4373 Movies

LBJ (2016)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

暗殺されたジョン・F・ケネディの後を継ぎ大統領に就任したリンドン・B・ジョンソンの知られざる人間性を描く、製作、監督ロブ・ライナー、主演ウディ・ハレルソンジェニファー・ジェイソン・リーマイケル・スタール=デヴィッドリチャード・ジェンキンスビル・プルマンジェフリー・ドノヴァン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ロブ・ライナー

製作
マシュー・ジョージ
ティム・ホワイト
トレヴァー・ホワイト
ロブ・ライナー
リズ・グロッツァー
製作総指揮
マーティン・シェイファー
エリザベス・A・ベル
脚本:ジョーイ・ハートストーン
撮影:バリー・マーコウィッツ
編集:ボブ・ジョイス
音楽:マーク・シェイマン

出演
リンドン・B・ジョンソンウディ・ハレルソン
レディ・バード・ジョンソンジェニファー・ジェイソン・リー
ロバート・F・ケネディマイケル・スタール=デヴィッド
リチャード・ラッセル上院議員:リチャード・ジェンキンス
ラルフ・ヤーボロー上院議員:ビル・プルマン
ジョン・F・ケネディジェフリー・ドノヴァン
ジャクリーン・ケネディキム・アレン
テッド・ソレンセンブレント・ベイリー
ジョン・コナリー:ジョン・バーク
ジョージ・リーディ:ジョン・エリソン・コンリー
ビル・モイヤーズ:オリヴァー・エドウィン
ジャック・ヴァレンティダレル・ガリビュー
エヴァレット・ダークセン上院議員:ゲイリー・グラッブス
ウォルター・ジェンキンスC・トーマス・ハウエル
アーサー・M・シュレジンジャーJr.ウォレス・ランガム
ファニータ・ロバーツ:ケイト・バトラー
ヒューバート・ハンフリー上院議員:ダグ・マッケオン
ケネス・オドネルマイケル・モーズリー
ラリー・オブライエン:ティム・ランサム
ピエール・サリンジャーリッチ・ソマー
ルーファス・ヤングブラッドブライアン・ステパニック

アメリカ 映画
配給 Electric Entertainment
2016年製作 97分
公開
北米:2017年11月3日
日本:2018年10月6日
製作費 $26,000,000
北米興行収入 $2,470,980
世界 $2,510,150


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1963年11月22日、ダラス・ラブフィールド空港
ジョン・F・ケネディ大統領(ジェフリー・ドノヴァン)の到着を待つ副大統領リンドン・B・ジョンソンウディ・ハレルソン)は、妻レディ・バードジェニファー・ジェイソン・リー)と共に、ラルフ・ヤーボロー上院議員(ビル・プルマン)との不仲を話題にする新聞記事を気にする。

エアフォースワン”から降りる大統領と夫人ジャクリーンキム・アレン)を迎えたジョンソンは、ヤーボローとは言葉を交わさずにパレードのために用意された車に乗る。

4年前、院内総務事務所。
農業法案を可決させようとするジョンソンは、意見の違う新人議員のヤーボローを見下し、自分に従わせようとする。
__________
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1963年11月22日、ダラスジョン・F・ケネディ大統領が暗殺され、副大統領のリンドン・B・ジョンソンは、その場で宣誓して大統領に就任する。
国民の混乱を避けようとするジョンソンは、ケネディの弟である司法長官ロバートと対立しながら、今こそ結束するべきだという考えを変えずに職務を果たそうとするのだが・・・。
__________

暗殺されたアメリカ大統領ジョン・F・ケネディの後を継ぎ大統領に就任したリンドン・B・ジョンソンの知られざる人間性を描くドラマ。

ロブ・ライナーが製作を兼ねて監督し、ウディ・ハレルソンが主人公であるリンドン・B・ジョンソンを演じた。

院内総務として議会の実力者だったリンドン・B・ジョンソンが、カリスマ的な人気を誇るジョン・F・ケネディの陰の存在となるしかなかった背景や、暗殺の悲劇により大統領となった後の苦悩、そして、夫人レディ・バードや周囲の人々の励ましや協力により、”公民権法”を成立させるまでを描く人間ドラマ。

主人公のリンドン・B・ジョンソンを演ずるウディ・ハレルソンは熱演するものの、そのメイクは不自然であり、よく知られる本人のイメージとは違うことが気になる。

同じく、メイクで本人とは分からない、ファーストレディ、レディ・バード・ジョンソンジェニファー・ジェイソン・リージョンソンと対立する司法長官ロバート・F・ケネディマイケル・スタール=デヴィッド、”公民権法”に反対するリチャード・ラッセル上院議員のリチャード・ジェンキンスジョンソンとは意見が合わなかったものの、公民権法成立の協力を約束するラルフ・ヤーボロー上院議員のビル・プルマンジョン・F・ケネディジェフリー・ドノヴァン、その妻ジャクリーン・ケネディキム・アレン、スピーチライターであるテッド・ソレンセンブレント・ベイリーテキサス州知事ジョン・コナリーのジョン・バーク、ホワイトハウス報道官ジョージ・リーディのジョン・エリソン・コンリー、同じくビル・モイヤーズのオリヴァー・エドウィン、大統領特別補佐官ジャック・ヴァレンティダレル・ガリビューエヴァレット・ダークセン上院議員のゲイリー・グラッブスジョンソンの側近ウォルター・ジェンキンスC・トーマス・ハウエルケネディの補佐官アーサー・M・シュレジンジャーJr.ウォレス・ランガムジョンソンの秘書ケイト・バトラー、ヒューバート・ハンフリー上院議員のダグ・マッケオン大統領特別補佐官ケネス・オドネルマイケル・モーズリー郵政長官ラリー・オブライエンのティム・ランサム、ホワイトハウス報道官ピエール・サリンジャーリッチ・ソマーシークレットサービスルーファス・ヤングブラッドブライアン・ステパニックなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021