4716 Movies

ハーモニーベイの夜明け Instinct (1999)

ゴリラの生態調査の末に同化したと思われる人類学と彼の心を開こうとする精神科医の関係を描く、監督ジョン・タートルトーブ、主演アンソニー・ホプキンスキューバ・グッディングJr.ドナルド・サザーランドによるドラマ。
★★★☆☆

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■

監督:ジョン・タートルトーブ
製作
マイケル・テイラー
バーバラ・ボイル
原作:ダニエル・クインIshmael
脚本:ジェラルド・ディペゴ
撮影:フィリップ・ルースロ
編集:リチャード・フランシス=ブルース
音楽:ダニー・エルフマン

出演
イーサン・パウエル:アンソニー・ホプキンス
テオ・コールダー:キューバ・グッディングJr.
ベン・ヒラード:ドナルド・サザーランド
リン・パウエル:モーラ・ティアニー
ジョン・マーレイ:ジョージ・ズンザ
ダックス:ジョン・アシュトン
ジャック・キーファー所長:ジョン・アイルワード
アニー:トレーシー・エリス
アレン:レックス・リン

アメリカ 映画
配給 ブエナビスタ
1999年製作 123分
公開
北米:1999年6月4日
日本:2000年4月15日
製作費 $55,000,000
北米興行収入 $34,105,207


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アフリカ
ゴリラの生態を調査していた人類学者イーサン・パウエル(アンソニー・ホプキンス)は、殺人を犯した罪で投獄されていた。

アメリカ国務省は、1994年に行方不明になっていたパウエルの所在を確認して身柄を保護し帰国させる。

マイアミ大学
同大学の教授だったパウエルの精神鑑定を依頼された教授ベン・ヒラード(ドナルド・サザーランド)は、野心家の若手精神科医テオ・コールダー(キューバ・グッディングJr.)にその件を伝え、資料を揃えるよう指示する。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

アフリカの密林で行方不明になっていた、ゴリラの生態を調査していた人類学者イーサン・パウエルは、殺人の罪で収監されていたが、国務省に身元が確認され帰国する。
マイアミ大学教授ヒラードは、同大の教授であったパウエルの精神鑑定を依頼され、野心家の精神科医コールダーに準備をさせる。
帰国直後に空港で騒ぎを起こし、ゴリラと暮らしていたため狂暴化したと思われるパウエルに興味を持ったコールダーは、彼の鑑定に志願する。
ハーモニーベイ重犯罪刑務所に収監されていたパウエルに面会したコールダーだったが、パウエルは心を閉ざし口を開こうとしなかった・・・。
__________

1992年に発表された、ダニエル・クインの小説”Ishmael”を基に製作された作品。

堅実な仕事を続けていた若手監督ジョン・タートルトーブの演出と、演技派スターのアンソニー・ホプキンスキューバ・グッディングJr.ドナルド・サザーランドなど豪華競演が話題になった作品。

全体的には無難な仕上がりとは言えるものの、どこかで観たようなシーン、役柄、展開が気になる。

カッコーの巣の上で」(1975),「ショーシャンクの空に」(1994)、「グッド・ウィル・ハンティング」(1997)などを掛け合わせた内容、そして、主人公を演ずるアンソニー・ホプキンスが「ザ・ロック」(1996)のショーン・コネリーに見えて仕方なかったのは私だけではなかったはずだ。

故に新鮮味に欠けている展開なのだが、視点を変えて、実力派スターの演技のぶつかり合いを単純に楽しむことをお勧めしたい。

製作費に5500万ドルかけた作品だが、北米興行収入は約3400万ドルに終わった。

ゴリラの生態を調査し同化し、野獣のような序盤から、若手医師との出会いで人間性を取り戻した後、原題でもある”Instinct”本能に従い行動する主人公を重厚に演ずるアンソニー・ホプキンスの演技は、観る者に訴えるものがある。

エリート医師として、出世欲から興味本位で主人公に接するものの、その体験で人生を見つめ直すことになるキューバ・グッディングJr.、彼に主人公の鑑定を任せる大学教授ドナルド・サザーランド、主人公の娘モーラ・ティアニー、刑務所の精神科医ジョージ・ズンザ、所長ジョン・アイルワード、看守長ジョン・アシュトン、看守レックス・リン、患者トレーシー・エリスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022