4292 Movies

キス&キル Killers (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

スパイから足を洗おうとした青年と過保護に育てられた女性が、殺し屋のターゲットとなりながらも立ち向かう姿を描く、監督ロバート・ルケティック、製作、主演アシュトン・カッチャーキャサリン・ハイグルトム・セレックキャサリン・オハラ他共演のアクション・コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・ルケティック
製作総指揮
チャド・マーティング
クリストファー・プラット
ジョーシー・ローゼン他
製作
アシュトン・カッチャー

マイク・カーツ
スコット・アヴァーサ

ジェイソン・ゴールドバーグ
原案:ボブ・デローザ
脚本
ボブ・デローザ
テッド・グリフィン

撮影:ラッセル・カーペンター
編集
リチャード・フランシス=ブルース

メアリー・ジョー・マーキー
音楽:ロルフ・ケント

出演
スペンサー・エイムス:アシュトン・カッチャー

ジェン・コーンフェルド:キャサリン・ハイグル
コーンフェルド:トム・セレック
コーンフェルド夫人:キャサリン・オハラ
ヘンリー:ロブ・リグル
オリヴィア:リサ・アン・ウォルター
ヴィヴィアン:キャサリン・ウィニック
クリステン:ケイシー・ウィルソン
マック・ベイリー:ケヴィン・サスマン
リリー・ベイリー:アレックス・ボースタイン
ホルブルック:マーティン・マル

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート

2010年製作 96分
公開
北米:2010年6月4日
日本:2010年12月3日
製作費 $75,000,000
北米興行収入 $47,000,490
世界 $98,159,960


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
フランスニース
過保護に育てられたジェン・コーンフェルド(キャサリン・ハイグル)は、両親(トム・セレック/キャサリン・オハラ)と共にバカンス旅行を楽しもうとする。

両親に、あれやこれや言われて鬱陶しくなったジェンは独りで部屋に向かい、スペンサー・エイムス(アシュトン・カッチャー)とエレベーターで出会う。

その夜に、スペンサーに誘われたジェンは、早速ドレスを用意して彼を待つ。

最近、恋人と別れたばかりのジェンは、両親の目を逃れながら期待に胸膨らませ、スペンサーとニースの夜を楽しむ。

二人はホテルの部屋に向かい、ジェンはスペンサーに
家族旅行でこの地に来て、無理してドレスを買い、気に入られようとしたことなどを正直に話す。

スペンサーも、実は自分がCIAの諜報員で、殺し屋だということをジェンに伝えるのだが、彼女は、酔って眠ってしまっていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
両親に過保護に育てられたジェンは、家族旅行で訪れたニースで、魅力的な青年スペンサー・エイムスに出会う。
二人は惹かれ合いやがて結婚することになるが、実はCIA諜報員で殺し屋だったスペンサーは、これを機会に足を洗おうとする。
3年後、平穏な暮らしをしていたスペンサーだったが、2000万ドルの懸賞金が懸けられ、殺し屋に命を狙われることになる。
同僚のヘンリーから始まり、親友、隣人までもが襲い掛かる事態を予測したスペンサーは、仕方なくジェンに自分の過去を告白する。
そんな時、指示を与えていたボスまでが殺されたスペンサーは、更なる危険を感じる。
そして、妊娠が分かったジェンは動揺して、彼女とスペンサーは、不安を抱えながら殺し屋に追われることになるのだが・・・。
__________

人気があるのかないのか分からない?アシュトン・カッチャーと、ラブ・コメディ・クイーンとして着実にキャリアを重ねるキャサリン・ハイグルの共演が話題になった作品。

コメディなので細かいことは言いたくはないが、全くスパイらしくない、長身でまずまず逞しい見かけがいいだけのアシュトン・カッチャーに魅力を感じない者が見ると、主演は誰でもいいという感じで、ストーリーもアクションも平凡な作品。

上記のように騒がれる割には評価の悪いアシュトン・カッチャーは、常連とも言えるラジー賞で、当然のごとくワースト・アクターを受賞してしまった。

はしゃぎ過ぎにも見える、キャサリン・ハイグルは熱演するものの、北米興行収入は製作費(7500万ドル)を遥かに下回る約4700万ドルに終わり、全世界でも1億ドルに達しなかった。

ヒロインの両親トム・セレックキャサリン・オハラ、主人公の同僚で殺し屋ロブ・リグルと、同じくその妻リサ・アン・ウォルター、ジェンの親友で殺し屋のケイシー・ウィルソン、主人公の秘書で殺し屋役のキャサリン・ウィニック、隣人の殺し屋役のケヴィン・サスマンアレックス・ボースタイン、主人公のボス、マーティン・マル等共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020