4551 Movies

めぐり逢い An Affair to Remember (1957)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1939年に公開された「邂逅」を監督したレオ・マッケリー自身によるリメイク作品。
船上で出会い半年後に再会する約束をした男女の運命の恋を描く、製作、監督、原案、脚本レオ・マッケリー、主演ケーリー・グラントデボラ・カー他共演のラブ・ロマンスの秀作。


ドラマ(ロマンス)

ケイリー・グラント / Cary Grant / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:レオ・マッケリー

製作:ジェリー・ウォルド
原案
レオ・マッケリー
ミルドレッド・クラム
脚本
レオ・マッケリー
デルマー・デイヴィス
ドナルド・オグデン・ステュワート
撮影:ミルトン・R・クラスナー
編集:ジェームズ・B・クラーク
衣装デザイン:チャールズ・ルメイアー
音楽:ヒューゴ・フリードホーファー

出演
ニッコロ”ニッキー”フェランテ:ケーリー・グラント
テリー・マッケイ:デボラ・カー
ケネス・ブラッドリー:リチャード・デニング
ロイス・クラーク:ネヴァ・パターソン
ジャヌー:キャスリーン・ネスビット
本人:ロバート・Q・ルイス
ネッド・ハサウェイ:チャールズ・ワッツ
クールベ:フォーチュニオ・ボナノヴァ
テリー・マッケイの歌声:マーニ・ニクソン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1957年製作 119分
公開
北米:1957年7月11日
日本:1957年10月23日
製作費 $2,100,000
北米興行収入 $3,800,000


アカデミー賞
第30回アカデミー賞

・ノミネート
撮影・衣裳デザイン・歌曲・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
プレイボーイで有名なニッコロ”ニッキー”フェランテ(ケーリー・グラント)は、遂に結婚を決意し、大富豪令嬢である婚約者ロイス・クラーク(ネヴァ・パターソン)と”6億ドル”の元に向かうことが、ラジオのパーソナリティーであるロバート・Q・ルイスにより伝えられる。

オーシャン・ライナー”コンスティチューション”。
ヨーロッパからニューヨークに向うニッキーが乗船していることを知った乗客達は驚く。

付き合っていたガブリエラからの電話を受けたニッキーは、婚約を知り怒り心頭の彼女から非難される。

電話を切ったニッキーはタバコ入れがないことに気づき、それを手にしていた女性テリー・マッケイ(デボラ・カー)に声をかける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
プレイボーイで有名なニッコロ”ニッキー”フェランテデの大富豪令嬢との結婚が世間で話題になっていたが、ヨーロッパからニューヨークに向う彼は、船上で美しい女性テリーに出会う。
いつものようにテリーを口説き始めたニッキーだったが、彼女に恋人がいることを知る。
それでも諦めきれないニッキーは、停泊した船を降りてテリーを祖母のジャヌーに紹介し、楽しい時を過ごす。
ニッキーにとって運命の人になる可能性があるとジャヌーから言われたテリーは、心揺れ動き彼の愛を受け入れてしまう。
ニューヨークに戻ったニッキーとテリーは、互いに半年間、努力をして”エンパイア・ステート・ビル”の展望台で再会する約束をするのだが・・・。
__________

1939年に公開された、製作、監督、原案レオ・マッケリーによる「邂逅」を、自らメイクした作品。

恋に落ちた互いに恋人がいる男女が、アクシデントにより再会を果たせなかったものの、運命の絆により結ばれるまでを描くラブ・ロマンスの秀作。

第二次大戦と戦後の混乱を挟んだ旧作と本作を、社会状況の変化なども描写する内容を含めて比較するのも面白い。

正にはまり役とも言える、ケーリー・グラントのユーモアのセンスや独特の雰囲気を生かし、軽快且つ繊細な人間描写も冴える、レオ・マッケリーによる得意のヒューマン・タッチの演出も光る作品。

ヒロインのデボラ・カーは、上品で洗練された美しさが際立つ女性を見事に演じている。
多くを語らず全てを主人公に理解させる、映画史上に残ると言っていい、素晴らしいラスト・シーンは涙なしでは見られない。

第30回アカデミー賞では、撮影、衣裳デザイン、歌曲、作曲賞にノミネートされた。

本作は、クラブのステージ歌手だったヒロインの歌がふんだんに盛り込まれる内容となっていて、デボラ・カーの歌声は、前年の「王様と私」(1956)でも彼女の声を担当したマーニ・ニクソンに注目したい。
マーニ・ニクソンはその後、ナタリー・ウッドオードリー・ヘプバーンの歌声を担当したことで知られている。

ヒロインの考えを尊重して潔く手を引き、彼女を支え見守る恋人のリチャード・デニング、主人公の婚約者ネヴァ・パターソン、主人公の祖母キャスリーン・ネスビット、ラジオ、テレビのパーソナリティーで本人役のロバート・Q・ルイス、船上の乗客チャールズ・ワッツ、主人公の友人である画商のフォーチュニオ・ボナノヴァなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021