4310 Movies

30年後の同窓会 Last Flag Flying (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2005年に発表された、ダリル・ポニクサンの小説”Last Flag Flying”を基に製作された作品。
妻をがんで息子も戦場で亡くした男性が30年ぶりに再会した戦友と共にする旅を描く、製作、監督、脚本リチャード・リンクレイター、主演スティーヴ・カレルブライアン・クランストンローレンス・フィッシュバーン他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)

スティーヴ・カレル / Steve Carell / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:リチャード・リンクレイター
製作
ジンジャー・スレッジ
リチャード・リンクレイター
ジョン・スロス
製作総指揮
ハリー・ギッテス
トーマス・リー・ライト
カレン・ルース・ゲッチェル
原作:ダリル・ポニクサン”Last Flag Flying”
脚本
リチャード・リンクレイター
ダリル・ポニクサン
撮影:シェーン・F・ケリー
編集:サンドラ・エイデアー
音楽:グレアム・レイノルズ

出演
ラリー”ドク”シェパード:スティーヴ・カレル
サル・ニーロン:ブライアン・クランストン
リチャード・ミューラー:ローレンス・フィッシュバーン
チャーリー・ワシントン:J・クイントン・ジョンソン
ウィリッツ中佐:ユル・ヴァスケス
ルース・ミューラー:ディアーナ・リード=フォスター
アノラック:リチャード・ロビショー
ジェイミー:リー・ハリントン
ハイタワー夫人:シシリー・タイソン
ジャッキー:ケイト・イーストン
ジョン・レッドマン:グラハム・ウルフ
リーランド:テッド・ワッツJr.

アメリカ 映画
配給
アマゾン・スタジオ
Lionsgate Films
2017年製作 124分
公開
北米:2017年11月3日
日本:2018年6月8日
北米興行収入 $965,480
世界 $1,869,040


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
2003年12月、バージニア州、ノーフォーク
ラリー”ドク”シェパード(スティーヴ・カレル)は、あるバーに向かう。

オーナーのサル・ニーロン(ブライアン・クランストン)は、ポーツマスから来たと話すドクから自分を忘れたのかと言われ、海兵隊時代の戦友だと気づく。

ベトナム戦争時代、同じ部隊の衛生兵だったドクを思い出したサルは、彼が降格して服役し懲戒除隊になったことを知る。

ポーツマスでの仕事を訊かれたドクは、海軍の売店で仕入れを担当しているとサルに伝える。

二人は店でそのまま眠ってしまい、翌朝、ドクは、サルから見せたいものがあると言われて車で出かける。

リッチモンド
ドクと共に教会に向かったサルは、同じ部隊の戦友だったリチャード・ミューラー(ローレンス・フィッシュバーン)が牧師だったために驚く。

...全てを見る(結末あり)



解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
2003年12月、バージニア州、ノーフォーク
ポーツマス在住であるベトナム戦争の退役軍人ラリー”ドク”シェパードは、バーを経営する戦友のサルを訪ねて30年ぶりに再会する。
翌日、ドクはサルと共にリッチモンドに向かい、同じ戦友で牧師になったミューラーに会う。
再会を喜ぶ二人に、妻が乳がんで、息子が戦地バグダッドで亡くなったことを伝えたドクは、帰国する息子の遺体が埋葬されるアーリントン墓地に付き添ってほしいことを二人に頼む。
脚が悪いために難色を示すミューラーだったが、ドクとサルに説得されて同行することになる。
三人はアーリントン墓地に着くものの、遺体はデラウェア州のドーバー空軍基地に到着すると言うドクは、サルとミューラーと共に現地に向かう。
遺体と対面したドクは、担当官であるウィリッツ中佐に息子を家に連れ帰ると伝えて、反対されるものの考えを変えようとしない。
ドクの気持ちを尊重したサルとミュラーは、彼に協力して遺体をポーツマスに運ぼうとするのだが・・・。
__________

脚本も担当するダリル・ポニクサンが1970年に発表した小説”The Last Detail”の映画化「さらば冬のかもめ」の続編と言える作品。

妻をがんで、息子も戦場で亡くした男性が30年ぶりに再会した戦友の協力を得て、帰国した息子の遺体を自宅に運び埋葬するまでを描くコメディ・ドラマ。

原作者ダリル・ポニクサンとの共同脚本も担当するリチャード・リンクレイターが、ユーモアの中にも哀愁漂う雰囲気で描くヒューマン・ドラマでもあり、それぞれのキャラクターの繊細な人物描写が見所の作品。
しかし、見事な主人公らの演技を活かしきれていない、秘めたメッセージを強調させ過ぎているようなリチャード・リンクレイターの脚本は平凡だ。

戦場で亡くなった兵士の死を悼み、形式上、英雄として迎える国家の意向を無視して、無意味な戦いの犠牲になったとも言える息子を、兵士としてではなく”息子”として埋葬すようとする父親の切実な思いを描く内容は胸を打つ。

ダリル・ポニクサンの原作、リチャード・リンクレイターの演出、実力派が揃ったキャスティングなどが注目された作品ではあるが、拡大公開もされずに商業的には成功しなかった。

妻と息子を失い、30年ぶりに再会した戦友に協力を求める男性を深く演ずるスティーヴ・カレル、その戦友であり、不躾で傲慢だが人間味のある男を怪演するブライアン・クランストン、同じく、二人よりも荒れた青年期を過ごしたにも拘らず改心して牧師となったローレンス・フィッシュバーン、三人に同行する海兵隊兵長のJ・クイントン・ジョンソン、その上官である、極めて事務的に職務を遂行する中佐のユル・ヴァスケス、ミューラー(ローレンス・フィッシュバーン)の妻ディアーナ・リード=フォスター、ミューラーをテロリストと間違える捜査官のリチャード・ロビショー、葬儀後の会食でサル(ブライアン・クランストン)と話す女性のリー・ハリントン、主人公三人を助けて戦死した戦友の母親シシリー・タイソン、携帯電話ショップの店員ケイト・イーストン、アムトラックの貨物係グラハム・ウルフなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020