4350 Movies

熱い血 Hot Blood (1956)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ロマの一族の後継問題を描く、前作「理由なき反抗」(1955)に続くニコラス・レイ監督作品で、主演ジェーン・ラッセルコーネル・ワイルド他共演のドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:ニコラス・レイ
製作
ハワード・ ウェルシュ
ハリー・テイトルマン
原案:ジーン・エヴァンス
脚本:ジェシー・ラスキーJr.

撮影:レイ・ジューン
編集:オットー・ラディング
音楽:レス・バクスター

出演
アニー・カルダッシュ:ジェーン・ラッセル

ステファーノ・トリノ:コーネル・ワイルド
マルコ・トリノ:ルーサー・アドラー
パパ・セオドール:ジョゼフ・カレイア
ヴェルマ:ヘレン・ウェストコット
スウィフト:リチャード・ディーコン
ゼノ:ジェイミー・ラッセル
ビンボ:ウォリー・ラッセル

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1956年製作 84分
公開
北米:1956年3月
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
流浪部族ロマの王(族長)マルコ・トリノ(ルーサー・アドラー)は不治の病と診断される。

マルコはそれを隠し、王の座を弟ステファーノ(コーネル・ワイルド)に渡そうとする。

さらにマルコは、ステファーノをシカゴの同族の娘アニー・カルダッシュ(ジェーン・ラッセル)と結婚させようとする。

しかし、自分で妻を選びたいステファーノは、部族の仕来りに縛られることを嫌い、それを拒む。

一方、アニーと父セオドール(ジョゼフ・カレイア)は、結婚の契約書と共に渡される2000ドルを受け取り、持ち逃げする計画だった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
流浪部族ロマの王(族長)マルコ・トリノは、不治の病と診断され、それを秘密にして、弟ステファーノに王の座を継がせようとする。
更にマルコは、美しいロマの娘アニー・カルダッシュとステファーノとの結婚もお膳立てする。
しかし、白人社会に憧れを持つ、ダンスが好きなステファーノは、結婚相手を自分で決められない、部族の仕来りに反発し、それを断ってしまう。
アニーにも正直にそれを伝えたステファーノは、彼女も、結婚で得られる現金を持ち逃げする詐欺を考えていることを知る。
両者に損のないことに気づいたステファーノは、マルコをからかうつもりで、その話に乗ることにする。
しかし、ステファーノを気に入ってしまったアニーは、計画を無視して結婚を成立させてしまう。
怒り心頭のステファーノは、いきなりアニーと大喧嘩を始めてしまうが、マルコをはじめ一族は、それが若い二人の情熱だと思い込む・・・。
__________

アメリカ社会の中で、一族の誇りを胸に、一つのコミュニティーを築いているロマ族の、陽気で逞しい生き様などが興味深く、エネルギッシュに描かれている。

ダンスが効果的に使われ、ミュージカル仕立ての場面などもあり、ユーモアを交えたニコラス・レイの切れのいい演出は痛快でもある。

爽やかな余韻を残す楽しい作品が、日本では劇場未公開だったのは残念だ。

いつもながら、男性陣を圧倒する存在のジェーン・ラッセルの迫力ある演技、白人社会に憧れを抱くものの、一件で一族の誇りを取り戻し、逞しく成長する青年を熱演するコーネル・ワイルドの歯切れのいい演技も見ものだ。

一族の王(族長)を、人間味溢れる演技で演ずるルーサー・アドラー、若者達に振り回されるヒロインの父親役ジョゼフ・カレイア、ステファーノ(C・ワイルド)の恋人役ヘレン・ウェストコット、ダンス教室の経営者リチャード・ディーコンジェーン・ラッセルの実弟ジェイミー・ラッセルとウォリー・ラッセルも共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020