4354 Movies

別離 Intermezzo (1939)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1936年に公開されたスウェーデン映画”Intermezzo”のリメイクで、同作で同じ役を演じたイングリッド・バーグマンハリウッドでのデビュー作品。
妻子のある著名なヴァイオリニストと奨学生を目指すピアニストの恋を描く、製作デヴィッド・O・セルズニック、監督グレゴリー・ラトフ、製作、主演レスリー・ハワードイングリッド・バーグマンエドナ・ベストジョン・ハリデイ他共演の恋愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)

イングリッド・バーグマン / Ingrid Bergman / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:グレゴリー・ラトフ
製作
デヴィッド・O・セルズニック

レスリー・ハワード
原作
ゴスタ・スティーヴンス

グスタフ・モランデル
脚本:ジョージ・オニール
撮影
グレッグ・トーランド

ハリー・ストラドリング
編集:フランシス・D・ライオン
音楽
ロバート・ラッセル・ベネット

マックス・スタイナー

出演
ホルガー・ブラント:レスリー・ハワード

アニタ・ホフマン:イングリッド・バーグマン
マーギット・ブラント:エドナ・ベスト
トーマス・ステンバーグ:ジョン・ハリデイ
チャールズ・モラー:セシル・ケラウェイ
グレタ・ステンバーグ:エニッド・ベネット
アン・マリー・ブラント:アン・E・トッド
エリック・マリー・ブラント:ダグラス・スコット

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1939年製作 70分
公開
北米:1939年9月22日
日本:1952年12月9日
製作費 $800,000


アカデミー賞 ■
第12回アカデミー賞
・ノミネート
撮影(白黒作品)・音楽賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
スウェーデンの著名なヴァイオリニスト、ホルガー・ブラント(レスリー・ハワード)は公演を終えて帰国することになる。

伴奏のピアニスト、トーマス・ステンバーグ(ジョン・ハリデイ)が引退することをステージで伝えたホルガーは、彼と演奏ができたことに感謝する。

トーマスと共に帰国したホルガーは、駅で家族の出迎えを受ける。

ホルガーは妻マーギット(ジョン・ハリデイ)、娘アン・マリー(アン・E・トッド)、息子エリック(ダグラス・スコット)と、トーマスは妻グレタ(エニッド・ベネット)に迎えられる。

翌日、ピアノを習い始めていたアン・マリーの教師で、トーマスの教え子でもあるアニタ・ホフマン(イングリッド・バーグマン)がブラント家を訪れ、ホルガーに挨拶する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
スウェーデンの著名なヴァイオリニスト、ホルガー・ブラントは、引退するピアニストのトーマスとのニューヨーク公演を終えて帰国する。
妻マーギットと娘アン・マリーや息子に迎えられたホルガーは、久し振りに家族との時間を過ごそうとする。
アン・マリーのピアノ教師でトーマスの教え子でもあるアニタに出会ったホルガーは、彼女の素晴らしい演奏と美しさに惹かれてしまう。
やがて二人は愛し合う仲になり、アニタは叶わぬ恋と知り手を引こうとするものの、ホルガーに引き留められる。
二人は共にステージに立ち、演奏旅行のため各地を回り絶賛され、そして愛を深める。
フランスで休暇を楽しむ二人だったが、アニタは娘アン・マリーや家族を想うホルガーの気持ちを察する・・・。
__________

主演のレスリー・ハワードは、本作を共同で製作することを条件に、製作者のデヴィッド・O・セルズニックの次回作である同年公開の「風と共に去りぬ」(1939)への出演に同意したと言われている。

デヴィッド・O・セルズニックレスリー・ハワードは、両作の撮影を同時に行っていたことになる。

また何と言っても注目は、本作の原作となるスウェーデン映画”Intermezzo”(1936)で同じ役を演じたイングリッド・バーグマンハリウッドでのデビュー作品であることで、24歳になったばかりの彼女の表情や仕草は実に魅力的であり、その美しさは際立つ。

叶わぬ恋を描くメロドラマ・タッチの作風ではあるが、愛を諦める若きピアニストの将来が有望であることを感じさせ、そして、崩壊しかけた家族関係も修復するという、希望が窺えるラストもいい。

第12回アカデミー賞では撮影(白黒作品)、音楽賞にノミネートされた。

日本では「風と共に去りぬ」(1939)の”アシュレー・ウィルクス”役ばかりが取り上げられるレスリー・ハワードだが、映画製作に対する強い思い入れを感じさせる人物であり、演ずる役柄でもそれが伝わる素晴らしい役者である。
本作でも、恋と家族に対する考えに苦悩する音楽家を好演している。

主人公の妻エドナ・ベスト、主人公を支える友人でピアニストのジョン・ハリデイ、その妻エニッド・ベネット、主人公のマネージャー、セシル・ケラウェイ、主人公の娘アン・E・トッド、息子ダグラス・スコットなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020