市長になり、亡くなった司教の教えを守り、人のために尽くし質素に暮らしていた。
そこに、警察署長に赴任したジャヴェールが現れるのだが、彼は、ヴァルジャンの投獄時代のを知る刑務所の元看守だった。
ジャヴェールは市長の素性を調べ、疑いを確信にして彼の告発も考える。
その頃、ヴァルジャンが経営する工場で働くファンティーヌは、里親に出した娘コゼットのために身を粉にして働いていた。
しかし、私生児を持つ母親と言われ工場を解雇され、仕方なく娼婦となり、やがて病に倒れる。
ファンティーヌの不幸を知ったヴァルジャンは、彼女の世話をして、コゼットを引き取ろうとする。
しかし、ある事件で市長がヴァルジャンであることを知ったジャヴェールは、彼を逮捕しようとする・・・。
__________

誰もが親しんだことのある、あまりにも有名な物語であるため、その再確認的な視点で観てしまうというのが正直なところだが、深い内容で重みもある、見応えのある作品に仕上がっている。

既に世界的名声を得ていた、包容力のあるリーアム・ニーソンの演技は注目で、同じく同世代のジェフリー・ラッシュが、実力派らしく、主人公の”宿敵ジャヴェール”を重厚に演じ切っている。

終盤の、フランス復古王政時代を絡めた展開に期待したのだが、サスペンス・タッチを意識し過ぎたせいか、やや力強さに欠ける演出が気になる。

薄幸の女性ファンティーヌを熱演するユマ・サーマン、自分や義父の秘密を知らずに育つ、その娘コゼットのクレア・デインズ、彼女と恋に落ちる革命青年のハンス・マシソン、ジャヴェールの部下ながら、人格者であるヴァルジャンに手を貸す警察官リーネ・ブリュノルフソン、ヴァルジャンを改心させる司教ピーター・ヴォーンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020