4506 Movies

ビッグ・フィッシュ Big Fish (2003)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1998年に発表された、ダニエル・ウォレスの小説”Big Fish: A Novel of Mythic Proportions”を基に製作された作品。
人生をおとぎ話の様に語る父親とそれに反発する息子の関係を描く、監督ティム・バートン、主演ユアン・マクレガーアルバート・フィニービリー・クラダップジェシカ・ラングヘレナ・ボナム=カーターマリオン・コティヤールアリソン・ローマン他共演による感動のファンタジー。


ファンタジー

ティム・バートン / Tim Burton 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ティム・バートン
製作
ブルース・コーエン

ダン・ジンクス
リチャード・D・ザナック
製作総指揮:アーン・シュミット
脚本:ジョン・オーガスト

原作:ダニエル・ウォレスBig Fish: A Novel of Mythic Proportions
撮影:フィリップ・ルースロ

編集:クリス・レベンゾン
音楽:ダニー・エルフマン

出演
エドワード・ブルーム(若年期):ユアン・マクレガー

エドワード・ブルーム:アルバート・フィニー
ウィル・ブルーム:ビリー・クラダップ
サンドラ・ブルーム:ジェシカ・ラング
ジェニファー・ヒル/ジェニー/魔女:ヘレナ・ボナム=カーター
サンドラ・テンプルトン(若年期):アリソン・ローマン
ジョセフィーン・ブルーム:マリオン・コティヤール
カール:マシュー・マッグローリー
エイモス・キャロウェイ:ダニー・デヴィート
ミルドレッド:ミッシー・パイル
ソギーボトム:ディープ・ロイ
ベネット医師:ロバート・ギローム
ノザー・ウィンズロー:スティーヴ・ブシェミ
ドン・プライス:デヴィッド・デンマン
ビーマン:ロードン・ウェインライト三世
コロッサス:ジョージ・マッカーサー

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2003年製作 125分
公開
北米:2003年12月10日
日本:2004年5月15日
製作費 $70,000,000
北米興行収入 $66,257,000
世界 $122,919,060


アカデミー賞 ■
第76回アカデミー賞
・ノミネート
作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アラバマ州。
話を人々聞かせることを楽しみにしているエドワード・ブルーム(ユアン・マクレガー)は、息子ウィル(ビリー・クラダップ)の結婚式でもいつもの大魚の話をする。

ウィルが生まれた日、どんなことをしても釣ることができなかった魚を、金の結婚指輪を餌にして釣ることを考えたエドワードだったが、それを魚に飲み込まれてしまう・・・。

その話にうんざりするウィルは、花嫁のジョセフィーン(マリオン・コティヤール)に席を外すことを伝える。

気を遣う母親サンドラ(ジェシカ・ラング)の言葉も、ウィルは聞く気になれない。

パーティーも終り、苛立つウィルは、恥をかくのは自分ではなく、話が受けていると思い込むエドワードだと言って父親を批判し、その後3年間、二人は口をきかなかった。

UPI”のパリ支局に勤務するウィルは、母サンドラとだけ連絡を取っていた。

事実と架空の話の区別がつかないことがエドワードの悪いところで、現実にはあり得ない話ばかりだった。
__________

大魚を捕えたエドワード(ユアン・マクレガー)は、吐き出した指輪を取り戻して安堵する。
__________

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
アラバマ州。
自分の人生を語ることを何よりも楽しみにしているエドワード・ブルームは、息子ウィルの結婚式でもいつもの”大魚”の話を始める。
周囲の受けはいいのだが、何回聞かされたか分からない話にうんざりしたウィルは、その後3年間エドワードと口をきかなかった。
エドワードの病状悪化の知らせを受けたウィルは妻ジョセフィーンと共に実家に戻り、仕方なく父と話すことになる。
相変わらずエドワードと話がかみ合わないウィルだったが、自分の部屋を覗いたことで子供時代に聞かされた父の話を思い出す・・・。
__________

心温まるヒューマンドラマとファンタジーを融合させた素晴らしい物語で、ティム・バートンの独特の世界観などを満喫できる作品でもある。

現実の親子を中心に、その回想を奇想天外に描く内容のため、どちらかというとティム・バートンの奇抜な映像感覚などはやや抑え気味かと思える内容なのだが、かえってそれが新鮮に思える実に心地よいドラマに仕上がっている。

フィリップ・ルースロの美しい映像が印象的で、第76回アカデミー賞で作曲賞にノミネートされたダニー・エルフマンの音楽も心に沁みる。

製作費は7000万ドル、北米興行収入はティム・バートン作品にしては物足りない約6600万ドルという結果に終わったが、全世界では約1億2300万ドルのヒットとなった。

純朴であり、いつまでも子供のように天真爛漫な青年を熱演するユアン・マクレガーと、その老年期を好演する実力派アルバート・フィニーの深い演技も見所の作品。

主人公の息子ビリー・クラダップ、妻ジェシカ・ラング、魔女そして主人公が立ち寄る町の町長の娘役のヘレナ・ボナム=カーター、主人公の妻の若年期アリソン・ローマン、主人公の義娘マリオン・コティヤール、主人公と旅をする身長229cmの巨人マシュー・マッグローリー、サーカス一座の座長ダニー・デヴィート、その弁護士で道化のディープ・ロイ、主人公の主治医ロバート・ギローム、詩人スティーヴ・ブシェミ、主人公と同郷の青年で妻の元恋人デヴィッド・デンマン、主人公が立ち寄る町の町長ロードン・ウェインライト三世、その妻ミッシー・パイル、身長224cmのサーカスの大男ジョージ・マッカーサーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021