4505 Movies

ジュマンジ/ネクスト・レベル Jumanji: The Next Level (2019)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

クリス・ヴァン・オールズバーグ原作による”ジュマンジ”シリーズ第3作。
再びゲームに吸い込まれた仲間たちのジュマンジを救うための冒険を描く、製作、監督ジェイク・カスダン、製作、主演ドウェイン・ジョンソンケヴィン・ハートジャック・ブラックカレン・ギランアレックス・ウルフニック・ジョナスオークワフィナダニー・グローヴァーダニー・デヴィートコリン・ハンクス他共演のファンタジー・アドベンチャー・コメディ。


ファンタジー

ドウェイン・ジョンソン / Dwayne Johnson / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジェイク・カスダン

製作
マット・トルマック
ジェイク・カスダン
ドウェイン・ジョンソン
ダニー・ガルシア
テッド・フィールド
製作総指揮
デヴィッド・ハウスホルター
ウィリアム・ティートラー
マイク・ウェバー
メルヴィン・マー
スコット・ローゼンバーグ
ジェフ・ピンクナー
原作:クリス・ヴァン・オールズバーグJumanji
原案:クリス・マッケナ
脚本
ジェイク・カスダン
スコット・ローゼンバーグ
ジェフ・ピンクナー
撮影:ギュラ・パドス
編集
マーク・ヘルフリッチ
スティーヴ・エドワーズ
タラ・ティムポーン
音楽:ヘンリー・ジャックマン

出演
ザンダー”スモルダー”ブレイブストーン博士/エディ・ギルピン/スペンサー・ギルピン:ドウェイン・ジョンソン
シェルドン“シェリー”オベロン教授/アンソニー“フリッジ”ジョンソン/ベサニー・ウォーカー:ジャック・ブラック
フランクリン“マウス”フィンバー/マイロ・ウォーカー/アンソニー“フリッジ”ジョンソン:ケヴィン・ハート
ルビー・ラウンドハウス/マーサ・カプリー/アンソニー“フリッジ”ジョンソン:カレン・ギラン
ジェファーソン“シープレーン”マクドノー/アレックス・ヴリーク:ニック・ジョナス
ミン・フリートフット/エディ・ギルピン:オークワフィナ
ユルゲン:ロリー・マッキャン
スペンサー・ギルピン:アレックス・ウルフ
マーサ・カプリー:モーガン・ターナー
アンソニー“フリッジ”ジョンソン:サーダリウス・ブレイン
ベサニー・ウォーカー:マディソン・アイズマン
マイロ・ウォーカー:ダニー・グローヴァー
エドワード”エディ”ギルピン:ダニー・デヴィート
アレックス・ヴリーク:コリン・ハンクス
ナイジェル・ビリングスリー:リス・ダービー
ノラ・シェパード:ビビ・ニューワース
ジャニス・ギルピン:マリン・ヒンクル
レディ・イン・レッド:ダニア・ラミレス
スイッチブレイド/飛び出しナイフ:マッシ・フルラン
キャベンディッシュ:ジョン・ロス・ボウイ
エレベーターガード:デオビア・オパレイ
ヒーター修理人:ラモーネ・モリス
グエンドリン・ホーテンシア・カバビック:ルーシー・デヴィート

アメリカ 映画
配給 Sony Pictures Releasing
2019年製作 123分
公開
北米:2019年12月13日
日本:2019年12月13日
製作費 $125,000,000
北米興行収入 $320,314,960
世界 $800,059,710


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
あの冒険から2年後。
ベサニー・ウォーカー(マディソン・アイズマン)は、休暇を楽しむコスタリカの美しい風景を撮影して皆に画像を送る。

マーサ・カプリー(モーガン・ターナー)とアンソニー“フリッジ”ジョンソン(サーダリウス・ブレイン)は、べサニーからのメールを受信する。

ニューヨーク大学に進学したスペンサー・ギルピン(アレックス・ウルフ)は、休暇で故郷に戻る予定だったが、マーサともうまくいっていなかったために憂鬱だった。

バイト中にスペンサーは、”土曜に”Nora’s”でブランチする?”というフリッジからのメールを受け取っても、返事をする気にはなれなかった。

ニューハンプシャー州、ブラントフォード。
母ジャニス(マリン・ヒンクル)に迎えられて実家に戻ったスペンサーは、股関節の手術をした祖父エディ(ダニー・デヴィート)のことを気遣う。

