4217 Movies

枯葉 Autumn Leaves (1956)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

中年女性が若い男性と恋に落ちて結婚し、その後、思いも寄らぬ夫の過去が分かるものの夫を見捨てずに真実の愛を掴むまでを描く、監督ロバート・アルドリッチ、主演ジョーン・クロフォードクリフ・ロバートソンヴェラ・マイルズローン・グリーン他共演のラブ・ロマンス。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・アルドリッチ
製作:ウィリアム・ゲーツ
脚本
ルイス・メルツァー
ロバート・ブリース
ジャン・ルヴロル

ヒューゴ・バトラー
撮影:チャールズ・ラング
編集:マイケル・ルチアーノ
音楽:ハンス・J・ソルター
主題曲:ナット・キング・コール

出演
ミリー・ウェザビー:ジョーン・クロフォード

バート・ハンソン:クリフ・ロバートソン
ヴァージニア・ハンソン:ヴェラ・マイルズ
ハンソン:ローン・グリーン
リズ・エッカート:ルース・ドネリー
マルコム・カズンズ医師:シェパード・ストラドウィック

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1956年製作 106分
公開
北米:1956年8月1日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
自宅でタイピストをしている、中年女性のミリー・ウェザビー(ジョーン・クロフォード)は、顧客から、その仕事振りを喜ばれてコンサートのチケットを貰う。

ミリーは、アパート管理人で友人のリズ・エッカート(ルース・ドネリー)を誘うが断られ、一人で会場に向かう。

2階席2枚を特等席に変えたミリーは、若い頃の思い出の曲の演奏を聴きながら、父親の看病で青春を棒に振ったことを感慨深げに思い出す。

劇場から出たミリーは、あるレストランで食事をしようとするのだが、空席がなく困っている青年バート・ハンソン(クリフ・ロバートソン)に相席を求められる。

それを頑なに断るミリーだったが、仕方なく彼を座らせることになり、気さくだが不躾なバートの存在を迷惑に思う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
婚期を逃し、自宅に閉じ篭りタイピストをしている中年女性ミリー・ウェザビーは、ある日、快活な青年バートと出会う。
ミリーは、離れ過ぎた歳の差を気にしながらも、バートと恋に落ちて結婚する。
幸せな生活を始めた二人だったが、ミリーはバートの金遣いの荒さや、彼の語った話の食い違いを気にし始める。
そんなある日、バートと結婚していたという若い女性ヴァージニアが現れ、ミリーは愕然としてしまう・・・。
__________

中年女性と、年下の青年との異色の恋愛劇に挑戦したロバート・アルドリッチは、甘い雰囲気で序盤を乗り切り、一気にサスペンス・タッチの力強さを感じさせる展開に持っていくあたりは、いかにも彼らしい、力強い演出だ。

効果的に使われるスタンダード・ナンバー”Autumn Leaves”、特に、オープニングとラストを飾るナット・キング・コールの歌声は心に沁みる。

人生経験豊富な女性を演じただけあり、思慮深く、母性愛も感じさせる、ジョーン・クロフォードの演技は秀逸であり、その表情の豊かさなども印象的だ。

実際には、ジョーン・クロフォードより18歳年下のクリフ・ロバートソンは、気さくな青年から、心に痛手を受ける精神患者までを見事に演じ、演技派若手俳優の実力を見せてくれる。

元夫(C・ロバートソン)の財産を狙うヴェラ・マイルズ、彼女と共謀する父親ローン・グリーン、管理人のルース・ドネリー、医師シェパード・ストラドウィックどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020