4234 Movies

ジャッキー・ブラウン Jackie Brown (1997)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1992年に発表されたエルモア・レナード(製作兼)の小説”ラム・パンチ”を基に、クエンティン・タランティーノ監督、脚本、主演パム・グリアサミュエル・L・ジャクソンロバート・フォスターブリジット・フォンダマイケル・キートンロバート・デ・ニーロクリス・タッカー共演の犯罪サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:クエンティン・タランティーノ
製作総指揮
リチャード・N・グラッドスタイン

エルモア・レナード
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
製作:ローレンス・ベンダー
原作:エルモア・レナード
脚本:クエンティン・タランティーノ
撮影:ギレルモ・ナヴァロ
編集:サリー・メンケ

出演
ジャッキー・ブラウン:パム・グリア

オデール・ロビー:サミュエル・L・ジャクソン
マックス・チェリー:ロバート・フォスター
メラニー・ラルストン:ブリジット・フォンダ
レイ・ニコレット:マイケル・キートン
ルイス・ガーラ:ロバート・デ・ニーロ
ボーマン・リヴィングストン:クリス・タッカー
マーク・ダーガス:マイケル・ボーエン
シェロンダ:リサ・ゲイ・ハミルトン
ウィンストン:トム“タイニー”リスターJr.
シモーン:ハティ・ウィンストン
判事:シド・ヘイグ
弁護人:デニース・クロスビー
声:クエンティン・タランティーノ

アメリカ 映画
配給 ミラマックス

1997年製作 154分
公開
北米:1997年12月25日
日本:1998年4月25日
製作費 $12,000,000
北米興行収入 $39,647,600
世界 $73,000,000


アカデミー賞 ■
第70回アカデミー賞
・ノミネート
助演男優賞(ロバート・フォスター)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1995年、カリフォルニアハーモサビーチ
銃の密売人オデール・ロビー(サミュエル・L・ジャクソン)は、刑務所から出所したばかりの相棒ルイス・ガーラ(ロバート・デ・ニーロ)、そして、オデールの女メラニー・ラルストン(ブリジット・フォンダ)と穏やかな午後を過ごしていた。

その後、オデールとルイスは、逮捕された仲間のボーマン・リヴィングストン(クリス・タッカー)のために、保釈保証業者マックス・チェリー(ロバート・フォスター)を訪ねる。

そこで、ボーマンが刑務所に舞い戻ることが確実だと知ったオデールは、彼を誘い出し、口封じのために車のトランクの中に閉じ込め射殺する。

ロサンゼルス国際空港
メキシコの航空会社のフライトアテンダントのジャッキー・ブラウン(パム・グリア)は、ATF(アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局)の捜査官レイ・ニコレット(マイケル・キートン)と、ロサンゼルス市警のマーク・ダーガス(マイケル・ボーエン)に呼び止められる。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
フライト・アテンダントのジャッキー・ブラウンは、薄給を補うために銃の密売人オデールの運び屋をしていた。
ATFのニコレットと警察に目を付けられたジャッキーは逮捕される。
オデールから依頼されて、保釈保証業者のマックスがジャッキーを保釈させれる。
ニコレットが、オデール逮捕を目的に協力を求めてきたため、ジャッキーはその裏をかいてある計画を思いつく。
オデールのメキシコにある現金50万ドルを、マックスの協力で強奪しようとしたのだ。
そして、現金よりもジャッキーの魅力に惹かれたマックスは、彼女の手助けをすることになるのだが・・・。
__________

クエンティン・タランティーノ自身が、熱烈なファンだったという、1970年代を代表する”ブラックスプロイテーション・フィルム”のスター、パム・グリアと、多彩な個性派を贅沢に起用した作品。

淡々と進行する中盤までは、単純な犯罪映画のような展開を見せ、後半から終盤にかけては、タランティーノらしい巧みな脚本と場面構成で、画面に引き込まれる。

第70回アカデミー賞では、助演男優賞(ロバート・フォスター)にノミネートされた。

二度目の現金受け渡しのエピソードを、三者の目から繰り返し映し、最も盛り上がるシーンとしてまとめる手法や、会話の途中で突然画面が途切れ、ひと呼吸置いて、前の場面の説明を加えるなどの、心憎い演出が興味深い。

パム・グリアが画面に登場していると、極端に言えば”神々しく”も見えるのは、上記のように、タランティーノが彼女のことを”崇拝”し、それなりの意気込みで表情を捉えているからだろう。

タランティーノ作品での悪党のはまり役と言えばこの人サミュエル・L・ジャクソンは、今回も変幻自在な演技を見せ、独特な雰囲気で作品にひと味加えている。

対照的な、”ただのオジサン”風のロバート・フォスターのキャラクターが、妙に作品とマッチしていて、結局は結ばれない、派手なパム・グリアとのツーショットに、違和感を感じないところも注目だ。

どん臭い男で登場するロバート・デ・ニーロがいつ変貌するのかと思いきや、ほぼそのままの役柄で終わらせてしまう起用方も驚きだ。

ATF捜査官マイケル・キートン、銃の密売人オデール(S・L・ジャクソン)の女ブリジット・フォンダリサ・ゲイ・ハミルトンハティ・ウィンストン、その仲間クリス・タッカー、刑事マイケル・ボーエン、マックス(R・フォスター)の助手トム“タイニー”リスターJr.、判事シド・ヘイグ、弁護人のデニース・クロスビー、そして、クエンティン・タランティーノが声だけで登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020