4239 Movies

恋と愛の測り方 Last Night (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

元恋人に再会した妻と同僚に魅力を感じる夫の複雑な関係を描く、キーラ・ナイトレイサム・ワーシントンエヴァ・メンデスギョーム・カネ共演、監督マッシー・タジェディンによるドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:マッシー・タジェディン
製作総指揮
バディ・エンライト

製作
クリストフ・ランディー

マッシー・タジェディン
ニック・ウェクスラー
脚本:マッシー・タジェディン
撮影:ピーター・デミング
編集:スーザン・E・モース
音楽:クリント・マンセル

出演
ジョアンナ・リード:キーラ・ナイトレイ

マイケル・リード:サム・ワーシントン
ローラ・ヌネズ:エヴァ・メンデス
アレックス・マン:ギョーム・カネ
トゥルーマン:グリフィン・ダン
サンドラ:ステファニー・ロマノフ
スチュアート:スコット・アツィット
アンディ:ダニエル・エリック・ゴールド
クリス:クリセル・アルメイダ

フランス/アメリカ 映画
配給
ゴーモン・ブリティッシュ

ミラマックス
2010年製作 92分
公開
フランス:2011年2月16日
北米:2011年5月6日
日本:2012年5月12日
北米興行収入 $98,990
世界 $7,743,920


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
結婚3年目を迎えた、ファッション誌のフリー・ライター、ジョアンナ・リード(キーラ・ナイトレイ)と、不動産開発の仕事をする夫のマイケル(サム・ワーシントン)は、彼の上司スチュアート(スコット・アツィット)のパーティーに向かう。

同僚アンディ(ダニエル・エリック・ゴールド)らとも顔を合わせた二人だったが、ジョアンナは、マイケルが、ある女性(エヴァ・メンデス)と話し込んでいることを気にする。

マイケルから、その女性ローラ・ヌネズが同僚で、新任のデザイナーだと紹介されたジョアンナは、彼女と簡単な挨拶を交わす。

アンディから、二人の仕事上の関係や出張に行ったことなどを聞いたジョアンナは気分を害する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
結婚3年目を迎えた、ファッション誌のフリー・ライター、ジョアンナ・リードと、不動産開発の仕事をする夫マイケルは、上司のパーティーに向かう。
ジョアンナは、マイケルが同僚のローラと話し込んでいる姿を見て、二人の関係を疑う。
帰宅した二人は、その件で口論となるが、何もないと言うマイケルの言葉を、ジョアンナは一応信じて、翌日、彼を出張に送り出す。
その後ジョアンナは、フランス人作家の元恋人アレックスに偶然出くわし、会う約束をする。
ジョアンナは、マイケルを疑ったことを気にしながらも、着飾ってアレックスの元に向かう。
一方、マイケルは出張先で、魅力的なローラに誘われてしまう・・・。
__________

「ジャケット」(2005)の脚本を担当したマッシー・タジェディンが、その出演者であり親交のあるキーラ・ナイトレイを起用して、監督デビューを果たした作品。

それほど引き込まれるようなストーリーではないが、若くしてその実力を高く評価されるキーラ・ナイトレイ他の演技のぶつかり合い、マッシー・タジェディンの、女性らしい細やかな映像表現などが注目の作品。

北米では、わずか6館の上映に終わり商業的に成功した作品ではない。

結婚3年目の夫婦に訪れる、微妙な心の乱れ、元恋人の出現に戸惑う妻と、魅力的な同僚に心惹かれる夫、双方の行動を同時に映し出す描写は結構スリリングでもある。

若くして既にキャリア十分のキーラ・ナイトレイは貫録さえ感じられ、とにかく表情が豊かであり、玄人好みのする演技を見せてくれる。

一方サム・ワーシントンも、結局は、誘惑に負けて妻を裏切ってしまう、こちらは無表情に近い夫役を落ち着いた雰囲気で好演している。

魅力的な夫の同僚エヴァ・メンデス、元恋人を諦めきれない作家ギョーム・カネ、出版社社長グリフィン・ダン、その連れの女性ステファニー・ロマノフ、夫の上司スコット・アツィット、同僚のダニエル・エリック・ゴールド、ホステス、クリセル・アルメイダなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020