4310 Movies

ジェム&ホログラムス Jem and the Holograms (2015)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1985~1988年に放映された、クリスティ・マークスによるテレビ・アニメ・シリーズ”Jem”を基に製作された作品。
ネット上にアップされた映像でブレイクしたソングライターの人生の探求を描く、製作、監督ジョン・M・チュウ、 主演オーブリー・ピープルズステファニー・スコットライアン・グスマンジュリエット・ルイスモリー・リングウォルド他共演のミュージカル・ファンタジー・ドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ジョン・M・チュウ

製作
ジェイソン・ブラム
ジョン・M・チュウ
スクーター・ブラウン
ブライアン・ゴールドナー
スティーブン・デイヴィス
ベネット・シュナイアー
製作総指揮
ジャネット・ヴォルトゥルノ=ブリル
クーパー・サミュエルソン
原作:クリスティ・マークスJem”(TVシリーズ)
脚本:ライアン・ランデルス
撮影:アリス・ブルックス
編集
ジュリアン・モウル
マイケル・トレント
音楽:ネイサン・ラニアー

出演
ジェリカ”ジェム”ベントン:オーブリー・ピープルズ
キンバー・ベントン:ステファニー・スコット
アジャ:ヘイリー・キヨコ
シェイナ:オーロラ・ペリノー
リオ・レイモンド:ライアン・グスマン
エリカ・レイモンド:ジュリエット・ルイス
ベイリー:モリー・リングウォルド
エメット・ベントン:バーナビー・カーペンター
スティーブン:ライアン・ハンセン
ピザーズ:ケシャ
ブラッド:ニコラス・ブラウン
本人:ジミー・ファロン
本人:ドウェイン・ジョンソン
本人:アリシア・キーズ
本人:クリス・プラット

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2015年製作 118分
公開
北米:2015年10月23日
日本:未公開
製作費 $5,000,000
北米興行収入 $2,184,600
世界 $2,333,680


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
カリフォルニア州、パインビュー。
ティーンエイジャーのソングライター、ジェリカ・ベントン(オーブリー・ピープルズ)は、両親が亡くなったために、10年前に妹のキンバリー(ステファニー・スコット)と共に叔母のベイリーに預けられていた。

ジェリカとキンバーは、ベイリーの二人の里子シェイナ(オーロラ・ペリノー)とアジャ(ヘイリー・キヨコ)と共に育った。

ある日、家の返済が払えないため30日以内に立ち退かなくてはならないことを知ったジェリカは、ベイリーと共に対策を考える。

そんなジェリカは、自分とは知られないようにメイクをして歌い動画を撮影し、それを削除しようと思いながらカメラをキンバーに渡す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
カリフォルニア州、パインビュー。
ティーンエイジャーのソングライター、ジェリカ・ベントンは、両親を亡くし、妹のキンバーと共に、10年前から叔母ベイリーの家で彼女の里子であるアジャとシェイナと共に暮らしていた。
家の借金返済期限が迫り、それに悩むベイリーの苦労を知ったジェリカは対策を考える。
そんな時ジェリカは、キンバーが勝手にネット上にアップした自分が歌う映像が爆発的な再生回数を記録したことを知る。
音楽プロデューサーでスターライトのCEOのエリカは、ジェリカに連絡してキンバーのバンドと共に契約する。
”ジェム”として売り出されることになり注目を浴びるジェリカは、亡き父エメットが作ったロボット”シナジー”が動き出したことに気づき、それを完成させるためのヒントを与えられるのだが・・・。
__________

1980年代に放映されたテレビ・アニメ・シリーズの映画化で、平凡なティーンエイジャーのソングライターが、アップされた映像で一夜にしてスターとなり、様々な体験により人生の歩むべき道を見つけるまでを描く作品。

ドラマのキーポイントになる、主人公の父親が遺したロボットの存在と描写がファンタジックであり、幼くして両親を亡くした姉妹の、父の遺志の探求を描く内容に音楽シーンがふんだんに盛り込まれている。

爆発的な再生回数が記録されるような才能には見えない主人公のパフォーマンスやファッションのインパクトが今一で、脚本や演出も単調であり、残念ながら酷評されてしまった作品で、拡大公開されたもののわずか3週間で打ちきりになってしまった。

見所と言えば、1980年代に一世を風靡したティーンのアイドルだったモリー・リングウォルドが、年齢を重ね、いい雰囲気で主人公の叔母を演じているのがファンにはたまらなく嬉しい。

熱演はするものの、社会現象を巻き起こすほどの存在には思えないのが残念なオーブリー・ピープルズ、その妹ステファニー・スコット、叔母モリー・リングウォルドの里子ヘイリー・キヨコオーロラ・ペリノー、音楽プロデューサーのジュリエット・ルイス、その息子で主人公らの世話係ライアン・グスマン、主人公の父親バーナビー・カーペンター、スターライトの警備員ライアン・ハンセン、パンクロック・グループのリーダー、ケシャ、駐車場係ニコラス・ブラウン、そして本人役でジミー・ファロンドウェイン・ジョンソンアリシア・キーズクリス・プラットなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020