エディは、レストランを共同で経営していたマイロ・ウォーカー(ダニー・グローヴァー)から電話があったことをジャニスから知らされるものの、彼と話す気はなかった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ジュマンジ」(1995)
・「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」(2017)
・「ジュマンジ/ネクスト・レベル」(2019)

*(簡略ストー リー)
あの冒険から2年後。
大学生になったスペンサーは、自分に自信が持てないままマーサとの仲もうまくいかず、休暇で故郷に戻り”ブレイブストーン博士”に戻りたくなり、保管してあった壊れたゲーム”ジュマンジ”を直してしまう。
姿を見せないスペンサーが気になるべサニー、フリッジ、マーサは、彼がゲームに吸い込まれたことに気づく。
スペンサーを捜しに行くつもりのマーサはゲームに吸い込まれ、フリッジもそれに続くものの、べサニーは残ってしまう。
ジャングルに着地したマーサはルビーに姿を変えていたが、家にいたために一緒に吸い込まれたスペンサーの祖父エディがブレイブストーン博士、彼の友人マイロがフィンバー、フリッジがオベロン教授にとキャラクターが変わってしまったことに気づく。
そんな4人は戸惑いながら、現れたガイドのナイジェルから、再びジュマンジの危機を救うよう指示されるのだが・・・。
__________

クリス・ヴァン・オールズバーグ原作による”ジュマンジ”シリーズ第3作。

前作から2年後の設定で、高校生だった仲間たちは大学生となり、壊したはずのゲームに再び吸い込まれてしまうという内容になっている。

更に、スペンサーの祖父とその友人の2人も吸い込まれてしまエピソードと、ゲーム前にキャラクターを決める暇がなかったため、前作とは何人かが入れ替わってしまうという展開で進行し、マンネリ化しないような工夫がされている。

キャラクターはその後の展開で更に入れ替わり、新しいキャラクターや動物たちの登場、奇想天外な物語と派手なアクションなど、大いに楽しめる内容に仕上がっている。

前作の成功で製作費は4割近くアップし、北米興行収入は約3億2000万ドル、全世界では8億ドルを超すメガヒットとなり、前作を下回るものの、その人気を証明する結果となった。

現実の人物が入れ替わるために、前作とは一味違う演技が楽しめる考古学者である探検家のドウェイン・ジョンソン、彼と強盗ミン・フリートフットに姿を変える気弱な大学生アレックス・ウルフ、動物学者のケヴィン・ハート、彼と教授、格闘家に姿を変える高校のフットボール選手サーダリウス・ブレイン、大学教授のジャック・ブラック、彼と馬に姿を変えるマディソン・アイズマン、魅力的な格闘家カレン・ギラン、彼女と教授に姿を変えるモーガン・ターナー、強盗のオークワフィナ、今回も仲間たちに協力するニック・ジョナス、彼の20年後コリン・ハンクス、スペンサー(アレックス・ウルフ)の祖父でゲームに吸い込まれ、探検家と強盗に姿を変えるダニー・デヴィート、その友人でレストランの共同経営者であり、動物学者と馬に姿を変えるダニー・グローヴァー、ゲームのガイド、リス・ダービー、残忍な王ロリー・マッキャン、スペンサーの母親マリン・ヒンクル、第1作にも登場し、今はレストランを経営するビビ・ニューワース、ブレイブストーン博士と愛し合う女性ダニア・ラミレス、その夫マッシ・フルラン、ユルゲン(ロリー・マッキャン)の部下ジョン・ロス・ボウイ、要塞のエレベーターガード役デオビア・オパレイ、ヒーター修理人ラモーネ・モリス、ユルゲンの結婚相手ルーシー・デヴィートダニー・デヴィートの娘)などが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021