4478 Movies

ラストベガス Last Vegas (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

幼馴染みの4人組が、一人の結婚式のために集まったラスベガスで繰り広げる騒動と友情の再確認を描く、監督ジョン・タートルトーブ、出演マイケル・ダグラスロバート・デ・ニーロモーガン・フリーマンケヴィン・クラインメアリー・スティーンバージェン他共演のコメディ。


コメディ

モーガン・フリーマン / Morgan Freeman 作品一覧
モーガン・フリーマン / Morgan Freeman / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジョン・タートルトーブ

製作
ローレンス・マーク
エイミー・ベアー
製作総指揮
ネイサン・カヘイン
ジェレマイア・サミュエルズ
ローレンス・グレイ
脚本:ダン・フォーゲルマン
撮影:デヴィッド・ヘニングス
編集:デヴィッド・レニー
音楽:マーク・マザースボウ

出演
ビリー・ガーソン:マイケル・ダグラス
パトリック”パディ”コナーズ:ロバート・デ・ニーロ
アーチボルド”アーチー”クレイトン:モーガン・フリーマン
サム・ハリス:ケヴィン・クライン
ダイアナ・ボイル:メアリー・スティーンバージェン
ディーン:ジェリー・フェレーラ
ロニー:ロマニー・マルコ
モーリス・ティシュラー:ロジャー・バート
ミリアム・ハリス:ジョアンナ・グリーソン
エズラ・クレイトン:マイケル・イーリー
リサ:ブレ・ブレア
ウエイトレス:ヴェロニカ・ロサティ
本人:50セント
本人:レッドフー

アメリカ 映画
配給 CBS Films
2013年製作 105分
公開
北米:2013年11月1日
日本:2014年5月24日
製作費 $28,000,000
北米興行収入 $63,914,170
世界 $134,402,5000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨークブルックリンフラットブッシュ
幼馴染の4人ビリー・ガーソン、パトリック”パディ”コナーズ、アーチボルド”アーチー”クレイトン、サム・ハリスは、いつも行動を共にする親友だった。

ビリーとパディは、同じ幼馴染のソフィーに惹かれていた。

父親が経営するカフェを手伝っていたサムは、4人がいつも一緒であるため兄にからかわれる。

それに意見するビリーらは、サムのバイト代だと言って1本のスコッチを持ち去る。

58年後。

フロリダネイプルズ
サム(ケヴィン・クライン)は、妻ミリアム(ジョアンナ・グリーソン)と老後を過ごしていた。

ニュージャージー州、エングルウッド
アーチー(モーガン・フリーマン)は、2度離婚して、軽い脳梗塞から回復し他ばかりであり、息子エズラ(マイケル・イーリー)の家族と暮らしていた。

ブルックリン
パディ(ロバート・デ・ニーロ)は、妻ソフィーを1年前に亡くし、悲しみに耐える日々を送っていた。

カリフォルニア州、マリブ
実業家として成功したビリー(マイケル・ダグラス)は、知人の結婚式のスピーチ中に、娘のような恋人リサ(ブレ・ブレア)にプロポーズする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
60年の友情で結ばれた幼馴染のビリー、パディ、アーチー、サムは、ラスベガスに集まることになる。
唯一人、独身だったビリーが娘のような恋人と結婚するため、バチェラー・パーティーを開くことが決まったのだった。
気難しいパディは、ビリーが妻の葬儀に出席しなかったことを恨み、彼の呼びかけに従う気になれなかったが、アーチーとサムに説得されて仕方なく旅立つ。
4人はラスベガスで合流するものの、パディはビリーを許さないまま気まずい雰囲気が続く。
そんな4人は歌手のダイアナに出会い、同年代の彼女と親交を深める。
その後、アーチーがカジノで10万ドルを手に入れたため、4人は最高級スイートに泊まることになる。
4人はパーティを計画しながら楽しもうとするのだが、ビリーとパディの溝は埋まらなかった・・・。
__________

全員がオスカー受賞者である、ハリウッドを代表する4人の大物スター、マイケル・ダグラスロバート・デ・ニーロモーガン・フリーマンケヴィン・クラインによる、豪華競演が話題になった作品。

成功している実業家を含めて一般人として登場する4人なのだが、実際には誰でも承知のセレブなので、衣装や演技で野暮ったく見せても、ラスベガスのリッチなイメージや高級ホテルの部屋に馴染んでしまうところなどが面白い。

話が都合よくうまくまとまり過ぎるのも、コメディと考えれば許せる範囲で、友情物語を人間味溢れる雰囲気で描く、ジョン・タートルトーブの軽快な演出が心地よい楽しい作品。

細かいことは抜きにして、ドリームチームとも言える名優の演技を堪能できる、贅沢で得した気分になれる作品でもある。

ビッグネームの競演により集客効果は抜群であり、北米興行収入は約6400万ドル、全世界では約1億3400万ドルのヒットとなった。

奔放な自由人タイプの実業家なのだが、終盤で秘密を明かして人間味を見せるマイケル・ダグラス、彼を恨むものの、裏切りではなかったことを知り友情を深めるロバート・デ・ニーロ、二人の溝を埋めようと努力するモーガン・フリーマン、同じく愉快な演技で楽しませてくれるケヴィン・クライン、4人と親交を深める歌手のメアリー・スティーンバージェン、4人をマフィアだと思い付き添いをするジェリー・フェレーラ、ホテル側の4人の担当者ロマニー・マルコ、サム(ケヴィン・クライン)と親交を深める女装趣味の宿泊客ロジャー・バート、サムの妻ジョアンナ・グリーソン、アーチー(モーガン・フリーマン)の息子マイケル・イーリー、ビリー(マイケル・ダグラス)の婚約者ブレ・ブレア、ウエイトレスのヴェロニカ・ロサティ、本人役で50セントレッドフーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021