4234 Movies

キングダム・オブ・ヘブン Kingdom of Heaven (2005)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

十字軍に参加してエルサレムに向かい、その地を守ることに命を捧げた若き指揮官の戦いを描く、製作、監督リドリー・スコット、主演オーランド・ブルームエヴァ・グリーンリーアム・ニーソンジェレミー・アイアンズエドワード・ノートン他共演の歴史スペクタクル超大作。


ドラマ(歴史劇)


スタッフ キャスト ■
監督:リドリー・スコット
製作総指揮
テリー・ニーダム
リサ・エルジー
ブランコ・ラスティング

製作:リドリー・スコット
脚本:ウィリアム・モナハン
撮影:ジョン・マシソン
編集:ドディ・ドーン
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

出演
バリアンオーランド・ブルーム

シビラエヴァ・グリーン
ゴッドフリー:リーアム・ニーソン
ティベリウス卿(レーモン3世):ジェレミー・アイアンズ
ボードゥアン4世エドワード・ノートン

ホスピタラーデヴィッド・シューリス
ルノー・ド・シャティヨンブレンダン・グリーソン
ギー・ド・リュジニャンマートン・チョーカシュ
サラディンハッサン・マスード
イスラムの騎士:アレクサンダー・シディグ
リチャード1世イアン・グレン
イギリス人騎士:ケヴィン・マクキッド
司祭:マイケル・シーン

アメリカ/イギリス/ドイツ/スペイン 映画
配給
20世紀FOX

Scott Free
2005年製作 144分(DC:194分/189分)
公開
北米:2005年5月6日
イギリス:2005年5月6日
ドイツ:2005年5月5日
日本:2005年5月14日
製作費 $130,000,000
北米興行収入 $47,396,700
世界 $211,652,050


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
キリスト教徒イスラム教徒、双方の聖地であるエルサレム十字軍が奪って100年、ヨーロッパは圧制と貧困に苦しめられていた。

救いを求めた人々は、農民や貴族の区別なくエルサレムを目指した。

そして、一人の騎士が、顔も知らぬわが子を捜し故郷の地に戻る。
__________

1184年、フランス
鍛冶屋のバリアン(オーランド・ブルーム)は、生まれたばかりの子供の死に耐えられずにいた妻まで自殺で失い、悲しみに暮れていた。

ある日、バリアンの前に、十字軍の騎士ゴッドフリー(リーアム・ニーソン)が現れる。

ゴッドフリーは、自分がバリアンの父だとを告げて彼に同行を求めるが、バリアンはそれを断る。

バリアンの妻を葬った司祭(マイケル・シーン)は、新しい世界に旅立つことを彼勧める。

司祭は自殺者は地獄行きだと言い放ち、彼が妻の十字架を奪ったことを知ったバリアンは司祭を殺す。

そしてバリアンは、父ゴッドフリーの元に向かい十字軍に参加する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1184年、フランス
名もなき村の妻子を亡くした鍛冶屋バリアンの前に、十字軍の騎士ゴッドフリーが現れる。
貴族であるゴッドフリーから、父であることを告げられたバリアンは、一度はそれを断るものの、十字軍に参加する決意をする。
聖地エルサレムに向かう途中、襲撃に遭ったゴッドフリーは命を落とす。
バリアンは、”キングダム・オブ・ヘブン”(天国の王国)を作るという、父ゴッドフリーの意志を継ぎ、エルサレムを目指す。
目的地に着いたバリアンは、ボードゥアン4世の志を知り忠誠を誓い、その姉、王女シビラに惹かれてしまう・・・。
__________

1億3000万ドルの製作費、リドリー・スコット作品ということで、大いに期待された作品ではあるが、北米の興行収入は伸び悩み、約4700万ドルに終わる。
しかし、全世界では、約2億1200万ドルのヒットとなった。

リドリー・スコットにとっては、同じ歴史劇の「グラディエーター」(2000)に次ぐ意欲作で、エルサレム王国の街並みや、広大な地での戦闘場面、主演オーランド・ブルームをサポートする豪華な共演陣など、全てにおいて、スケールの感ある満足度の高い作品。

大筋では史実に基づいてはいるが、かなりの部分で脚色されているシーンがある。
ドラマのキーとなる、バリアンシビラの運命の恋は、男のロマンを感じさせる重厚な物語に華を添えている。

王に仕える者の暴走はあるものの(特にエルサレム側)、エルサレムサラセンの君主同士が、協議の上に無駄な血を流そうとしない努力をする姿などは、現在にも通ずる、キリスト教イスラム教の平和的共存を望んで描かれている。

美青年というイメージだけでなく、逞しさも感じる、見事に主役を演じ切った、主人公バリアン役のオーランド・ブルーム、彼との禁断の恋に落ちるシビラエヴァ・グリーン、主人公の父リーアム・ニーソンティベリウス領主レーモン3世ジェレミー・アイアンズ、一度も素顔を見せないボードゥアン4世エドワード・ノートンホスピタラーデヴィッド・シューリスルノー・ド・シャティヨンブレンダン・グリーソンギー・ド・リュジニャンマートン・チョーカシュサラディンハッサン・マスードイスラムの騎士役アレクサンダー・シディグ、そして英国人騎士のケヴィン・マクキッドと司祭マイケル・シーンも、短い出演だが印象的な役を演じている。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020